FC2ブログ

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2019-12-11)(抜粋)

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2019-12-11)(抜粋)
http://www.gwytb.gov.cn/xwfbh/201912/t20191211_12224801.htm
注意! 中国共産党は中国と台湾が実質的にそれぞれ別の国になっていることを否定するため台湾(中華民国)を「台湾地区」「台湾島」等と言って国家扱いしなかったり、台湾に関係する単語に「」をつけたり、中国を台湾に対する本土という意味で「大陸」(これは国民党も同じ)等と表現します*がここでは原文どおりの表現を使っています。またこのupされた記者会見では打ち合わせしたとしか思えない質問が多く、台湾の記者は国民党や中国寄りのメディアだけで、台湾以外の記者は言わずもがな、全体的に見ると民主主義国でいう記者会見ではなく文字通り中共の方針発布会です。また中国共産党と国民党が主張する「九二共識」は李登輝元総統ら当時の関係者はでっち上げだと否定しています。日本李登輝友の会
*)http://www.digitaling.com/articles/38596.html 中国の報道禁止用語集


12月11日午前10時、国台弁(国務院台湾事務弁公室)は新聞発布庁で「26条の措施」特別記者会見を挙行した。発言人朱鳳蓮が主催し、また国家発展と改革委員会外資副司長鄭持平、科学技術部香港マカオ台弁公室副主任徐捷、市場監督管理総局標準創新司副司長李玉氷、及び国務院台弁経済副局長陳彬華が一緒に「26条の措施」第一から13条の内容及びその他の両岸関係の話題の問題に関しての質問に答えた。

朱鳳蓮:各友人記者おはよう、皆さんの国台弁新聞発布会への参加を歓迎する。11月4日、国務院台弁、国家発展と改革委経商中央組織部等の20の部門が、「両岸経済文化交流協力をさらに促進することに関する若干の措置」(略称「26条の措置」)を実施した。「26条の措置」発布の後、広大な台湾同胞企業の熱い歓迎と肯定を受け、皆さんにさらに詳細に「26条の措置」の具体的状況を理解させるため、我々は今日特別に国家発展と改革委員会外資副司長鄭持平、科学技術部香港マカオ台弁公室副主任徐捷、市場監督管理総局標準創新司副司長李玉氷、及び国務院台弁経済副局長陳彬華を招き、皆さんのために「26条の措置」の中の台湾企業のため同等の待遇を提供することに関する13条の措置を詳細に紹介する。以下皆さん質問を始めてください。

(略)

台湾聯合報記者:民進党は、大陸がこの時に「26条の措置」を実施することは、台湾地域の選挙に干渉する疑いがあると言った、これに対して何か答えはあるか? 第二の質問、「反浸透法」草案が台湾立法機関で第二読会の過程に入った、この挙は台湾企業家青年の大陸に行って就職留学する意欲を低下させるかどうかお聞きしたい?

朱鳳蓮:第一の質問、我々はいままで台湾地区の選挙にまったく介入していない。この前我々は発布会で「26条の措置」の、経済社会の発展している点を押さえる、台湾同胞台湾企業の重視することにより対応する、内包する価値をより高める、受益面をより拡大する、全国に先駆け試行するを体現することを含む5大特徴を紹介した。これらの特徴を示す所以は、我々が「26条の措置」制定過程の中で十分に調査研究し、台湾同胞台湾企業の求めを広範に真剣に聞き取ったからだ。「26条の措置」の中で、ある措置はいくつかの地区で先駆け試行した後、より多くの地区で真似して推し進め、ある措置は一部の台湾企業家台湾企業が特に注目しまた特に参加したがっている新興産業分野に狙いを定めている。これが結局島内の一部の人が言ういわゆる宣誓の意味ではないか、或いは実質的に突破しているのではないか、我々はゆっくりと事実によって語らせていく。(原文は是岛内一些人说的所谓“宣示”意义,还是实质突破,就让事实来说话。下のyoutubeのニュースや記事の内容では、這到底是島內一些人說的这个宣誓意義呢,還是会有實質突破呢? 我们大家就慢慢讓事實來說話。どちらにしてもよくわからない)
選前「釋」利多有關? 國台辦記者會專攻「對台26條」
對台26條措施引質疑 國台辦:從不介入台灣選 中央社

第二の質問、我々は、一時期以来、民進党当局が「法律修正」等の手段を通して絶えず政治的操作をすすめ、両岸の敵意を煽り、両岸の正常な交流往来を縮減抑圧し、実際既に台湾民衆特に台湾企業家学生に恐怖と疑心暗鬼をもたらしていることに留意している。民進党当局がどのように手法を変えようが、目的はすべて両岸交流に参加する台湾民衆を脅し、懲らしめるためだ、既に台湾社会に「緑色恐怖」をもたらしている。彼らのこれによって私の政治的利益を求める企みは、民心を得られない。

(以下略)

スポンサーサイト



2019年12月10日中国外交部記者会見(日中韓首脳会談)

2019年12月10日中国外交部記者会見(日中韓首脳会談)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1723281.shtml 中国外交部


李克強国務院総理は12月24日四川成都で第八回中日韓首脳会談を主催して招集開催する、韓国文在寅大統領、日本の安倍晋三首相が会議に出席する。

今年はちょうど中日韓協力20周年で、三国協力は多くの成果をあげてきた。今回の会談は将来の十年に着目し、三国の協力水準をあげるよう推進し、地域と世界の平和と安定、発展と繁栄を促進する。

問:第八回中日韓首脳会談期間、中韓、中日首脳は二国間会談の予定はあるのか?

答:中国側は今回の中日韓首脳会談の招待側として、周到適切な手配をする。我々は韓、日双方と緊密な意思疎通を行っている。

問:今回の中日韓首脳会談期間、三国首脳会談の他に、中韓首脳は会談するのか? 習近平主席或いは李克強総理は文在寅大統領と会見と会談をするのか? 中国側は会談に関してどんな期待をしているか?

答:私はさっきもう説明した、中国側は今回の中日韓会談の招待側として、周到適切な手配をする。我々はまたこれについて韓国側と緊密な意思疎通を行っている。

中韓はお互いに重要な隣国と協力パートナーであり、現在中韓関係は良好な発展の勢いを保持している。我々は今回の文在寅大統領が中国に来て中日韓首脳会談に出席する重要なきっかけを利用し、韓国側と双方が共通に関心を抱く問題について突っ込んだ意思疎通をすすめる。文在寅大統領が中国側の周到適切な手配に対して満足すると信じている。

2019年12月3日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(米NATO大使の中国批判)

2019年12月3日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(米NATO大使の中国批判)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1721177.shtml 中国外交部


問:アメリカのケイ・ベイリー・ハッチソンNATO大使が昨日アメリカのメディアの取材を受けた時、中国は既に世界に対して「脅威的」な国家になった、各国は中国を「ルールに基づく世界秩序」に組み入れることを考慮しなければならないと言った。彼女は、アメリカはただ公平な貿易を求めているだけで、中国と貿易取引のある国際的なビジネス界や人の誰もがトランプ大統領の中国に対する立場を支持していると言った。中国側はこれに対して何か答えることはあるか?

答:アメリカの駐NATO大使のこの言論は非常に面白い、この大使の自己感覚はとてもいいと言わざるを得ない。「脅威」ということについて言えば、私は今年のはじめ、Pew Research Center が公表した国際世論調査を覚えている、45%の人がアメリカは自国に対して重大な脅威になっていると考えていたのだ。アメリカの一部の同盟国でさえアメリカの現在の世界での役割を喜んでいない。例えば、ドイツとフランスでアメリカを脅威と考える民衆の割合は49%に達していた、日本では66%、韓国では67%だった。それゆえ誰が脅威か、一目瞭然であろう。

「ルール」について言えば、アメリカは「協定破り」「グループ脱退」が習慣化している、既にユネスコ、国連人権理事会等の国際機関を相次いで脱退し、「パリ協定」「イラン核合意」、「INF」等の一連の国際条約を離脱し、また国連「児童の権利に関する条約」「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」等の重要な人権条約の調印も拒否している。世界の多くの指導者と要人が皆、現在世界はまさに多国間主義と一国主義の闘争に直面している、幸いにも我々には多国間主義と国際ルールの側に立つ中国がいると心より感嘆している。

「貿易」について言えば、アメリカは至る所で貿易戦争を起こし、関税という棍棒を思いっきり振り回し、世界貿易秩序を非常に破壊した、自国の企業と人民の利益を損なっただけでなく、世界経済回復の最大の不確定要素とリスクの源になっている。我々の接触したアメリカの実業界の人々を含む世界の人々で、アメリカ一国主義と貿易保護主義に賛同し支持している人は誰もいなかった。信じないなら、あなたが中国で経営しているアメリカ企業の人、或いは中国に来ているアメリカ企業の責任者に聞いてみるべきだ。この前、多くの外国の元要人と各国の実業界の重要人物が2019年「クリエイティブ経済フォーラム」に参加しに中国に来た、彼らの大きな共通認識は、アメリカ側の一国主義の行動に対して憂慮と反対を表明するというものだった。

我々はこのアメリカの駐NATO大使が必ずや自分の国家に対して覚醒した認識を持ち、世界に対して覚醒した認識を持つよう希望する、これが大使としての職責だ。

アメリカ側が焦っているのは理解できるが、いかなる時も道理をわきまえなければならぬ。

2019年11月29日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(中曽根元首相死去)

2019年11月29日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(中曽根元首相死去)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1720234.shtml 中国外交部


問:日本の中曽根康弘元首相が今日亡くなった。中国側はこれに対して何かコメントはあるか?

答:中曽根康弘元首相は日本の長期的展望を持ったベテラン政治家であり、生前中国に対する友好交流と実務協力に熱心で、中日関係の発展を推進するために重要な貢献をした。我々は謹んで彼の逝去に対して深い哀悼の意を表し、彼の家族にこころよりお見舞いを申し上げる。


外交部、中曽根元首相を追悼 「台湾情勢に関心寄せていた」 中華民国国営通信社

2019年11月28日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(ローマ教皇帰国)

2019年11月28日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(ローマ教皇帰国)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1719929.shtml 中国外交部


問:報道によると、教皇フランシスコは日本からバチカンに帰る途中、「私は本当に北京に行きたい。私は中国を愛している」と言った。中国側はこれに対して何か応えることはあるか? 中国訪問に招待するかどうか?

答:我々は関連報道を見た、教皇が表した友好と善意に対して評価する。中国とバチカンの間は良好な意思疎通を保持しており、我々は中国とバチカンの関係改善が進展することを喜ぶ。中国側は中国とバチカン関係を推進することに対しては誠実で積極的だ、双方が行き来をすることに対しては開放的で歓迎する。


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)