FC2ブログ

柯文哲台北市長、結局台北ドーム建設継続を認める

台北市政府は6月8日台北ドーム建設業者の遠雄に手紙を送り、三ヶ月内に台北ドームの安全面の改善や、設計図の変更などを行わなければ契約を解除するとしていた。柯文哲台北市長は期限の8日午前記者会見を開き、遠雄が善意を見せたので契約終了の権利を暫時留保するとして、結局工事継続を認めた。

大巨蛋暫時不解約 柯文哲:給重生機會 中央社
記事によると遠雄は7日市政府に同意書を送り、迅速に設計図の変更を完成させると約束するなど一定の「譲歩」の姿勢を見せた。柯文哲市長は台北ドーム契約終了を放棄したわけではなく暫時保留するのだと言った。

台北ドーム記者会見の柯文哲挨拶全文を載せた新聞稿
記者との質疑応答の全文まで載せている【記者會全文】大巨蛋重生 柯文哲:仍保有終止契約權力 蘋果日報


遠雄退讓 大巨蛋暫不解約 自由時報
遠雄は7日記者会見を開いてから四項目の承諾を提出し、また設計図第三次変更同意書を提出した。まだ商業施設の大きさの縮小は完全に同意はしていないが、台北市政府は遠雄が「譲歩、転換」したと認めた。
【即時短評】大巨蛋一場鬧劇一場夢 市民贏了什麼? 聯合報
国民党支持で柯文哲市長に批判的な聯合報は、市長は三ヶ月前は掛け声も大きく今度こそ本気だと言っていたが、三ヶ月後結局遠雄が何も実行せず紙の同意書を提出しただけで契約継続を認めた。結局何も進展がなく以前と同じ状態のままだと言っている。
北市暫不終止契約 遠雄:願依法積極遞件 newtalk
風評:市府的面子、遠雄的裡子、柯P的連任大計─大巨蛋的峰迴路轉 風傳媒
遠雄退讓 大巨蛋暫不解約 PTT

柯P為何同意續蓋大巨蛋? 不蓋的結果不利於市府... 自由時報
9日に出た自由時報の記事では蘋果日報の記事を引用して、なぜ市長は台北ドーム工事継続を認めたかという台北市の職員の裏話を掲載している。それによると、遠雄がもし不利な解約をされて裁判に訴えた場合、市は解約金などを払わなければならなくなるかもしれない、それは議会の支持を得られない。市は遠雄は台北ドームの利益を手放さないだろう、ならば台北ドームの大きさを縮小して続ける、とある。遠雄:大巨蛋7項公安標準 於法無據 中央社の記事では市長の記者会見の後さっそく遠雄の発言人が記者に語り、市政府の主張する安全基準は法的根拠がない、日本人の3人が勝手に決めたものだと主張した。日本人というのは台北大巨蛋(Taipei Dome)安全点検報告書が波紋を呼ぶの記事の人たちのことだろう。またこの記事柯文哲市長が台北ドームの解約へ最後通告したが結果はまだ見えずでは「市政府が問題にしている安全性も専門家の大部分は、突然高い基準の安全性を持ちだしたことに疑問を持っている。裁判でも不利になるかもしれない。」とあるのでやはり台湾国内より高い安全性を要求して解約しようとしたことがもし裁判になれば市側に不利になるということかもしれない。

柯文哲主持大巨蛋BOT案記者會 https://www.youtube.com/watch?v=ziEVp24AuJY
スポンサーサイト



2016年9月1日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋(TICAD VIナイロビ宣言への反応)

2016年9月1日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋(TICAD VIナイロビ宣言への反応)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1393745.shtml 中国外交部


問:ケニア政府は最近その外務省サイトのホームページで国連安保理改革と南シナ海問題での立場を重ねて説明し、安保理改革問題ではアフリカ連合と共通の立場を堅持すると表明し、また中国の南シナ海問題での立場を支持すると重ねて表明した*。この前、アフリカ開発会議(TICAD)終了後、日本政府は安倍晋三首相がケニアを訪問しケニア側と共同声明を発表したと公表した。我々は、ケニア側がこの共同声明をまったく発表していないこと、更に共同声明の中の海洋問題関連、安保理改革関連の内容に関してTICADサミットで発表した「ナイロビ宣言」と合致しないことに留意している、お聞きしたい中国側はこれに対して何か論評は有るか?
*)KENYA’S POSITION ON THE UNITED NATIONS SECURITY COUNCIL REFORMS ケニア外務省
Kenya’s Statement on the South China Sea ケニア外務省

答:中国側は、ケニア政府が最近その外務省サイトで安保理改革と南シナ海問題での立場を重ねて説明し、安保理改革問題でアフリカ連合と共通の立場を堅持すると表明し、また中国の南シナ海での立場を支持すると重ねて説明したことに留意している。我々も、ケニア側が所謂日本ケニア共同声明をまったく発表していないこと、また日本側が関連共同声明を発表した後に再度重ねて安保理改革と南シナ海問題での立場を説明したことに留意している。わかっているところでは、所謂ケニア日本共同声明は双方が合意した文書ではないし、日本側が一方的に発表した声明だと、ケニア側は既に表明している。ケニアの安保理改革と海洋問題での立場は明確で一貫している、すなわちアフリカ連合と共通の立場を堅持し、中国の南シナ海問題での立場を支持するというものだ。

ここで再度表明する、日本が自己の意志をアフリカ国家に押し付け、私利を求める、このようなやり方は不適切で、人心を得ないしまたアフリカ国家を尊重していない。




その他のニュース
自由廣場》記者節談國家通訊社 自由時報
中央社對自由時報讀者投書之聲明 中央社
中華民国(台湾)国営通信社の記事が中国人目線の記事ではないかと指摘されそれに反論している。

【獨家】柯趙會後遠雄仍不退讓 大巨蛋解約幾成定局 蘋果日報
柯文哲台北市長が6月8日に台北ドーム工事で三ヶ月以内に遠雄が改善計画を出さなければ、9月8日期限で解約をすると最後通牒を出した。期限が近づき柯文哲市長は遠雄代表趙藤雄氏と会談したが話し合いは平行線だったようだ。

台湾衛生福利部の感染症の概要と予測

台湾衛生福利部の新聞稿から先週の感染症の概要と予測 


一週間の国内外の感染症の概要と予測
疾病管制署:2016/08/09

先週(7月31日至8月6日) 新しく増えたデング熱の国内の確定病例はない、新しく増えた国外から入ってきた16例の病例は、感染国家別に、インドネシア5例、マレーシア、タイ、カンボジア、各3例、フィリピン2例だ。国際感染症資料が示しているのは、東南アジア全体の最近の感染場所は相対的に増えて上昇傾向にあり、シンガポール、ベトナム等6カ国は今年の累計病例数は去年の同期よりも多い。東南アジアの感染症が増えて現在夏休みのため、既に数例の国外から感染グループが入った事件が発生している。別に気象予報は今後一週間南部地区は高温になり一部ではにわか雨が降る、水のたまる容器は病原菌を持った蚊が発生しやすい、国内の感染症発生の危険が高まっている。

先週新しく増えた日本脳炎の確定病例はないが、今年は累計16例の確定病例がある。現在日本脳炎流行の最盛期のため、中南部の県市と花蓮県を含むその他の県市の流行地域はバラバラに病例が出現する可能性がある。最近ツツガムシ病の通報数は減っているが、なお流行期にある、個別の感染地域は主要なのは花東地区と離島県市、台東県、花蓮県と高雄市、病例数は二年近く増加している。

腸管ウイルスは減り続けている、来週流行期を脱したと宣言できそうだ。先週の全国外来と急患の腸管ウィルス患者は延べ9,415人でその前の週の11,216に比べて16.1%も減っている、初めて流行閾値を下回った。現在コクサッキーA型の軽症が主となっている、ただなおエンテロウイルス71型も散発的に発生している。今年の累計14例の確定個案(重症患者のことか?)の中の13例はエンテロウイルス71型、1例はコクサッキーA型だった。最近近隣の多くの国では患者数は減少傾向だが、日本はやや上昇傾向にある、ただ今年は去年よりは明らかに低調だ。

世界保健機構(WHO)は8月4日に発表した、先週アメリカが新しく国内でジカ熱が流行する国になったが、世界のジカ熱危険評価に影響はしない、世界の累計65の国、属地でジカ熱が自国内で発生した、疾病管制署は既に、タイ、フィリピン、ベトナム、インドネシアの4カ国とアメリカフロリダ州 Miami-Dade 郡と Broward 郡を含む55の国と属地を旅行での感染症の Alert 地域にした。別にカンボジア、マレーシア、ラオス、バングラデシュ、モルディブ、とアフリカガボン等の10カ国を Watch 地域にした。

疾病管制署今期「疫情報導」概要。8月9日吳俊賢著「臺北區2013-2014年HIV孕產婦與母子垂直感染關聯分析之初探與防治建議」と楊雅棠著「疾病管制署「1922防疫達人」臉書粉絲團營運成效分析」の二編の文章を刊行した、詳細内容は疾病管制署サイトで。

 

その他のニュース
北市有條件同意大巨蛋施工 需送施工計畫 中央社
5月20日から工事を停止していた台北ドームの工事に遠雄公司が一部の工事に復帰することで台北市と遠雄の間で合意した。台北高等行政法院が7月21日一定の範囲内で遠雄の工事復帰を認める裁定をした。遠雄は工事復帰が認められたとして再開しようとしたが、台北市は安全の範囲内で許可されたはずで、遠雄が裁決をねじ曲げているとして、市長は強引に復帰したら警察を導入すると言った。今日両者は全体の一部19の工事は工事再開することで合意した。

柯文哲市長が台北ドームの解約へ最後通告したが結果はまだ見えず

柯文哲台北市長は23日議会で台北ドームの工事の請負業者遠雄に対して、監察院の契約への修正案を無視したり、当初の設計図通りに工事をせず安全性に疑問がある等の問題を期限内に改善しなければ解約を通知すると表明した。
台北市の23日の新聞稿
赴議會報告大巨蛋案 柯文哲:公安及公平正義不能退讓 若未限期改善將採斷然措施發函解約
中央社の日本語の記事
台北市長、ドーム建設業者に「最後通告」 改善なければ解約へ 中央社
台北市の24日の新聞稿
回應台開集團記者會 市府發言人林鶴明:尊重也歡迎外界關心大巨蛋的解決方法,目前仍依約要求遠雄改善違約問題

以前台北市が台北市と遠雄が台北ドーム工事契約を解約する方向で合意と発表しそのまま解約されるのかと思っていたが、ことはそうはすんなりとは行かないようだ。その後遠雄が工事復帰を望んでいると言うニュースが流れたりした。台北ドームに関して、柯文哲市長と遠雄の今の状態はどうなっているのか、風傳媒の記事を転載したYAHOO!の記事があった。
風評:大巨蛋將毀滅遠雄還是柯文哲的政治生命?

要約すると
市長は議会で一ヶ月から三ヶ月の間に安全性を改善するよう遠雄に迫り、そうしなければ解約する、絶対に引き伸ばさないと言った。双方は結局解約し、法廷で審査される道へ行くのではないか。結果は遠雄は致命傷は受けないだろう、しかし柯文哲は重傷か政治生命が終わる可能性がある。理由は解約となると、おそらく仲裁か裁判になる。遠雄は370億のうち賠償金が200億になったとしてもまだ余裕がある。しかし台北市が数十億でも払うことにでもなれば罵声を浴び、百億を超えれば市民の顔色が変わる。2018年末の市長選挙までには何とかしたいかもしれないが、代わりに金を出してドームを引き受ける財団も見当たらない。年末迄に何とかしないと市長再選は苦しくなる。もし遠雄が工事復帰しても工事停止期間の損失補填が出てくる。市政府が問題にしている安全性も専門家の大部分は、突然高い基準の安全性を持ちだしたことに疑問を持っている。裁判でも不利になるかもしれない。
という記事だ。

なんとか早期に決着したい改革派市長に対し、国民党の市長時代に契約した既成勢力の代表の遠雄は、理由をつけては時間稼ぎをし台北ドーム工事問題の引き延ばしをして市長を不利な状態に持っていくかもしれない。

その他のニュース
海基會:520後 兩會聯繫管道續運作 中央社
台湾の海峡交流基金会は20日からは大陸からの連絡が途絶え蔡英文政権との交流停止が始まったという報道を否定し20日以後も大陸側から連絡が送られてきていると言った。

台北市が「台北ドーム情報公開サイト」を公開

台北市の新聞稿から


「台北市政府ー台北ドーム情報公開サイト」正式スタート 台北市政府:情報を集め整理し以って民衆の理解に役立てる
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2016/5/22

「台北市政府ー台北ドーム情報公開サイトhttp://taipeicity.github.io/tpe_dome」22日正式スタート、台北市政府発言人林鶴明は表明した、
「台北ドーム工事は設計図と違う工事のため台北市政府が建築法第58条によって工事停止を要求してから、台北市政府はずっと安全性と契約等の問題について解決法を探してきた、また引き続き遠雄ドーム会社に積極的な処理を要求してきた。「将来、台北市政府は『台北ドーム情報公開サイト』を通して、台北市政府の関連活動と情報を集め整理し、以って市民が台北ドーム工事の将来の発展についてはっきりと理解するのに役立つようにする」

「社会が台北ドーム工事の展開に対して相当の関心があるため、台北市政府は将来このサイトを使って、市民に台北市政府の台北ドーム工事に対する明確な立場を報告するだろう、またこれを用いて外界の台北ドーム工事に対する疑いを整理する、特に流れているウソの言論に対してネットを通して真実を示す。将来台北ドーム工事に進展があれば、まっさきにこのサイトに発表する。市民は市政府サイトのトップページのリンクをクリックすることで、すぐに『台北ドーム情報公開サイト』に入ることができる。

「柯文哲市長は自ら登場して、この期間の彼の台北ドーム工事に対する考え方を映像を通して市民全体に報告した。柯文哲市長は映像の中で言っている、台北ドーム工事は前二代の市長に累積し作り出された複雑な問題だ、彼としては、処理しなければならない問題は処理しなければならない、また放っておいて悪化させてはいけない。市長が就任してから、多くの論争に対処して、また自ら遠雄問題を選んで対処した、しかしずっと期待される成果は出なかった(原文は柯市長上任之初,針對許多爭議,也有找遠雄來處理,但一直沒有積極成效。)。最後現場を点検していた時、多くの設計図と違うあのような重大な違約と安全性の問題を発見し、台北市政府は法に依って工事停止を命令した」

「柯市長は映像の中で言った、我々は次の世代にどのような台湾を残すべきか? 安全性は後退させてはいけない、市民のために更に多くの権益を勝ち取るよう頑張る。台北ドームをそこに置いておくだけというのは人々には耐えられないだろう、支持率にも影響するはずだ。しかし支持率に影響するからと妥協し、そして目をつむって合格させてはいけない。柯市長は映像の中で最後に強調した、安全性の堅持は公平正義があり、安全な台北にするためだ、この選択の機会の時、次の世代のため更に安全な台北ドームにするために頑張る、我々は責任を逃れてはいけない」

その他「台北ドーム情報公開サイト」の配置について、林鶴明は表明した、
「台北市政府はトップページに特にいくつかの重要な『数字』を提示し、人々が数字を見ただけで台北ドームの問題がわかるようにする。台北市政府はまた台北ドームの『目標見取り図』、『対策案』について、ネット上に関連情報を集め、市民の参考に供す。将来サイトを更新し、特に人々がよく見る問題とデマについて、完全な真実の情報を提供する。遠雄ドーム会社設計チームPOPULOUS建築事務所上級主管 Andrew James が今年2月ネット上で台北ドームに対して論じた映像の中で、語った多くの事項は事実ではない、そのため台北市政府は台北ドーム情報公開サイトに於いて『流言終結者』を作り、関連デマ内容に対して併せて真実を発表し、以って過ちを正す」


向市民報告大巨蛋:柯文哲篇 https://www.youtube.com/watch?v=XWyzcgXVeDs

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)