FC2ブログ

世論調査で蔡英文総統が総統選挙をリード

台湾与党の民進党が最新の世論調査の結果をFacebookで発表した。それによると、蔡英文総統が、国民党候補、や柯文哲候補と争っても、すべて蔡英文総統が勝利するとの結果が出た。
新民調曝光!藍營政見會後 小英連任支持度勝韓郭 自由時報

国民党の党内予備選の政見発表会が終わり、民進党が今日世論調査を発表した。国民党の政見発表後、蔡英文総統の支持率は国民党の有力候補、韓国瑜、郭台銘等の人より勝った。

今回の世論調査は、「展欣民調」公司に委託され、7月1日、2日の夜電話(携帯721台と市内電話712台)により調査が行われた、信頼率95%で標本誤差2.59%。

蔡英文総統の施政満足度は、非常に満足とまあまあ満足を合わせて満足が51.2%、不満が45%。
総統参加候補の支持率は、蔡英文、韓国瑜、柯文哲の組み合わせで、34.4%、韓29.6%、柯27.2%、蔡英文、郭台銘、柯文哲の組み合わせで、32.4%、郭27.3%、柯25%。柯文哲が不出馬で韓国瑜との一騎打ちなら、51.9%と37.6%。郭台銘となら、42.5%と41.3%。
国民党の候補の政見発表会の結果を見てよいと思ったのは、朱立倫24.6%、郭台銘20.7%、韓国瑜17.2%、張亞中4.2%,周錫瑋1.2%。
政党支持率は国民党が34.8%で最多,民進党31.7%、時代力量(独立派)13.5%、親民党2.9%、綠党(社会民主主義、民進党寄り)1.5%、台灣団結聯盟(独立派)0.7%,其他15%。
スポンサーサイト



陳菊高雄市長が蔡英文総統に、時代力量党の不満を言う

高雄市の旗山大溝頂太平商場取り壊し計画に対して住民が強く反発している問題について、高雄市長が背後に時代力量党がいると蔡英文総統に訴えたと報道している。
時代力量壞壞陳菊怒 連續北上向蔡英文告狀 中時電子報
拆遷案受阻 陳菊向蔡英文抱怨時代力量 風傳媒
“时代力量”与民进党高雄争地盘 陈菊北上告状
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-08/9267059.html 環球網

高雄旗山大溝頂太平商場の取り壊し計画が住民の強い反発にあって、高雄市政府は暫時執行を延期した。しかしこれによって陳菊高尾市長は二週連続で台北市に行き、委員ではないが民進党の中常会に出席した。陳菊市長は蔡英文主席に対して、時代力量党がこの取り壊し案に介入していると訴えた。

高雄市政府水利局は3日2軒と移転の合意をして、無事大愛村に移転させた。水利局は取り壊し奨励金を25%増加させ、各戸に70万近くの救済金を渡す、これが限度だと言った。水利局は一部は移転に既に同意しているが詳細は明かせないと言った。しかし自救会長の鄭淵文は中にいた2軒の移転は合意のもとではなかった、高雄市の強権的な姿勢の表れだと、死んでもここを守ると言っている。
旗山大溝頂拆遷 高市府提高補償 大紀元
高雄大溝頂僵局未解 今突擊兩戶搬遷 上下游News&Market

香港の「中評社」の報道によると陳菊市長は中常会で時代力量党が介入している。時代力量党の助理が高雄に来てから、既に移転に同意していた住民が移転に不同意に変わったと言っている。

中常会ではまた、時代力量党は2018年の高雄の選挙で、各区に議員を立てる、また台湾独立派の基進側翼党も候補を立てる予定で、競争が激烈になっていると言った。時代力量党を保護してきた蔡英文総統は、洪耀福に再度意思疎通をさせると言った。

その他のニュース
林錦芳遭控抄襲論文 連字句、標點都一樣 newtalk
総統が指名した司法院の正副人事が不満を呼んだが、時代力量党の黃国昌党首は司法院副院長に指名された林錦芳氏の過去の論文に剽窃の疑いがある司法院副院長にふさわしくないと公表した。林錦芳氏はデータの引用の範囲内だと反論している。

台湾の今日の記事の中から

今晩のweb上での台湾の記事の中から興味を引かれた記事をいくつか要約すると

2018新北市長大家搶?「賴神」及「戰神」被點名 自由時報
の記事では2018年の新北市の市長選挙候補者の予想で頼清徳台南市長と時代力量党党首の黄国昌氏の名前が出ている。「財訊」という雑誌には候補者予想で国会議員高志鵬、吳秉叡、羅致政の外,時代力量党の「戦神」黃国昌氏や「神級」的賴清德市長の名前が書いてあるという。現在の新北市の市長は今回の総統選挙で負けて主席を辞任した朱立倫氏だ。

國民黨黨產快速蒸發 民進黨擬禁黨產移轉 自由時報
2000年還有一千億,國民黨黨產現在「脫產」只剩下兩百多億? 關鍵評論網
の記事では国民党の資産は1991年には9000億でその後1000億になり去年の7月には218億と報告したのが去年末には166億になった。移動させて隠していると言われている。日本人から接収した土地などまだ戻していない。民進党の蔡易余立法委員が1日立法院で議員の祖父の私有財産返還要求陳情書を示しながら質問し、国民党の党資産問題を激しく追求した。下のビデオでは戦後台湾に来た国民党を「土匪」と言い放っている。

為阿祖討公道! 蔡易餘質詢黨產 拿陳情書轟"土匪"https://www.youtube.com/watch?v=GwNlbLCjdZk


患焦慮症「免役」 林昶佐:每天吃安眠藥才能入睡 ETtoday
の記事では時代力量党の林昶佐議員が焦慮症(不安障害)が兵役に行かなかった理由で今でも毎晩睡眠薬を飲んでいると言っている。

陸全國政協報告 涉台內容反映選後變化 中央社
の記事では中国の全国政協主席俞正声が今日発表した2016年工作報告の台湾関連部分について分析している。今年の報告の中で「堅持『九二共識』、反対台独的政治基礎」の言葉をはじめに持ってきたのは総統選挙の結果を意識したからだと言っている。また交流の相手を「党派団体、民意代表」から「社会組織と団体」に変えており、政党よりも末端民衆や若者への工作に力を入れる方針だ。また「両岸一家親」の言葉が出てこなかった。

「時代力量」政党の林昶佐新委員が初質問、「私の立場は台独だ」

台湾の「時代力量」政党は2016年1月の第九回中華民国立法委員選挙で初めて立法委員(五人)を当選させた。今日林昶佐委員が初めて質問に立ち自分の立場は台湾独立だと言った( 黄国昌党首は既に質問に立っている)。
林昶佐質詢處女秀:我是台獨 聯合報
林昶佐首次質詢 這件事讓張善政「我完全同意!」三立新聞
林昶佐提中華北京 網友:矮化回去合情合理 自由時報
林昶佐首次質詢:我的立場就是台獨,中國應該叫「中華北京」The News Lens 關鍵評論
立院質詢初試啼聲 林昶佐高呼:我的立場是台獨 蘋果日報

林昶佐委員は国防外交委員会で2つ質問をした。まずはじめに原住民に対するTransitional Justice(移行期の正義)について質問しその後両岸の外交について質問した。両岸の議題では張善政首相と夏立言陸委会主委に態度表明を求めた。林昶佐委員はもし馬政府の九二共識の論理によれば、オリンピック等の国際大会で「中華北京」とならなければならないはずだ、しかし現在の状況は「中華チーム対中華台北」となっていて、まったく「対等尊厳」ではないと言った。これに対して張首相は憲法のもと中華民国は一つの国家だ、中華民国は対岸を国家として承認していないと言った。夏立言主委は馬総統は九二共識と一中各表を主張し、国際社会で正式国名での参加を勝ち取ろうとしてきた、中華台北等の名称は他国が決めている、現在の状況は過去最高だと言った。林昶佐委員はもし政府が将来世界で中華民国と中華人民共和国の共存を希望するなら、張首相と夏立言主委の立場は「華独」だ、私は「台独」だがと言った。張首相は各表(各々が自分が唯一の中国だという表明)を政府は強調している、去年の馬習会(馬英九総統と習近平主席の会談)では馬総統も後半提起したと言った*。
*)世界の評価は馬総統は習近平に中華民国という主張をせず一中各表は建前だったという評価。

原住民差別の問題は映画「大尾鱸鰻2」での原住民の話し方を差別的に表現したことや外交部のパスポートや大会で原住民の許可を得ず衣装等利用していたと言った。張首相は原住民の権利尊重に同意した。

最後に林昶佐委員は,78年前,1938年の今日は中華民国空軍が松山を空爆した日だ。中華民国空軍とソ連の連合が,台北に280発以上の爆弾を投下した。これは教科書には書かれていない、そして台湾を空爆した中華民国は,戦後逆に台湾に逃げてきた。歷史はこのようにもつれている、張首相の過渡期監視政府は移行期の正義を行うべきだと言った。

立院質詢處女秀 林昶佐:我立場是台獨 https://www.youtube.com/watch?v=eL4-aCKED7Y

https://www.youtube.com/watch?v=B9d0ryfEOW8


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)