FC2ブログ

柯文哲台北市長2020総統選挙に立候補せず

柯文哲台北市長が2020総統選挙の届出締切り日の今日届出をせず、不出馬が決定した。それだけなら記事にしなかったが、今日の報道で、柯文哲の支持者が市役所に押しかけたり、選挙管理委員会に代理で届出をしようとしたらしい。その記事を読みながら、中国の伝統的な皇帝の禅譲劇に新しい皇帝は謙遜し断るがまわりの人々が熱烈に推戴し、何度も位につくよう要求し同時に全国各地で吉兆が現れるなどというパターンがあったが、それを思い出したので、要約してみる。
柯文哲現身中選會外! 柯幕僚:去接柯爸柯媽回家 自由時報
柯爸柯媽要幫柯文哲登記連署 中選會:逾時不受理 中央社
郭台銘確定不選 柯文哲下一步要做這件事 風傳媒

今日が総統選挙の署名方式の申し込み最終日だったが、柯文哲台北市長は出馬しないと言った。しかし今日午後突然数十名の柯文哲支持者が市長室に押しかけて、市長に2020総統選挙出馬を要求し、今回出馬しなければもはや政治的機会はなくなると考え、保証金,副総統候補まで準備していると言って、危うく市長を連れていこうとまでした。市長のスタッフは全員反対意見で、市長に衝動的なことをしないよう望んだ。しかし元立法委員で市長の妹分だという黃文玲が市長の父や母を連れて選挙委員会に出かけ、代理で申し込みをしようとした。そのため市長は選挙委員会前に行き、支持者の情熱に感謝するその力を台湾民衆党の応援に向けてくれと簡単に挨拶し父母を連れて帰った。

また黃文玲元立法委員の様子はというと、夕方中央選挙委員会に行き自分で台北市長に代わって登記をしに来たと主張したが、委員会は、締切りの5時30分を過ぎたため受け付けはできないと言って押し問答になった、結局黃文玲は諦めた。柯文哲は委員会前に現れたが、父母を迎えに来ただけだった。

署名方式の届けでは今日締めきられ、登記状況は合計50人が署名表を受け取り、8組は申請登記をした。第一組黃多玉、張幼薇;第二組藍信祺、胡宗偉;第三組曾坤炳、黃源誠;第四組黃榮章、柯振榮;第五組楊世光、陳麗玲;第六組呂秀蓮、彭百顯;第七組王堯立、江丁威;第八組梅峯、張建富。

郭台銘・鴻海前会長、無所属での総統選出馬断念 中央社
この記事によると「総統選出馬には、政党推薦方式と署名方式の2通りがある。政党推薦方式で立候補するには、直近の総統選または立法委員(国会議員)選で当該政党の候補者の得票数合計が有効投票数の5%以上であるのが条件で、これを満たしているのは、民進党、国民党、親民党、時代力量の4政党。署名方式で立候補する場合、11月2日までに28万384人分の署名を集める必要がある。」とある。
現身中選會 黃文玲代柯領表未果【民視新聞現場】https://www.youtube.com/watch?v=b2AFMUqhHJY

スポンサーサイト



台湾人が一年以上行方不明、中国側は回答せず

中華民国行政院大陸委員会所管で中華民国(台湾)政府の対中交渉窓口機関の海峡交流基金会が明かにしたところによると、台湾の男性一人が去年の夏から行方不明になっている。男性は南台湾両岸関係協会連合会主席蔡金樹氏で、去年の7月20日福建省泉州市の両岸食品交易会に参加し,ホテルに一泊して翌日退去した後,行方不明になった。海峡交流基金会は大陸側に手紙で尋ね,また多数のルートで問い合わせたが未だ回答はない。学者の江岷欽は蔡金樹氏は半年前中国側に国家安全の理由で拘束されたと言っている。海峡交流基金会は国民に対して、両岸制度は違っている、大陸に行く場合は自身の安全に必ず留意するよう呼びかけている。
1067x600_778531068021.jpg
蔡金樹氏の写真、彼のFacebookから取ったと記事にあった。

その他
中国と国民党寄りのメディアの総統選挙世論調査で蔡英文総統が国民党候補に圧勝する結果が出て,中国寄りのメディアなのにどうしたんだと揶揄されている。
【旺中民調】韓國瑜造勢後仍輸蔡、郭 網友驚呼「造反了」 上報
「旺旺中時」のメディアの次回の総統選挙の世論調査で、蔡英文が38.1%、国民党候補の韓国瑜25.7%という差が出た。蔡英文、郭台銘、韓国瑜の対決の場合、29.8%、24.3%、22.8%と結果になり国民党候補が最下位という結果になった。ネット上では、「これは本当に中時か?」「中時が造反したのか?」などと揶揄されている。或るユーザーは、韓国瑜陣営への警告ではないかと言っている。

尼斯湖水怪有新說法 科學家稱可能是巨鰻 風傳媒
ネス湖の怪獣の正体について、或る学者が巨大なうなぎではないかと言っている。

蔡英文総統、南投県「寶湖宮天地堂地母廟」を参拝

中華民国台湾総統府の新聞から


南投宮廟を参拝 総統は国民を励まし台湾各地を精力的に見て回る
総統が「寶湖宮天地堂地母廟」に参拝
華民國108年09月08日

蔡英文総統は今日(8日)午前南投県に行き「寶湖宮天地堂地母廟」に参拝し、台湾の五穀豊穣、国運隆盛を祈った。また政府が今年再度秋冬観光旅行補助法案を進めることを説明し、国民がより多く休みに台湾各地、特にこの好山,好水,好物産がある美しい南投を見て回るよう奨励した。

総統は挨拶で語った、「南投県の地方首長は中央と同じ党ではないけれども、南投の人が必要なことは中央政府は必ず全力で支え、南投をもっと発展させる」

「ここ数年,政府は非常に頑張った。米中貿易戦争は国際情勢を不安定にしたけれども、台湾経済はやはり成長を継続しており、我が政府が安定して経済を前進させられることを示している。台湾の今年第二季(四半期)の経済成長率は既にアジア四小龍のトップだ,今年は全年を通してアジア四小龍のトップだと信じている」

「観光産業に中国の影響を与えないため、政府は去年暖冬補助法案を推進し、私は多くの地方の皆さんに効果があった、よかったと言ってもらった。これにより今年の9月から,政府は再度秋冬観光旅行補助法案を推進する,全国民が台湾各地を見て回れることを希望する。とりわけ美しい南投はよいお茶,農産品等に加え,情熱的親切な南投人もいる,私は全台湾人と『南投にいらっしゃい』と言いたい。私も何度もこの好山、好水,好物産品の地方に来るだろう」

立法院長蘇嘉全、立法委員蔡培慧もこの参拝に参加した。



9月5日の最新の総統選挙の世論調査によると、蔡英文と韓国瑜の直接対決の場合、蔡英文47.6%韓国瑜33.8%、蔡英文、韓國瑜、郭台銘、柯文哲の四人の対決の場合、蔡英文31.8%、韓国瑜26.1%、柯文哲17%、郭台銘的16.7%。
最新民調!韓國瑜落後擴大瀕崩盤 綠黨:郭柯聯盟也下跌 自由時報

蔡英文総統が台南の廟に参拝

蔡英文総統が今日台南市の宮廟に参拝した。総統府の新聞から


台南の宮廟に参拝 総統が地元の人に執政の成果を説明
総統が「永安宮」、「太子宮、朝天宮」及び「保生宮」に参拝
中華民國108年08月31日

蔡英文総統は今日(31日)午後台南に行き「永安宮」、「太子宮、朝天宮」及び「保生宮」に参拝し、台南の人々に向かい政府の過去3年来の、社会福祉、経済のがんばり、主権を護る等の各具体的施政と成果を説明した。

総統は挨拶で語った,「2016年の施政開始以来、私たちは台湾に改革,進歩,産業発展をもたらし、老人、幼児、若者がより多く、よりよい世話をうけられるようずっと頑張ってきた。ここ数年多くの挑戦に直面した、しかし私たちは一つ一つの困難を切り抜け、多くの困難を解決してきた。3年あまり、多くの台湾人はみな政府がしたことは、成績は良く、経済も発展したと感じている、政府はまた皆さんと経済発展の成果を共有した、今年皆さんは減税を実感していると信じる」

(略)

総統は現在の香港情勢について語った、「多くの台湾人は心の中は驚き慌て、台湾がある日香港のように変わるのではと心配している。現実は、台湾人は私たち自身の民主、自由の生活方式を持っている、最重要なのは、台湾人が自己の主権を持っているということだ、台湾人の運命,未来はすべて台湾人自身によって決定される。言い換えれば、将来台湾人の運命を決定するこの権力は,台湾人の手に握らなければならない、私たちは一代一代と伝えつづけ,世世代々台湾人に民主、自由の生活方式を持たせなければならない。私たちは団結し、一緒に台湾を大切にし,私たちの未来を大切にし、台湾の主権をまもろう」

內政部長徐國勇、臺南市長黃偉哲、立法委員郭國文及び王定も今日の参拝行程に出席した。

世界佛教青年僧伽会第16回年会と供佛斎僧大会に台北市長が出席

台北市の新聞稿から


世界佛教青年僧伽会第16回年会と供佛斎僧大会に出席 柯文哲:心に孝道を持ち社会が調和と安定に向かうよう導く
發布機關:臺北市政府秘書處媒體事務組
發布日期:108-08-18

台北市長柯文哲は今日(18日)世界佛教青年僧伽会第16回年会と供佛斎僧大会に出席した。彼は挨拶の時世界仏教青年僧協会が長年世界で仏教文化の交流を押し広めてきたことを語った。

「供佛斎僧の最重要なことは仏が語った盂蘭盆経の中の孝道精神を伝承することだ。敬虔誠実な心で;軽い食物を準備し出家者に供養し、父母のため息災幸福を祈る。これが仏を敬う祈福法会というだけでなく、父母に対して、世間万物に対して感恩を表す宗教盛会だ」

「孝道精神は倫理の基であり、人としての根本、社会の調和安定の基礎だ。各僧の努力の下、慎終追遠の精神は重視され、私たちの根本倫理の孝道精神を喚起する。私たちは常々人間(じんかん)処々温情ありと言う、世界情勢が激変する現代社会の中で、仏法の教育を通して私たちの包容心を示す。父母の恩、先生と年長者の恩、国家の恩はすべて孝道この二文字に結びつく」

最後柯文哲は社会大衆が心に孝道を持ち社会を調和と安定に導くよう希望した。

その後メディアのインタビューに答えた
記者:今日は郭台銘と王金平とここであって桃園の誓いとなるはずだったが、二人は来なかった、市長一人ですね。寂しいですか。

柯文哲:思うのだよ、仏門清浄の場所で世俗の士が来て騒がせる、適当ではない。今日このような場所でそんなことは合わない、別の時を探す。(台湾社会に需要があれば、いずれ成立するし、需要がなければ不成立だ。)
(以下略)


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)