FC2ブログ

蔡英文総統、参謀総長が事故死した軍を慰問激励

蔡英文総統は今日午前ヘリコプターの墜落事故で参謀総長をなくした軍を慰問し励ました。総統府の新聞から


空軍第一レーダー分隊を慰問激励 総統:持ち場を堅守し、国家を守ることこそが私達が沈参謀総長を偲ぶ最も良い方式だ
総統が空軍第一分隊を慰問激励
中華民國109年01月04日

蔡英文総統は今日(4日)午前宜蘭東澳嶺營區に行き空軍第一レーダー部隊を慰問激励し、軍側将領と0102の殉職軍人のため黙祷を捧げた、またレーダー基地の将兵の追悼カードを台北賓館追悼会場に持ち帰り追悼壁に貼った。総統は、「持ち場を堅守し、国家を守ることこそ私達が沈総長を偲ぶ最も良い方式だ」と表明し、国軍の辛労に感謝し、国軍将兵がきっと軍心民心の安定を確保し、台湾海峡周辺の安全と装備の点検改善等の3つの任務に全力で向かうよう希望した。

総統は到着後、まず現場の国軍高位将領と0102殉職将兵に一分間の黙祷を捧げ、続いて空軍第一レーダー分隊郭政育分隊長の任務の報告を聞き取った。

その後総統は基地の環境と設備を視察指導に行き、部隊の国軍兵士を励ました。総統は挨拶で語った、今日空軍第一レーダー分隊に視察に来た重要な意味は、沈一鳴総長のため彼のここでの任務を完成させるためだ、「兄弟姉妹各位、私は沈総長に代わって皆さんを視察に来た」。

総統は強調した、どんなことが発生しようが、国家と総統は私達の国軍兄弟姉妹に配慮する。沈総長と数名の同僚には、すべての人が心を痛めている。持ち場を守り、国家を守ることこそが私達が沈総長を偲ぶ最も良い方式だ。

昨日午前私は国防軍事会議を招集し、国軍がきっと軍心民心を安定させ、台湾海峡周辺の安全と装備の点検改善をするよう要求した。この3つの任務は、私が皆さんにきっと全力で行うよう要請する。

私は国軍の兄弟姉妹も今後の進展に関心を持っていることを知っている。私達は既に調査作業を展開している、また必ず事故原因をはっきりさせ、また家族を落ち着かせ速やかに慰問し援助する、各位は安心してほしい。

今回の事故は私達を倒すことはできない、私達は挑戦を恐れない、これこそが空軍の志と節義であり、国軍の意志だ。私達は更に団結し、更に強固になる、これこそ私達中華民国国軍が必ず達成しなければならない使命だ、皆さん一緒に頑張ろう。

(以下略)


スポンサーサイト



米軍B-52H爆撃機がグアムから台湾FIRの中まで飛行

飛行機監視「Aircraft Sports」というtwitterアカウントが今日早朝ツイートを流し、アメリカのB-52H爆撃機二機がグアム島のアンダーソン基地から飛び立った後、台湾東部の空域まで飛行し、一度は台湾のFIR(飛行情報区)に進入したと公表した。
台海軍情》美2架B-52轟炸機飛近我國外圍 國防部未否認 自由時報
台湾の国防部はこの情報を否定せず、また適切に把握対応できていると強調した。今年は数度東シナ海に接近したことがあるが、米軍はいつもB-52爆撃機の極東での飛行訓練はcontinuous bomber presence mission だと宣言している。

B-52爆撃機は「成層圏の要塞」とは米軍の主力戦略爆撃機で、通常爆弾、核爆弾、巡航ミサイルを発射できる。FIR(飛行情報区)と防空識別圏(ADIZ)は同じではなく、前者は ICAOが決め、後者は米軍の協力の下、数十年前に設定された。台湾のFIRとADIZの範囲は近いが前者の東の境は東経124度、後者は123度でFIRの方が少し広い。
2019-11-18-5.png
画像はAircraft Spotsのtwitterのツイートから

その他
2019年12月5日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋(日本国家安全保障局長北村滋訪中)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1721861.shtml 中国外交部


中共中央政治局委員、中央外事工作委員会弁工室主任楊潔篪の招きに応じ、日本の国家安全保障局長北村滋が12月5日から7日まで訪中する。双方は新中日ハイレベル政治対話を開催し、中日関係及び共通に関心を抱く重要問題について意見を交換する。



Google Play公布年度最佳APP 台灣Sleep Town榮登全球17國榜單 YAHOO!
Google Playが公表した今年のベストアプリランキングで台湾の Sleep Town が世界17ヶ国でランキング入りし、Plant Nanny²が6ヶ国でランキング入りした。

中国の002型航空母艦が台湾海峡を通過

中国大連で作られた、中国では国産初の空母と言われている、002型航空母艦が17日台湾海峡を通過している。
共軍航空母艦通過台海 美日軍艦緊跟國軍監控 中央社
軍情動態》中國002型自製航艦出沒!海事公告竟鎖台灣IP 自由時報

中国初の空母遼寧の後、始めて国産された002型空母が、護衛艦を連れ北から南への航路で東シナ海から台湾海峡に進入した。中国大連海事局は今月12日、「渤海で軍事任務を執行すると」情報を発表した、ただ軍事任務が何かは明言していない。中華民国(台湾)国防部は、「国軍は合同情報偵察監視システムを運用し、全過程に軍用機と軍用艦を派遣し、完全に把握し対処し、国家安全と地域の平和と安定の維持を確保している、国民は安心して欲しい」と発表した。

中国の初の国産空母は「001A」と言われていたが、その後「002」と言われることになった。この艦は既に2018年5月、8月、10月、12月,及び2019年2月、5月、8月、10月に試験航海しており、9回目が今月14日でその後大連を離れ、南下し始めた。船にはまだ名前が書かれておらず、戦闘機も載せていない。中華民国国防部の発表では、後方からアメリカと日本の軍艦が追尾して監視しているという。

日本の海上自衛隊の今日のお知らせPDFによると18日~11月28日まで掃海特別訓練(日米豪共同訓練)を行うという。
台湾のメディアのweb版の画面
自由時報(民進党寄り)
2019-11-17-1.png
風傳媒
2019-11-17-3.png
中時電子報(国民党中国寄り)
2019-11-17-4.png

北朝鮮軍用機が台湾南方に出現か

民間の軍事ファンが個人のフェイスブックで北朝鮮の軍用機が台湾南方に出現したと発表した。
軍事迷發現北韓軍機現蹤恆春外海 電碼與美反潛機相同 YAHOO!
軍事迷︰北韓軍機疑似出現在恆春外海 自由時報

民間の軍事ファン許耿睿が今日個人のFacebookで台湾南部で北朝鮮の軍用機を見つけたと明らかにした。許耿睿は曾て海軍レーダー担当の兵士だった。彼は「Flight Finder」(飛行中の飛行機を追跡しているサイトらしい)というサイトで、北朝鮮から来た飛行機が27日台湾南部恒春鎮の外洋を飛行していたのを発見。彼は北朝鮮の飛行機とアメリカの対潜哨戒機の機体番号が同じなのに気がついた。

識別番号(原文は識別編號)「PAF9371」の北朝鮮の飛行機が27日午前8時3分から恒春鎮外洋を飛行し始めた。この飛行機のコード(原文は電碼)とアメリカの対潜哨戒機のコードが同じ1400」だと指摘、これは珍しい状況だと書いた。

「Flight Finder」サイトはこの飛行機は北朝鮮から来たと注釈していた。許耿睿によると、一般民間機はADSHEX番号で調べられる、例えば、899073は遠東航空番号B-28035 飛行機の型式はMD-82、この機のADSHEXは7270C2 資料では「封鎖され調べることができない」とあり、且つ当該飛行機の飛行コースは一般の民間機の飛行路線ではない。このため軍用機と推測した。

アメリカの輸送揚陸艦「グリーンベイ」が23日台湾海峡中間線の東側を南から北に航行したばかりで、対潜哨戒機もいた。そしてこの対潜哨戒機のコードと今回の北朝鮮の軍用機のコードが同じだった、これは稀なことだという。

台湾国軍デジタル迷彩雨具にリニューアル

中華民国台湾国防部は今年七月から新しいデジタル迷彩雨具に全面的に変えた、台風11号が通過する中、初めて災害救助活動に新しい国軍の雨具が登場した。
防水透氣升級 國軍數位迷彩雨衣還可變帳篷 自由時報

旧式の雨具は草緑色の普通の防水布で、雨水の浸透度は一般の雨具と同じだった、ただ通気性が悪く、着脱に粘着感があり長期に使用すると防水機能が劣化していった。

国防部は戦闘訓練及び防災任務時に、着やすく快適な雨具を2017年から開発していた、一年半の研究開発と生産を経て、デジタル迷彩の最新防水通気性の材質で、防水機能と耐久性が大幅に向上したものを採用した。今年七月全面的に交換し、先週の台風11号通過時に初めて現場に登場した。

後勤部補給處營運管理科科長の方君豪上校が今日三組の新しい雨具を紹介した。「大衣式」、「両截式」、「両用式」の三点で価格は約1200元から1700元の間。「大衣式」は士官用で指揮所などで使用し安い。「両截式」は兵士用で災害救助などで使う。「両用式」は行軍戦闘などで使用し、テントになどに変形できる。

告別"雙濕" 陸軍新式迷彩雨衣亮相 | 華視新聞 20190826https://www.youtube.com/watch?v=HE5BQXI5fug


その他
想靠近天國的媽媽! 8歲童攜母遺照攻頂玉山 新唐人亜太電台

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)