FC2ブログ

蛋白尿と腎臓疾患

台北市の新聞稿から


蛋白尿と腎臓疾患
發布機關:臺北市立聯合醫院
聯絡人:陽明院區 腎臟內科 徐萱竹 主治醫師
發稿日期:109年2月20日

66歳の陳先生は、過去どんな慢性疾患にもかかっていなかった、普段も何の薬も服用していなかった、検診の腹部超音波の結果が明らかに腎嚢胞を示していたため、腎臓科に再診に来た。病歴を聞いた後、彼が既にしばらくの間、尿が泡立っていたことがわかった、そこで更に血液と尿の検査を手配し、結果わかったのが彼は重い蛋白尿で、ここ数年腎機能がゆっくりと衰えていた、ただ症状がないため、治療の必要はないと考えていた。

臺北市立聯合醫院陽明院區腎臟內科主治醫師徐萱竹、「臨床上確かに多くの良性の蛋白尿の状況がある、泡がでていても必ずしも蛋白尿とは限らない、客観的な定量分析を経てはじめて確定する。良性の蛋白尿は感染、脱水、天気、薬物、運動、妊娠、血圧の管理が悪いと、中には姿勢による蛋白尿の可能性がある」

「しかし、一旦蛋白尿と証明されれば、腎臓疾患である可能性を暗示している。臨床上最もよく見られる蛋白尿の原因は、糖尿病腎病変だ、糖尿病腎病変は台湾の腎臓の透析治療人口の四割以上を占め、割合が相当高い。重要なのは、微量の蛋白尿はしばしば腎機能が低下し始めるよりも早くに発生し、腎臓病変の前哨戦と見ることができ、果ては心臓病のリスクと死亡率を予測することができる」

私が提案するのが、糖尿病腎病変の患者は低たんぱくの飲食をし、より積極的に血糖と血圧を制御し、総合的な診察を利用し、腎臓科で定期的に尿と腎臓の超音波検査をしなければならない、喫煙の習慣がある患者は禁煙するよう努めてほしいということだ。早期に蛋白尿を発見し、早期に治療を始めれば、腎臓病の予後を改善できる。

いくつかの重大な蛋白尿は下肢水腫と合併し、臨床上は腎病症候群と称する。過去糖尿病と高血圧等の慢性病になっていないのに、意外にも蛋白尿があるとわかる、上述の陳先生のような場合は、腎臓切片と染色を手配する必要がありそこで初めて確定診断できる。最近診察で次々と各種糸球体腎炎、IgA腎症、FSGS局部性腎絲球硬化症)、と稀に見られるp-ANCA血管炎を鑑別し、またかつ病人のために適切な治療を手配している。

ミューズ降臨 馬酔木の花が風鈴を連ねたように咲く

台北市の新聞稿から
07a47f40-fc91-4c56-9adf-982c4531cc9e.jpg


ミューズ降臨 馬酔木の花が風鈴を連ねたように咲く
發布機關:臺北市政府工務局公園路燈工程管理處
發稿單位:公園處
新聞聯絡人:劉玉華
承辦聯絡人:賴丞賦
發布日期:109-02-16

元宵の佳節がすぎると、春が正式にやって来る。臺北典藏植物園「溫帶植物區」の角に風に吹かれて揺れる白いひとつながりの小さな風鈴の花が咲き始める、まるでギリシャ神話のミューズのネックレスのようだ、それこそ植物の世界で有名な台湾原生種の「馬酔木」だ。この氷淸玉潔でかわいい花は春が来た時だけ、神秘的な装いで登場し、多くの旅人がわざわざその魅惑的な姿を見ようとやってくる。馬酔木の学名Pierisはギリシャ神話の中の文芸を司るMuseの九人の女神の一人Pieriaから来ている。現在日本ではこれを称して馬酔木という。このようなきれいな花が奇妙な名前を持っているのは、これが全体に毒を持つ植物で、馬が食べれば酔ったようになるからだ。臺北典藏植物園に来て馬酔木を鑑賞するときは、眼で見て鑑賞するのはいいが、絶対にその外形の可愛さから戯れに食べないように! それは女神のネックレスであるだけでなく植物界の蛇蝎(だかつ)の女神だ。

「馬酔木」学名Pieris japonica、英名:Pieris、Japanese Andromeda、別名梫木。ツツジ科アセビ属の常緑低木で、原産地は日本、台湾及び中国華東各省だ。革質で楕円披針形の葉が互生し、常に枝の先端に密生する。総状花序或いは円錐花序が頂生或いは腋生、白或いは薄紅色壺型の花が下垂し、蒴果扁球形。開花期は春。馬酔木の葉の浸出液は古来より農薬として使用し、アブラムシ、ハダニ等の小型害虫を防除できる。

公園處圓山公園管理所賴丞賦主任が語る、馬酔木の全株にはGrayanotoxinが含まれ、迷走神経を刺激し、呼吸循環機能の失調をもたらし嘔吐、呼吸麻痺、神経麻痺等の症状を生じ、軽微な中毒症状と酒に酔うのに似て馬が誤って食べると中毒し酒に酔ったようになることから名前がついた。家に子供とペットがいる場合は、誤食して危険な目に合わないように植えないほうがよい、ただ神農氏が百草を毒味して確かめたのを真似せず、純粋に観賞し植えるだけなら、健康に災いはもたらさない。(以下略)



その他
武漢肺炎》中國學者爆︰病毒源自武漢疾控中心 自由時報
香港01の報道によると、中國華南理工大學教授肖波濤が「新型冠狀病毒(COVID-19)発生源の可能性」という論文を発表し、武漢市疾病預防控制中心(WHCDC)がウイルスの発生源の可能性を指摘した。同センターは華南海鮮市場から300メートル足らず、実験室は曾てコウモリを捉えてコロナウイルスの研究をしていて、更に研究員はコウモリの血と尿を浴びて自ら14日間隔離状態にいた。メディアの記者がこの学者に電話をしたが、出なかった。報道ではこの論文は権威のある雑誌への発表ではなく、ネット上に出ていたもので、現在は見つからないという。

中共必亡?胡采蘋預言:將兵敗台灣 自由時報

2020台北市陽明山フラワーシーズン開幕式

2020年台北市の「陽明山花季」(たぶん陽明山の桜などのフラワーシーズンの幕開けの行事なのだろう)の開会式が開催され、柯文哲市長が出席し挨拶のほかメディアの取材に答えた。質問の中には日本国内で新型コロナウィルス肺炎感染が広がっていることへの懸念などもあった。台北市の新聞稿から
66d8c819-bd27-44a2-85aa-d2280cc7f781.jpg


2020陽明山花季に出席 柯文哲:台北の花シリーズを繋げ 市民生活の品格趣味を高める
發布機關:臺北市政府秘書處媒體事務組
發布日期:109-02-15

柯文哲台北市長は15日午前陽明山公園に行き、2020陽明山花季の開幕式を主催した。柯文哲は、「ここ数年台北市は台北市の四季の花展示を繋げる努力をして、台北市の花シリーズが成立した。この花シリーズがますます精緻に素晴らしいものになり、台北市民の品格趣味を高めるよう希望する」と指摘した。

柯文哲は挨拶で語った、「まず皆さんの2020陽明山花季開幕式への参加を歓迎する、陽明山花季は既に台北市の重要な行事になっている、今日2月15日から3月27日まで、37日の長い展示期間があり、およそ100万人近い人が山に登り鑑賞する」

「今年の陽明山花季は多くの芸術文化活動が新たに開かれる、光復楼では于右任と王陽明の書画展、2月18日から3月1日までは草山嘉年華、(以下略)

行事の前に柯文哲はメディアの取材を受けた、記者が昨日台北市の3名の屋内にとどまって検疫状態にいた香港の観光客を連絡が取れなくなった後捕まえたことについて、現在の状況を聞いた。柯文哲は語った、「既に中央の規定に従い集中検疫所に移送した、ただ詳細は公表できない」

(略)

記者が日本の新型コロナウィルスが拡大し続けていて、そして台日双方の観光が活発なため、台湾の防疫の穴となるのではないか心配ではないかと聞いた。柯文哲、「現在日本は既に一級の旅行警戒地域になっている、見たところ日本の穴は大きくなっている、しかし専門的な問題は専門家に解決させるべきだ」

記者が現在日本地域から台湾に帰ってくる人はまだ自宅待機の検疫を受ける必要はない、これが防疫の穴になると思うか? 柯文哲、「科学的データに基づき、旅行の警戒地域は一級、二級、三級と分けられている、中国大陸は三級で全面的に入境は禁止、日本は現在一級に上げられている、それゆえやはり科学の問題は科学で解決するべきだ。私はもし日本の流行が続くようなら一級から更に上げられるだろうと考える、それゆえ現在日本に行って帰ってきた民衆は自主的に健康管理をしなければならない、実行するには当然困難がある、しかし日本は今年東京オリンピックがある、私はきっと安倍首相は非常に焦っていると想像している、日本はこの期間にきっと防疫活動を強化するだろう」

記者が新型コロナウィルスは多くの観光スポットに大きな影響をもたらしている、西門町を歩く人は少なくなっている、今年の台北市のいくつかの大型フラワーシーズンの行事の参加者も例年より少ないようだ、市は対策があるか? 柯文哲、「現在台湾はまだ市中で感染は広がっていない、だから心理面の脅威が実質面より大きいということだ、(以下略)


新冠肺炎恐燒到東京奧運 柯文哲:日本防疫動作會加強|政治https://www.youtube.com/watch?v=FOoT6Kh3pzE

天然の貯水タンク タビビトノキの葉柄を開いて水を飲む

台北市の新聞稿から
Penang_Malaysia_Ravenala-madagascariensis-01.jpg
画像はタビビトノキのwikipediaから


天然の貯水タンク タビビトノキの葉柄を開くと水が飲める
發布機關:臺北市政府工務局
發稿單位:公園大地科
發稿日期:109年2月9日
新聞聯絡人:劉玉華
業務聯絡人:洪燕萍

寒風が吹いてきて誰もが厚着をしている時、熱帯植物を見ればいくらかでも春の趣を感じられる、みなさんも一緒にタビビトノキ(原文は旅人蕉)を見に来てください!

原産地がマダガスカルのタビビトノキ(旅人蕉)、またの名を旅人木、扇芭蕉、水木等は自然樹形は非常に特色があり、葉が緊密に扇を開いたように並んだ姿は、世界でも著名な景観をした樹木で、熱帯の風情に富み、台湾では既に一般的に植えられている。

工務局林志峯局長が語る、「タビビトノキの樹幹は直立し、高さは10メートルに達する、円柱状の幹には環節がはっきりと見え、枝分かれしない。葉は長い葉柄を具え、葉の形は長い楕円形で、芭蕉の葉と極めて似ている。葉鞘の筒の形は杯状を呈し、水を貯めることができ、旅人の良い助っ人だ」

「タビビトノキは原産地が熱帯地方で、葉柄の基に大量の水分を貯めることができるため、古来より旅人の緊急時の飲料用の水源として重宝され、このためタビビトノキと称された。炎熱乾燥の地域では、タビビトノキは強烈な日光を遮ることができるだけでなく、天然の水飲み場であった、各葉柄の根本にはお玉に似た『貯水タンク』があり、大量の水分を貯めることができ、葉柄を開きさえすれば、蛇口をひねったように、清涼で甘い樹液が湧き出て、旅人の避暑と喉の乾きを潤すことに使える。更にこの『蛇口』はその後自動的に閉じて、一日後又次の旅行者のために飲料水を提供できる、このため、タビビトノキはまた『沙漠甘泉』、『水樹』、『救命樹』等と称せられる。その他、その樹液も甘くて食用にできる」

「高温多湿の環境を好むタビビトノキを植える場所は日照が十分で、排水良好のところを好む。もし同一地点に多くの株を植えるなら、扇の面を同一方向に調整できるなら更に景色が美しくなる。葉面が大きく、強風で簡単に破れるため、植える場所はできるだけ風が当たらない場所を選んで植えるべきだ。成長時期には両側の古い葉を剪定し、高く伸びるよう促す必要がある。花序は腋生で、苞片は舟形で先端が尖っており、非常に鑑賞の価値がある」

タビビトノキは生命の枝幹で人の水分不足の危機を救う、この種の自己の犠牲を惜しまず人を助ける品格は、人々の賞賛を受け、誰もがその独特な外観を愛し、またその人を助ける品格を賞賛する。

タビビトノキの樹形は非常に独特で、学校、公園、庭園を美しくする造形植物として、極めて一般的に植えられている、本市の市政大樓北區入口及び雙溪公園等でも植えられている、みなさんの見学を期待する。
bf396b4a-702a-4883-9d4b-4d7130e3a7f5.jpg
この画像は新聞稿から



その他
李文亮之死撼中國 美學者:習近平天命已失 中央社
ロサンゼルス・タイムズによると、新型コロナウイルスの警告をして自身も感染して亡くなった李文亮医師への追悼が中国で広がり、政府と習近平への不信が広がっているという。Asia Society’s Center on U.S.-China Relations 主任 Orville Schellは、習近平が天命を失ったときかもしれないと言っている。

共軍稱軍機繞台:維護國家主權 能挫敗台獨分裂 中央社

催涙ガスの眼に対する影響

台北市の新聞稿から


催涙ガスの眼に対する影響
發布機關:臺北市立聯合醫院
聯絡人:中興院區 眼科 陳子儀 主治醫師
發稿日期:109年2月6日

最近頻繁に新聞報道で催涙ガスの話題が取り上げられ、その香港も台湾人の観光の人気スポットに選ばれている、民衆が万一何らかの原因で巻き込まれた状況下、催涙ガスの無差別攻撃の環境下に置かれた場合、眼に対してどのような障害があるか? いったいどのように身を守るべきか?

時代の進化を経て、催涙ガスの主成分はクロロアセトフェノン(chloroacetophenone 、CN)、クロロベンジリデンマロノニトリル(o-chloro-benzylidene malononitrile 、CS)或いはオレオレジン・カプシカム(oleoresin capsicum 、OC)等の刺激性化学物質で組成されている、その大部分は有機溶剤に溶解し或いは高圧スプレー缶で噴射する、そうすることで気体或いは微粒子の方式で空気中に散布できる。

台北市立聯合医院中興院区眼科主治医師陳子儀は指摘する、「これらの成分は人体の表面に対して、とりわけ粘膜(例えば眼の結膜、鼻腔、呼吸器官)に強烈な刺激と焼ける感じをもたらす、もし大量に浴びた場合は、化学障害をもたらす可能性がある、よく見られるのは角膜上皮の損傷、角膜炎で、最悪の場合慢性炎症が角膜翼状片、角膜新生血管等をもたらし、短期間或いは永久に視力に影響する。その他、多くの研究によって明らかにされてきているのは、これらの成分も生物毒性を持ち、甚だしくは奇形腫性になる」

陳子儀は更に語る、「一旦遭遇したら、まず浴び続けることを避ける、迅速に通風良好な場所に離れ移動する。もし密閉空間にいて離れることができないなら、できるだけ高い位置に移動し、また倒れた人を起こして地面から離す、というのはこれらの気化粒子は一般に空気より重く、低い場所にたまる傾向があるからだ。湿っぽい環境と長時間浴びると傷害の程度がひどくなる。できるだけ早く上着を脱ぎ、コンタクトレンズを取り外し、何度も眼を触ったりこすったりしないで、不注意で催涙剤を他の部位につけて不必要な傷害をもたらさないようにする。できるだけ早く流動水で眼を洗い、まぶたの上下はどちらもひっくり返して洗い、結膜の隠れたところにある化学粒子をすべて洗い流す」

催涙ガス、トウガラシスプレー、護身用スプレー、熊よけスプレー等の組成成分は全部が全部同じではない、しかし類似の成分ではある。台湾では、曾て双北捷運で護身用スプレーが誤って漏れた事件があった、密閉空間内の乗客がむせて不快感を感じ病院に送られた。西門町繁華街でバスで落ちて壊れた護身用スプレーが、飛散し、周囲の民衆50人近くが病院に行った。国外では、アマゾン倉庫で熊よけスプレーが漏れ、数十名の作業員が呼吸困難で病院に行く状況が発生した。これらの状況はすべて共通の処理原則を把握することで、傷害を軽減できる。自分で緊急処理した後、なお症状が改善するかどうかを観察し、もし引き続き気分が悪く最悪悪化した場合は、速やかに病院に行かなくてはならない。


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)