FC2ブログ

台湾本土派が蔡英文支持で団結を呼びかける

台湾本土派(台湾を本土とする派、独立派と書いているメディアもある)の団体が今日集まり、独立派の団体人々に、小異を捨てて蔡英文支持で団結するよう呼びかけた。
憂中共威脅 本土派共同表態挺蔡英文連任 NTDTV
「韓國瑜當選將是台灣災難」 獨派本土社團聯合呼籲支持蔡英文連任 風傳媒
台灣本土社團力挺蔡英文連任 籲獨派團結支持本土政權 自由時報
台湾の独立派本土派の団体政党が今日合同記者会見を開き、一部の独立派が頼清徳などを推しているため、蔡英文支持で団結するよう呼びかけた。
20191105-105651_U6571_M565043_f8a8.jpg
臺灣國家聯盟加盟団体名(風傳媒の記事から)

参加団体は臺灣國家聯盟加盟団体だ。台灣國家聯盟の呉樹民は、2020年の選挙の相手は国民党だけではない、中国もだ、現在多くの人がまだ蔡英文に不満を持っているが、しかし大局と将来を見なければならない、そうでなければ台湾の自由と民主は危機にぶつかると言った。

元考試院長姚嘉文は、一部の人は中国の影響を受けているのか、蔡英文を下ろそうとしている、国家主権を尊重する蔡英文を支持しようと言った。

台獨聯盟主席陳南天は過去蔡英文に不満を持っていた個人団体は団結して選挙に勝利して、台湾を正常な独立国家にさせようと言った。

台聯黨主席劉一德は韓国瑜を非難して、酒と女と博打の候補者だ、もし総統になれば台湾は4年の災難だと言った。

台灣基進の立法委員候補者の顏銘緯は、2020年の選挙は、赤と緑の選択で、台湾の行く道の選択だ、台北市長柯文哲のような考え方を選ぶのではなく、勇気を持って戦い頑張る若者が必要だと言った。

北社社長李川信は、蔡英文は沈着冷静、世界の中で台湾を支えている、韓国瑜は中央政府駐香港連絡弁公室(中華人民共和国中央政府の出先機関)に行き、毎日酒と女だ、しかし楽観は禁物だと言った。

長老教會牧師林偉聯は蔡英文の三年間の実績はよい、みんなは小さな不便で、価値理念を失ってはいけないと言った。

弁護士黃帝穎は、若者は香港を見て危機感を感じている、しかし、ネット上では中共の攻勢が強く、薄氷を踏むようだと言った。

台灣環保聯盟劉志堅は蔡英文政権の反原発政策を支持すると言った。

韓國瑜當總統?獨派:將是台灣災難的開始https://www.youtube.com/watch?v=hK-giWcBqr8


その他
米、台湾社にファーウェイ向け出荷停止要求か FT報道 日本経済新聞
TSMC、ファーウェイ向け供給を継続へ-米国からの圧力は承知せず bloomberg
美阻供貨華為? 台積駁斥:錯誤報導 YAHOO!

中國侵害網路自由全球最嚴重!自由之家:前所未見的極端 自由時報
スポンサーサイト



台湾総統選挙韓国瑜「総統らは白く太ってる」蔡英文「私たちは昼ごろ起き出すような生活はしていない」

2020年の総統選挙は世論調査では今のところ民進党の蔡英文総統が国民党の韓国瑜を圧倒している。劣勢の韓国瑜候補は数日前、民進党の総統や首長たちを白く太って贅沢な暮らしをしている、国民党の首長は黒く痩せて必死で働いていると身体的特徴で非難した。今日総統は取材でこれについて質問された。
韓國瑜酸「白白胖胖」 小英反擊:會做事無關白胖、黑瘦 自由時報

国民党の総統候補韓国瑜高雄市長(休職中)が28日彰化県の圓林園公園で「台灣願景‧彰化福田」と題した大会を開催し壇上で民進党政権を批判したが、その時身体的特徴を使って聴衆の笑いをとりながら総統らの批判をした。内容は、「過去我々は物質的には苦労したが心には希望があった、台湾の未来に希望があったのだ、しかし現在の苦労には未来がない。私は二週間前休暇をとってから台湾南部から順番に人々の声を聞きながら上がってきた。どこでも生活が苦しいと語っている。至る所で奇妙な話を聞いた、南部はずっと民進党を支持してきたのになぜ苦しいのか、皆さん外見を見れば分かる。民進党の総統候補を見なさい、蔡英文総統白くて太ってないですか、韓国瑜を見なさい、黒くて痩せてないですか、ほんとですよ我々の王恵美彰化県知事を見なさい、あんなんです、桃園市長鄭文燦を見なさい、白くて太ってないですか、なぜ我々国民党はみんな黒くて痩せてるのか、我々の台中市長盧秀燕を見なさい、市長になって一年にならないのに痩せて小さい、毎日死ぬほど忙しい(以下略)」などと民進党が贅沢をして怠けているという印象操作を一生懸命行った。
批民進黨「白白胖胖」 韓國瑜:國民黨都黑黑瘦瘦【一刀未剪看新聞】https://www.youtube.com/watch?v=-slS2bt_blM

2分26秒頃から「白白胖胖(白くて太ってる)」(パイパイパンパン)「黑黑瘦瘦(黒くて痩せてる)」(ヘイヘイソウソウ)と言い始めるが、聴衆に言い方が受けて笑いが起きたのを見て、それを繰りかえしながらイントネーションや間など言い方をおもしろく変えていっている。話術で聴衆を惹きつける舞台の芸人のような印象だ。

蔡英文総統は今日桃園市で「大型農機發表會」に参加し、メディアの取材を受け、この話題を質問された。総統は韓国瑜のロジックが分からない、仕事と体型と何の関係があるのか、と言って隣の鄭文燦桃園市長に答えさせた。桃園市長は、「韓国瑜がまた失言した、自分は懶惰とは縁のない体だ、市政を第一に、汗をかいて高い支持率を得ている、おしゃべりとほら話はしない、彼の口先の攻撃も来年の1月11日の投票日で終わるだろう。韓国瑜に呼びかける、国政と建設を最優先にし、台湾の選挙を単純化しないように。この後蔡英文総統がぼそっと「少なくとも私たちは昼頃やっと起きたりしない」と言った。韓国瑜候補の遅刻魔、遊び好きなどの悪い評判のことを言っているようだ。
失言再+1! 韓國瑜諷綠首長"白白胖胖" 小英回嗆:至少沒睡到中午|【LIVE大現場】20191029|三立新聞台https://www.youtube.com/watch?v=ZooBN3pVXTY

名前を出された民進党の林右昌基隆市長は韓国瑜候補に対して高雄市長になってすぐに総統選挙にでて今は休暇中で、何の実績もないではないか(偉そうなことを言うな)と言った。また名前を出された同じ国民党の侯友宜新北市長は私は黒くて痩せてるか? 自分が警官の経験から学んだことは外見で人を判断してはいけないということだと言った。
韓國瑜指綠營「白白胖胖」 侯友宜:絕不能以貌取人 聯合報


2019臺北客家義民嘉年華行事

台北市の柯文哲市長が台北市の客家文化を伝承する行事「2019臺北客家義民嘉年華」に参加し、行事の前にはメディアのインタビューに答えた。台北市の新聞稿から


2019臺北客家義民嘉年華に参加 柯文哲:市は客家文化の伝承に努力することで、全国の客家交流のプラットフォームになる台北を作る
發布機關:臺北市政府秘書處媒體事務組
發布日期:108-10-27

(略)

柯文哲は語った、台北客家義民嘉年華は今年で32年目になった。今日私はこの場の皆さんと同じように、幸せ祈り且つ感恩の心で行事に参加している。またこの場の人々が実際の行動で客家文化に関心を持ち、客家文化を支持し、一心に客家文化を伝承しつづけられるようしていることに感謝する。(略)

義民祭開始前に、柯文哲はまずメディアの合同取材を受けた。義民蔡行事中、柯文哲は蔡英文総統と並び、このためメディアは柯文哲に彼女と何を話したか聞いた。柯文哲は、「この様な場合どうして話などできるのか、みんな自分のスピーチを読んだら終わりだ」 メディアが柯文哲が数日前中央政府を批判して、「新聞を見て国を治めている」と批判したことをひきあいにだし、総統に国を治める提案をしたか聞いた。柯文哲は、「そんな必要はない、この様な公開の場ではどんな話もする機会はない、みんな礼に則り動くだけだ」と言った。

あるメディアが昨日民進党副秘書長林飛帆が咽びながら自分は人権の価値を支持する民進党を選んだ、と言ったことを持ち出し柯文哲の見方を聞いた。これに対し柯文哲は、彼の発言の意図なら時代力量党、社民党は人権を支持していないのか? と言った。

記者が補充して、林飛帆の昨日の意図は柯文哲が数日前言った「彼は民進党に頼って行った(投降した)」との言い方に曲解されたと感じて発言したと言った。柯文哲は語った、「この様な話はどうしようもない、しかしもう止めよう、口喧嘩をしてはいけない」メディアが聞いた、林飛帆がむせび泣いたのはちょっと大げさと思うかと。柯文哲は、そうではない、慙愧の心に触れると人はああなるもんだと言った。*(略)

*)林飛帆副秘書長とのやりとりは、各メディアで取り上げられている。はじめ柯文哲市長が「チベットのラマでは焼身自殺が流行し、中共に大きな困惑をもたらしている」と語った。それに対して、林飛帆副秘書長がFacebbookで大反論し、柯文哲がそれに対して、「かつては(民進党を批判し時代力量党の創立にも関わり)若者の指標だったのに、今では民進党に身を寄せている」と嫌味を言った。すると林飛帆副秘書長がむせび泣きながら「私は人権の価値を支持する民進党を選択した」と言った。そして今日の柯文哲市長の発言になる。そしてこの発言を受けて今日林飛帆副秘書長がまたFacebookで反論し、「私の涙はチベットの友のために流したものだ、柯文哲の言葉に涙するほど柯文哲は偉大ではない」と言った。また柯文哲に心を静めて、中共の専制には寛容なのに、逆に専制政治に迫害されている人々を軽蔑するようなことを止めるよう呼びかけた。
酸林飛帆哽咽是慚愧 柯文哲嗆:時力不支持人權嗎? 聯合報
林飛帆哽咽 柯文哲再酸:觸及心裡最慚愧部分 中時電子報
駁柯P「慚愧說」 林飛帆:眼淚為圖博而流 他沒那麼偉大 自由時報

香港から台湾への殺人容疑者護送への国民党の反応

香港から台湾への陳同佳殺人容疑者護送問題で、馬英九前総統が蔡英文政府が突然政策を変えたのは選挙のためだと言っていた。国民党の主張を最近あまり気にしていなかったので、いったい何を批判しているのか気になり国民党の23日の新聞稿から抜粋してみる


呉敦義主席が陳同佳事件に対して重要談話を発表する
新聞稿 中国国民党文化伝播委員会 108.10.23

(略)

三、 蔡英文政府が先に容疑者の入国を拒絶し、その後反対に職員を香港に派遣して容疑者を受け取ると言い出したこの政治的180度の転換は、蔡英文総統は公開で説明を提出し、そうすることによって国民の疑問に答えなければならない。

我々中国国民党はずっと我が方の司法管轄権を執行し、積極的に容疑者陳同佳が台湾に来て自首するのを助けなければならない、これこそが中華民国の主権を守り、同時に被害者が公平正義を求めるために適切なやり方だと、一貫した立場を主張してきた。しかし徐国勇内政部長は逆に、「属人主義が優先する、香港政府がなぜ裁かない」と言った、これは香港の法律を理解しない門外漢の言い方だ。蘇貞昌行政院長は更に、陳同佳が台湾に来たがるのは罠だ、「我々は騙されない」、香港政府はこの前やらずに、現在台湾に送ろうとする、「非常に奇妙だ」と言った、この様なことを言った政府が現在は逆に職員を派遣して受けとるという、この方がもっと奇妙ではないのか? 蔡英文女史もまた、「香港政府は管轄権行使を拒絶し被害者の香港公民に正義を与えていない、香港の将来にとってよくない、各国政府もまた非常に頭が痛いと感じている」と言った。中華民国政府は積極的に管轄権を行使したがらず、口では主権を守るという総統が逆に自ら国の格を喪わせ、主権を自ら貶めている、私の方が頭が痛い!

蔡政府はこの様な国民に疑いを抱かせる言い方をした後、突然大転換し、既に香港に書簡を送り、職員を派遣し陳同佳を台湾に護送するという。24時間もしないうちに、政府の立場はこの様に大転換した、まことに常軌を逸している! 蔡英文政府は政策決定の過程と思考ロジックを対外的に説明しなければならない、更に我が国司法管轄権を軽視し、台湾と香港社会の公平正義を蔑ろにしたことを、台湾と香港の民衆に謝罪する必要がある! 

(略)


初めに容疑者受け取りを拒否したというニュースはこれのようだ
香港人容疑者が台湾へ出頭の意向 台湾、香港政府の政治的誘導だと反発 中央社
その後のニュース
香港政府、台湾当局による容疑者護送を拒否 台湾が反発 中央社

その他

台湾蘇貞昌首相、桃園市長が将来総統になると予言

昨日11日、台湾の蘇貞昌行政院長(首相)が桃園市の捷運綠線GC02標の起工式に参加した。式で同じ民進党の鄭文燦桃園市長の能力を評価し、支持者は党派をまたいでいる、私は予言できる、捷運綠線の工事が完成したとき、鄭文燦は総統の身分で式典を主催する可能性が極めてたかいと言った。鄭文燦は式典が終わった後取材を受け、重大工事は先人が手をつけ、後の人が恩恵を受けるものだ、今は蔡英文総統の再選を全力で助ける、工事期間は長いので将来どうなろうが、完成式典には参加したいと語った。
蘇貞昌出席桃捷綠線動工 預言鄭文燦會當「總統」 自由時報

その他
無錫高架橋坍塌 記者採訪被拖到牆角毆打[影] 中央社
中国の江蘇省無錫で10日夕方、312国道の高架橋が崩落する事故があり、3人が死亡した。事故原因に工事の手抜きを指摘されているが、設計した江蘇中設集團股份有限公司は二日間の沈黙の後今日、設計は各要求基準に合致していると表明し、また地方政府が運輸車両の過積載が原因と言っている、説明責任は当社にはないと表明した。記者たちが事故現場に取材に行ったが、阻止され、事件は単純ではないのではないかと疑いを強めている。有線中國組のFacebookの報道によると、無錫当局は現場2キロ外に封鎖線を引いた、或るメディアはドローンで取材をしようとしたが、撃ち落とされた。別の記者は現場の写真を削除するよう要求され、或る記者は酒の匂いのする民警に壁に押し付けられ殴られた。

李佳芬受邀競總成立遲到35分鐘 盧秀燕等不及先離開 自由時報
遅刻で有名になった国民党の総統候補韓国瑜高雄市長だが、その妻の李佳芬が国慶日の国民党の祝賀会に一時間遅れ、馬英九等の有力者とすれ違いになり同席できなかった。今日午前の国民党の沈智慧議員の選挙事務所の旗揚げ式にも遅れ、盧秀燕台中市長等とすれ違いになり同席できなかった。午後の彰化北斗鎮奠安宮参拝には早めに到着した。
不敢再遲到了!李佳芬下午彰化行程通通早到 自由時報

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)