107年0206花蓮地震地質調査初期結果

2月6日に発生した台湾の花蓮地震では17人の死者280名余の負傷者を出した。台湾の中央地質調査所が2月12日地表の初期調査結果を発表した。経済部の新聞から


107年0206花蓮地震地質調査初期結果
種類:即時新聞 發布單位:中央地質調查所 發布日期:2018-02-12 14:20

本年2月6日夜11時50分花蓮地区で発生したマグニチュード6.0の地震は、震源は花蓮東北方面立霧溪の海上だった。本部中央地質調査所は2月7日人員を派遣し地表の破裂調査を行い、2月9日大地の測量(GPS測量)を行った。現在の調査結果によると、米崙断層(Milun Fault)沿線に広汎な地表破裂が分布し(附属図)、一部の地点では噴砂現象があった。これらの地表破裂は幾組かの違う方位があり、一部は断層と相関した向きに走り、一部は断層と明らかな相関関係はない、初期の結果は米崙断層沿線は明らかに変動が起こっている(原文は初步結果顯示米崙斷層沿線有產生錯動)。

地表の破裂は多くは「FF0011米崙断層活動断層地質敏感区」の範囲内に位置し、敏感区の幅は約300メートル(地質調査所サイトで105年12月公布の米崙断層活動断層地質敏感区の範囲を調べることができる)。米崙断層敏感区の沿線は相対的に軟弱な地質環境で、これにより一部の建築物のみ倒れたり傾いた現象が起きた。今回の地震は地震資料によって計算した断層面解によって、米崙断層の位置、走向と一致しない、そのため目下の資料ではまだ米崙断層が今回の地震を誘発したかどうか判断できない。

地質調査所は引き続き地表破裂分布形態、余震分布、地層断層面、地表変形測量結果を総合し、更に今回の地震と米崙断層の関係を調査したい。現在の作業は大地測量資料を計算し、また地表破裂の成因の統計化と分析をしている、完全な地震地質調査報告は3月下旬に完成し、ネット上で各界の参考に提供する予定だ。今回の地震に対する地質報告の結果は、将来の米崙断層地質敏感区の範囲の修正に使用し、国土建設と建築規範の検証に提供する。


花蓮地震1
附属図
スポンサーサイト

台湾花蓮地震依然7人が不明

台湾花蓮沖で2月6日夜11時50分マグニチュード6.4の地震が発生した。今日の夜8時現在で10人死亡、272人負傷,7人不明となっている。
中央災害対策センター災害情報サイト新聞稿から


中央災害対策センター第五回作業会報告
107-02-08 20:30:00
0206花蓮震災中央災害対策センターは今日(8日)20時第七回作業報告会を開き、対策センター指揮官葉俊栄部長が関連災害救助報告を主催した。

災害情報統計、現在までで花蓮市統帥飯店、雲翠堤大楼、国盛六街2号大楼、国盛六街41号民家等の4箇所の建築物が損傷を受け、10人死亡、272人負傷、7人が不明。花蓮県体育館と中華国小の2箇所の収容所に806人がいる。

災害現場の捜索救助活動は引き続き進行し、現場は余震が絶えず、指揮官葉部長は必ず危険建築物周辺人員の活動を良くコントロールし、民衆が進入し危険をもたらすのを防ぎ、第一線の災害救助人員は自身の安全に注意しなければならないと指示した。別に多くの震度5を越える余震が発生しているのを考慮し、損傷を受けた建築物構造が再度破壊をもたらす可能性に対して、二次災害発生を避けるため、関係建築工務単位に迅速に損傷を受けた建築物の損害程度の初期判定を進め確実に民衆に告知するよう要求した。

災害区域民衆の生活部分は、衛生福利部は引き続き積極的に各生活扶助金の発給と義援金関連事項を処理し、地方政府の進める負傷民衆の治療の慰問を助け、収容場所の民衆と災害救助人員に対しての心理的相談と補助活動を強化する。別に、現在収容人数は八百人余りに達している、中央は引き続き地方政府の中長期の収容措置計画を助ける。今回の被災民衆は、行政院が既に、死亡救援金80万、負傷者は最高25万と救助し安全なところへ移動に各人2万、各戸最高10万等を含む関連救済事項を発布した。

春節がやってくる、台9線は東部地区の民衆が帰省する重要な道路だ、花蓮地区がなお多くの余震が発生し、山間部の土砂が崩れるのを考慮し、交通部は所轄の山間部の道路の巡視を強化し、民衆と車の安全を確保する。

花蓮災害区は全面に電気は復旧し、水道はなお8,650戸で断水、主に市街区付近で余震が多く一部の水道管で送水の後漏水を発見したため、水道会社が調査復旧している。


相關最新震災災情狀況,請上災害情報站(www.emic.gov.tw/)及內政部消防署臉書粉絲專頁(www.facebook.com/NFA999/)。(撰稿:冷家宇,電話:02-81966100)。



訪台の阿部寛、台湾東部地震に「非常につらく悲しい思い」 1千万円寄付 中央社
>俳優の阿部寛さんが8日、台北市内で日本家電メーカーの新製品発表会に出席。東部・花蓮で発生した地震で大きな被害が出ていることに触れ、「非常につらく悲しい思いです」と犠牲者の遺族や被災者を気遣い、1000万円の寄付を発表した。
阿部寬掏270萬賑災 首位幫助花蓮大地震重建日籍藝人 自由時報
【首位日星】阿部寬來台捐270萬 「希望你們加油」 蘋果日報

質疑加蓋違建害房倒 吾居吾宿居民怒:檢舉都沒用! 蘋果日報

台湾花蓮でM6.4の地震

2月6日夜11時50分マグニチュード6.4の地震が発生した。震源は花蓮県沖18.3キロ、深さ10キロ、マグニチュード6.0、台湾の震度で7が花蓮県花蓮市、宜蘭県南澳市、震度5が南投県合歓山。
中央気象局の地震報告
Screenshot_20180207_215913.png

翌日7日の19時30分までに余震が160回以上で、その中でからだで感じるものが21回,震度5以上が4回。
160起以上餘震,其中顯著有感達21起,規模5以上的有4起 中央社

中央災害対策センター災害情報サイト新聞稿


中央災害対策センター第五回作業部会報告
107-02-07 20:00:00

0206花蓮震災中央災害対策センターは今日(7日)午後20時第五回作業会を開き、対策センター指揮官葉俊栄部長が主催し救助関連の報告をした。

災害情報統計は現在までで花蓮市統帥飯店、雲翠大楼、国盛六街2号大楼、国盛六街41号民家等の4箇所の建築物が損傷を受け、6人死亡、258人負傷、67人が行方不明。中央災害対策センターは既に17の消防機関を派遣し、出動捜索救助総計人数1,044人、捜索救助犬20頭、国軍661人が全力で被災民衆を救助している。

現在雲翠大楼災害現場の捜索救助活動は24時間以上続けられ、夜に入り大気が冷え、捜索救援チームは現場の各救援団体に身体の保温と自身の安全に注意するよう注意している。行政院は既に今日(7日)午前「災害援助と再建特別班」を作り、政務委員県国家発展回主委陳美伶が召集人を担当し、明日(8日)午後2時30分花蓮県政府で第一回特別班会議を開き、関係機関に積極的に各公共施設の各種再建復旧作業をするよう要請し、民衆が迅速に通常生活を回復できるようにする予定だ。衛生福利部に引き続き負傷した民衆の治療を助け、収容場所の民衆と救助に対し心理面の相談と補助作業を強化し、地方政府が家屋損壊の民衆の中長期の生活の安定を助けるよう要請した。

最新震災状況は、災害情報サイト(www.emic.gov.tw/)と内政部消防署Facebook(www.facebook.com/NFA999/)を参照するよう。


花蓮6.0大地震 天搖地動瞬間全錄下-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=r44WFtyZvps


天亮搜救「全員出動」 花蓮強震搜救最新現場 TVBShttps://www.youtube.com/watch?v=bxPRKDfY5r0

台北市の飲酒運転取り締まり

最近の台湾では芸能人の飲酒運転がニュースになったり、飲酒運転による死亡事故が大きなニュースになっている。台北市の新聞稿から


男の慌てた怪しい様子が注意を引く、アルコール検査で引っかかり涙をこぼす
發布機關:臺北市政府警察局保安警察大隊
發布科室:行政組
發布日期:2018/1/16
聯絡人:組長 黃淼良

台北市保安警察大隊第一中隊小隊長高志仁が張新育、張瑋淳、林明輝の警官を率いて、107年1月14日台北市大同区忠孝西路と西寧北路口で検問を行っていた。朝2時頃31歳の陳姓の男がそこを通過する時、全身に酒の匂いをさせていただけでなく、慌てて両手を高く掲げて急いで酒を飲んでいないと否定した。警官は奇妙な動きに気づき陳にアルコール検査をするよう要求した、陳は測定値が0.35MG/Lに達したのを見て、涙を流ししばらく自分の感情の制御ができなかった、警官は何度も慰めるしかなくその後法律によって手続きした。

当時、陳姓の男子はスクーターに乗り警察の検問にあった、警官が彼の体から酒の匂いがすることを告げると、表情が怪しくなり両手を高くあげて自分は酒を飲んでいないと言った、更にバーで仕事をしており、それで体から酒の匂いがするのは客がうっかり酒をかけてなったのだと言った、しかし警官はもし酒を飲んでいなかったら、口の中からアルコール反応は出ないので検査に協力するよう要請した。しかし陳は検査の前に会社が提供した薑母鴨を食べた時に酒が入っていたかもしれないと言い換えて、まかない食なので自分に文句を言われても困ると言った、また陳は以前の呼気検査の時3回吹いたが成功しなかったんだと言って、その後の呼気検査で、息を吐くのを嫌がり何度も中断し意図的に時間を引き延ばし、検査を逃れようとした。警官が厳しく告げて息の吹き方を指導して協力するように言い、結果呼気検査で0.35MG/Lに達し、刑法の公共危険罪違反となった。

陳は検査で違反と出て法に依って手続きされて、涙を流し、すぐにビール一瓶を飲んだと認め、大丈夫だろうとスクーターに乗って家に帰った、このまま家に帰らしてくれと頼んだ。警官は男が涙を流して感情が乱れているため、何度も慰めまた男だろう間違った時は堂々と間違いと向きあえと告げられ、陳はようやく気持ちが落ち着いてきて、警官と一緒に保大隊部に行き取り調べを受け、公共危險(酒駕)罪違反で手続きされた。

警察は市民に呼びかける、飲酒運転は既に多くの家庭を破壊しており、社会大衆は自身の安全と他人の生命を尊重することを大切にしなければならない、絶対に酒を飲んだら運転をしないように。保安大隊は各項目を実行する精神を持ち、引き続き飲酒運転取り締まりを重点項目にし、共同して社会治安を守る。



その他
柯P斥簡「棄職潛逃」後 陳思宇接任觀傳局長 自由時報

2017年、年末の台北で日本の子供が迷子

台北市の新聞稿から


迷子の日本の子供怖がることなく あたたかい警官の助けで無事帰れる
發布機關:臺北市政府警察局
發布科室:外事科
發布日期:2018/1/2
聯絡人:股長 陳弘明

去年(106年)12月29日昼13時30分頃、ある市民が日本国籍の一人の子供が中華路と漢口街の交わる所で泣いているのを発見した。迷子ではないかと疑い、その子を本局サービスセンターに連れてきた。

本局の日本語に堪能な外事課巡官翁俊海が男の子をなだめこの子が日本国籍の小学生直人で、数日前小学校のサッカーチームと来台し試合に参加し、本日(29日)午後の便で日本に帰るということを知ることができた。台湾を離れる前にコーチが選手を連れて西門町に行き記念品を買いその時、美華泰生活館でトイレを借りた、直人くんはトイレが済んで出てみるとメンバーとはぐれていた、焦って美華泰の入り口で立ち尽くして大声で泣いていた。

少年の携帯には母親の電話番号しかなく、その他の人には連絡できなかった。迷子を助けた経験豊富な外事警官林佩璇の提案で日本語の堪能な翁俊海と李佩宣が男の子に付き添い元の道をひっくり返して美華泰生活館に歩いて行った。途中、少年が通りを歩いてくる中年の男性を見て、すぐに飛んでいき、コーチだと確認した。

この少年はコーチを見つけて、すぐに泣き顔から笑い顔になり何度も警官に感謝の意を表した。日本のコーチは外事警察の助けに非常に感謝して、台湾は本当に治安の良い国だと言い、また警察のサービスが行き届いて親切なことに感心した。その後翁、李の二人の警官は男の子に家に電話して家族を安心させるように言った。同時に男の子に携帯にコーチやホテルの電話番号を入れて、二度と迷子にならないよう注意した。


上海、日本人の子ども連れ去り未遂 誘拐後の恐ろしさは… 大紀元
中国、誘拐事件で9歳女児死亡 遺体から臓器が抜き取られ 大紀元

その他
王炳忠被搜原因曝光 檢:周泓旭利用他發展共諜組織 蘋果日報
【全文】王炳忠設「燎原新聞網」 國台辦年資助1500萬 蘋果日報
共諜價目表曝光 和國軍做這些事可拿獎金 蘋果日報
周泓旭隨身碟曝光... 國台辦允年給王炳忠1500萬免報帳 自由時報
王炳忠否認發展共諜組織 嗆檢「不要再搞跟上次一樣的飛機了!」自由時報
北檢指王炳忠等人收受國台辦資金 國台辦:無稽之談 自由時報
王炳忠等3人涉違反國家安全法 列他字案被告偵辦 自由時報
台北地検は中国の国台弁がスパイに金を渡し諜報網を築き上げていたと発表した。

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)