FC2ブログ

香港政府と台湾との殺人犯引き渡し問題

香港人の陳同佳という青年が2018年初めに台湾で女性の友達を殺害して香港に逃げ帰った問題で、香港で犯人が出所し、台湾へどうやって来るかで香港政府と台湾の間でもめている。
香港政府、台湾当局による容疑者護送を拒否 台湾が反発 中央社

蔡英文総統は今日23日、この事件に関して離島・金門で記者の取材を受け語った。総統府新聞から


その後総統は太武公墓に行き、「祭祀典礼と献花儀式」を主催し、古寧頭戰役で犠牲となった先烈を悼んだ。

典礼終了後、総統はメディアの合同取材を受け、陳同佳事件について語った、
「私は既に何度も語った、この事件では、加害者と被害者どちらも香港公民だが、私たちは何度も強調している、我々は管轄権を放棄しない。しかし香港政府が被害者の香港人のため正義を実現し管轄権を行使しようと願わない以上、この件は我々中華民国台湾によって処理する」

「この事件の犯人は、既に我々の指名手配の対象だ、彼は1人の指名手配された凶悪な容疑者だ、この事件においては、所謂自由なバックパッカーの問題はなく、逮捕するのみで、自首の問題はない」

「ここ数日ある人は政府は弱腰に過ぎると言い、ある者は私が司法の正義を顧慮していないと言った。しかし、私たちは現在各事情毎にしていることは、すべて司法の正義を拡大し、我々の主権を拡大している、『これこそが国家の主権だ』。今後続けて我々は香港政府に司法協助、特に関連する重要証拠の提供を要求する。我々は香港人の正義の実現のため、香港政府がこの事情を回避しないよう請う、私は多くの人が香港政府がこの責任を負うよう要求すると信じている」



馬英九評港府拒台押人 嗆回「雙重標準說」 NTPDT
馬英九元総統は民進党政権の姿勢が変わったのは選挙のためかと聞かれ、当然そうだと答えた。
スポンサーサイト



台湾蘇貞昌首相、桃園市長が将来総統になると予言

昨日11日、台湾の蘇貞昌行政院長(首相)が桃園市の捷運綠線GC02標の起工式に参加した。式で同じ民進党の鄭文燦桃園市長の能力を評価し、支持者は党派をまたいでいる、私は予言できる、捷運綠線の工事が完成したとき、鄭文燦は総統の身分で式典を主催する可能性が極めてたかいと言った。鄭文燦は式典が終わった後取材を受け、重大工事は先人が手をつけ、後の人が恩恵を受けるものだ、今は蔡英文総統の再選を全力で助ける、工事期間は長いので将来どうなろうが、完成式典には参加したいと語った。
蘇貞昌出席桃捷綠線動工 預言鄭文燦會當「總統」 自由時報

その他
無錫高架橋坍塌 記者採訪被拖到牆角毆打[影] 中央社
中国の江蘇省無錫で10日夕方、312国道の高架橋が崩落する事故があり、3人が死亡した。事故原因に工事の手抜きを指摘されているが、設計した江蘇中設集團股份有限公司は二日間の沈黙の後今日、設計は各要求基準に合致していると表明し、また地方政府が運輸車両の過積載が原因と言っている、説明責任は当社にはないと表明した。記者たちが事故現場に取材に行ったが、阻止され、事件は単純ではないのではないかと疑いを強めている。有線中國組のFacebookの報道によると、無錫当局は現場2キロ外に封鎖線を引いた、或るメディアはドローンで取材をしようとしたが、撃ち落とされた。別の記者は現場の写真を削除するよう要求され、或る記者は酒の匂いのする民警に壁に押し付けられ殴られた。

李佳芬受邀競總成立遲到35分鐘 盧秀燕等不及先離開 自由時報
遅刻で有名になった国民党の総統候補韓国瑜高雄市長だが、その妻の李佳芬が国慶日の国民党の祝賀会に一時間遅れ、馬英九等の有力者とすれ違いになり同席できなかった。今日午前の国民党の沈智慧議員の選挙事務所の旗揚げ式にも遅れ、盧秀燕台中市長等とすれ違いになり同席できなかった。午後の彰化北斗鎮奠安宮参拝には早めに到着した。
不敢再遲到了!李佳芬下午彰化行程通通早到 自由時報

台湾国慶日蔡英文総統演説を中国が批判それに台湾陸委会が反論

中華民国台湾の国慶日に蔡英文総統が演説し、「中国が目指す『一国二制度』を受け入れない姿勢を改めて強調し、団結の必要性を訴え」、「中国は依然として『一国二制度による台湾統一プラン』でわれわれ(台湾)を絶えず脅すとともに、各種の『文攻武嚇』(言葉で攻撃、武力で威嚇)の手段を講じ、地域の安定と平和に強く挑んでいる」と語った。
蔡総統、「一国二制度」拒否を改めて強調 双十国慶節演説 中央社

それに対して今日中国の国台弁(国務院台湾事務弁公室またの名を中共中央台湾工作弁公室)が総統演説を批判する発言人の談話を発表した。
国台办:搞对抗没有出路,谋“台独”更是绝路
http://www.gwytb.gov.cn/wyly/201910/t20191011_12208755.htm 中共中央台湾工作弁公室


国台弁:対立すれば進路はない、「台独」を企めば更に破滅しかない
时间:2019-10-11 14:10   来源:新华网

新華社北京10月11日電(記者李寒芳、石龍洪)民進党当局指導者の10月10日の両岸関係に関する言論に対して、国台弁発言人馬暁光は11日、この演説は対立思考と敵対意識に満ちており、「一国二制度」を中傷攻撃することによって大陸を敵視する雰囲気を作り出し、台湾民衆が経済を発展させ、民生を改善し、両岸関係を緩和させようと望む主流の民意を押さえつけようと企むものだと語った。

馬暁光は指摘する、この演説は白黒を転倒し、すべての中華の子女が平和統一を追求し、「台独」に反対し、両岸関係の平和的発展を守る努力を台湾に対するいわゆる「威嚇」と言い、欧米の反中国勢力に迎合し、祖国大陸の発展進歩と中華民族の偉大な復興を実現する過程を地域の安定平和に対する所謂「挑戦」と言い、民進党当局が両岸の対立と衝突を作り、台湾海峡の平和と安定を破壊し、安定した政治をを望む主流の民意に背き、両岸同胞の共通の利益と中華民族全体の利益を敵とする「台独」の本質を再度暴露した。

彼は強調した、我々は民進党当局に告げる、対立すれば進路はない、「台独」を企めば更に破滅しかない、「台独」は広大な台湾同胞に対する重大な脅しだ。台湾海峡情勢が平和と安定に向かい、両岸関係が前に向かって発展する時代の潮流はいかなる人いかなる勢力でも阻止できないのだ。人民の利益に損害を与え、民意に背き、流れに逆らって進むものは、必ずや歴史の大勢に見捨てられるであろう。



これに対して台湾陸委会は今日すぐ反論している、陸委会の最新消息から


中国共産党は敵意で台湾に対応する、2,300萬人民は絶対に「一国二制度」を受け入れない
發布日期:108-10-11

中共国台弁の蔡総統国慶談話に対する不当な発言に対して、大陸委員会は今日(11日)厳正に指摘する、総統国慶談話は台湾人民が団結して「主権を守り、民主を守護し」、「台湾を偉大にし、世界に歩む」全体の意志、及び「一国二制度」を拒絶する主流の民意をはっきりと反映している。北京当局が台湾に対する敵意行為を続け、実務的な改善の道を考えず、国台弁が「統一に非ずんば即ち独立」と盲目的に批判し、台湾に対する長期間の誤判断の間違いをごまかしている、我々は深く遺憾に思う。

陸委会は指摘する、「習五条」後、北京当局は台湾に「一国二制度」の受け入れを迫り、台湾に対する悪意圧力を強めている、国際社会及び台湾の民意はどれも、中共こそが台湾海峡の平和と地域の安全を破壊する衝撃混乱の元だと指し示している。中国共産党の対外宣伝及び台湾に責任をかぶせるトリックは、ただ台湾海峡のテーマを借りてその内外の統治管理の失態の焦点を逸らしているだけだ。(以下略)

台湾の大陸委員会が野党とその総統選挙候補者を批判

中華民国台湾で対岸の中国に関する事務を所管する大陸委員会が、野党国民党とその総統選挙候補者の韓国瑜高雄市長に対して、新聞稿で批判をしている。大陸委員会の新聞稿から


在野の政党は中共の策謀をはっきりと認識するべきで、幻想を抱いてはいけない、台湾は団結してはじめて国家主権を守ることができるのだ
發布日期:108-10-10
20191010第091號新聞稿

中国国民党及びその総統候補者韓国瑜国政団の言論及び提出した両岸政策白書が、政府が台湾を戦争の瀬戸際に向かわせていると批判する等の嘘の非難をしていることに対して、大陸委員会は今日(10日)表明する、今日の両岸関係の悪化の主因は中共当局の意図が「一国二制度台湾方式」で両岸の現状を改変し、台湾に脅威を与え、更に悪意、持続的な言論武力による脅しによって、台湾海峡及び地域の平和と安定に挑戦し、またパニックを作りだし台湾内部を分断しようと企んでいるところにある。

在野の政党は中共の台湾に対する野心を無視してはいけない、更にそれに対して実際にそぐわない幻想を持ってはいけないない、現在の両岸情勢をはっきりと認識し、建設的な意見を実務的に提出するべきだ、今日総統は国慶日の演説で強調した、台湾の自由と民主が挑戦を受け、国家の生存発展が脅威を受けているとき、どの党派を問わず、防衛の立場に立たなければならない、それとこれとを朝野を分割することはできない、全国民が一致団結してこそ、国家の未来の道を共に歩むことができると。

陸委会は強調する、北京当局は今まで「九二共識」に「各々が一つの中国の定義を表明する」空間が存在するなどと認めたことはない。「習五条」が強調しているのは、「九二共識」は「一つの中国の原則で、統一を追求する九二共識である」というもので、また「一国二制度」だというものだ。試みに国民党に問う、如何にして更にこの種の「九二共識」で中共との相互作用で台湾の利益をまもるのか? (以下略)

中華民国108年9月税関輸出入貿易統計速報

中華民国108年9月税関輸出入貿易統計速報 中華民国財政部統計処の新聞稿から


中華民国108年9月税関輸出入貿易統計速報
發布日期: 108年10月7日
發布單位:財政部統計處
聯絡人: 統計處 梁冠璇 科長

一、輸出:
9月輸出281.0億ドル、前月比2.4%増、前年同月比4.6%減;第3季(四半期)850.3億ドル、前年同季比0.8%減;1月から9月の累計2,423.0億ドル、前年同期比2.5%減。

輸出金額と年増率
2019-10-07-1.png

主要国家/地区に対する輸出(美国はアメリカ、東協はASEAN)
2019-10-07-3.png

二、輸入:
9月輸入249.7億ドル、前月比9.4%増、前年同月比0.6%減;第3季輸入722.6億ドル、前年同季比3.2%減;1月から9月の輸入累計2,095.6億ドル、前年同期比1.2%減。

輸入金額と年増率
2019-10-07-2.png

主要国家/地区からの輸入
2019-10-07-4.png

2019年主要国家/地区の輸出入の年増率(出口は輸出、進口は輸入、徳国はドイツ)
2019-10-07-5.png
図表は新聞稿PDFから

新聞稿pdfの総合分析から
一、9月の輸出は281.0億ドル、前年同月比4.6%減、主な原因は今年に入ってから貿易摩擦が頻々と伝えられ、明らかに世界の経済成長の歩調を牽制し、国際原材料価格はこれに連れて値上がりは少なく下がることが多かった、加えて比較基準値が高かった。輸入は原材料の下落を受け、メーカーの在庫需要もまちまちで、資本設備の買い増しが交互に影響し、額は249.7億ドル、年0.6%減。1月から9月の累計輸出は前年同期比2.5%減、輸入は1/2%減。

二、9月の主要輸出製品の結果は両極化を呈し、情報通信とAV製品、電子部品は台湾の生産能力の増加、出荷の最盛期、5G通信等の新興応用製品の恵みを受け、それぞれ年増18.5%、2.4%、輸出額はどれも歴年一ヶ月では第三位だった。ミネラルプラスチック製品、卑金属及びその製品は原材料が少なく需要も伸びないため、各18.0%、17.1%減、機械は購入を様子見のため、減少幅は16.6%に拡大した。1月から9月の累計では、プラスチック、卑金属及びその製品輸出の現象は1割を越えもっとも悪い、情報通信とAV製品は強く21.4%の増加。

三、主要な市場面では、9月の対欧州輸出は年減13.2%で 最多、大陸香港、ASEANに対しては各5.5%、0.6%の減少、ただアメリカ、日本に対する輸出額はそれぞれ一ヶ月あたりでは第3位と第4位、各8.6%、1.5%増、アメリカに対する輸出は既に連続36ヶ月プラス成長だ。1月から9月の対米、日に対する輸出はそれぞれ17.7%、1.5%、額は歴年同期最高、ASEAN、大陸香港、欧州に対しては各7.1%、6.7%、5.0%の減。

四、将来展望、貿易紛争は未だ止まず、国際経済の不確実性はなお継続して消えず、情勢はわが国輸出の成長を抑制するだろう、ただグローバルサプライチェーンの再構築の勢いが加速するに連れ、メーカーが相次いで台湾に生産を移動し、中国大陸及び欧米が年末の消費の最盛期に到り、加えてスマホの新製品が次々と発表され、5G通信の発展過程及びAI、高速コンピューティング等の新興ビジネスチャンスが増加し、わが国輸出は第4季に減少を終わらせ、横ばい或いは小幅の上昇に転じると希望できる。


下次發布日期: 108年11月8日下午4時

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)