FC2ブログ

2016年5月23日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年5月23日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1365671.shtml 中国外交部


問:私は二つ質問がある。インドの大統領は明日広州、北京の訪問を始める。あなたはその詳細を提供できるか? 彼は中国側の誰と会うのか? どんな問題を話すのか? どんな成果を達成するか? 第二の質問、インド東部艦隊は日本の沖縄で開かれる日米印海上合同軍事演習に参加する。中国側はこれに対して何か論評は有るか?

答:習近平主席の招きに応じて、ムカルジー大統領は5月24日から27日まで中国を公式訪問する。この訪問はムカルジー大統領の初めての中国公式訪問であり、また今年の中印両国間の最も重要な高官交流の一つだ。北京訪問期間中、中国指導者は彼と会談、会見をし、中印関係と双方が共通に関心を持つ問題について突っ込んだ意見交換を行う。北京のほか、ムカルジー大統領は広州も訪問する。中国側はムカルジー大統領のこの訪問を重視し、ムカルジー大統領に心のこもった友好的な接待をするだろう。双方はこの訪問の成果について密接な意思疎通を行っている。

中印は同じ急速に発展した新興の大国として、地域と国際舞台での影響力は日増しに大きくなり、既に世界の平和と安定を守る重要な力となっている。近年来、中印関係は安定健全に発展する良好な勢いを保ってきた。2014年の習近平主席のインド訪問とムカルジー大統領の去年の中国訪問を標識として、中印関係は急速な発展の新段階に入った。我々はインド側と共同で努力し、ムカルジー大統領の訪問を契機として、両国首脳が成立させた重要な共通認識を更に具体化するよう推進し、両国の各分野での実務協力を推進し、中印が更に緊密に発展するパートナー関係を構築するよう願っている。

第二の質問に関して、我々は関連報道に留意している。中国は関係国が正常に軍事協力を展開することに対して異議はない。この種の協力が地域の平和と安定に当然役立つものであることを希望している。

問:報道によると中国最高人民法院は一人の中国で拘留している日系ブラジル人を日本で裁判を受けるため引き渡すことに同意した。お聞きする中国側はいつ彼を日本に引き渡すつもりか?

答:私はそれについてはわからない。

台北市が「台北ドーム情報公開サイト」を公開

台北市の新聞稿から


「台北市政府ー台北ドーム情報公開サイト」正式スタート 台北市政府:情報を集め整理し以って民衆の理解に役立てる
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2016/5/22

「台北市政府ー台北ドーム情報公開サイトhttp://taipeicity.github.io/tpe_dome」22日正式スタート、台北市政府発言人林鶴明は表明した、
「台北ドーム工事は設計図と違う工事のため台北市政府が建築法第58条によって工事停止を要求してから、台北市政府はずっと安全性と契約等の問題について解決法を探してきた、また引き続き遠雄ドーム会社に積極的な処理を要求してきた。「将来、台北市政府は『台北ドーム情報公開サイト』を通して、台北市政府の関連活動と情報を集め整理し、以って市民が台北ドーム工事の将来の発展についてはっきりと理解するのに役立つようにする」

「社会が台北ドーム工事の展開に対して相当の関心があるため、台北市政府は将来このサイトを使って、市民に台北市政府の台北ドーム工事に対する明確な立場を報告するだろう、またこれを用いて外界の台北ドーム工事に対する疑いを整理する、特に流れているウソの言論に対してネットを通して真実を示す。将来台北ドーム工事に進展があれば、まっさきにこのサイトに発表する。市民は市政府サイトのトップページのリンクをクリックすることで、すぐに『台北ドーム情報公開サイト』に入ることができる。

「柯文哲市長は自ら登場して、この期間の彼の台北ドーム工事に対する考え方を映像を通して市民全体に報告した。柯文哲市長は映像の中で言っている、台北ドーム工事は前二代の市長に累積し作り出された複雑な問題だ、彼としては、処理しなければならない問題は処理しなければならない、また放っておいて悪化させてはいけない。市長が就任してから、多くの論争に対処して、また自ら遠雄問題を選んで対処した、しかしずっと期待される成果は出なかった(原文は柯市長上任之初,針對許多爭議,也有找遠雄來處理,但一直沒有積極成效。)。最後現場を点検していた時、多くの設計図と違うあのような重大な違約と安全性の問題を発見し、台北市政府は法に依って工事停止を命令した」

「柯市長は映像の中で言った、我々は次の世代にどのような台湾を残すべきか? 安全性は後退させてはいけない、市民のために更に多くの権益を勝ち取るよう頑張る。台北ドームをそこに置いておくだけというのは人々には耐えられないだろう、支持率にも影響するはずだ。しかし支持率に影響するからと妥協し、そして目をつむって合格させてはいけない。柯市長は映像の中で最後に強調した、安全性の堅持は公平正義があり、安全な台北にするためだ、この選択の機会の時、次の世代のため更に安全な台北ドームにするために頑張る、我々は責任を逃れてはいけない」

その他「台北ドーム情報公開サイト」の配置について、林鶴明は表明した、
「台北市政府はトップページに特にいくつかの重要な『数字』を提示し、人々が数字を見ただけで台北ドームの問題がわかるようにする。台北市政府はまた台北ドームの『目標見取り図』、『対策案』について、ネット上に関連情報を集め、市民の参考に供す。将来サイトを更新し、特に人々がよく見る問題とデマについて、完全な真実の情報を提供する。遠雄ドーム会社設計チームPOPULOUS建築事務所上級主管 Andrew James が今年2月ネット上で台北ドームに対して論じた映像の中で、語った多くの事項は事実ではない、そのため台北市政府は台北ドーム情報公開サイトに於いて『流言終結者』を作り、関連デマ内容に対して併せて真実を発表し、以って過ちを正す」


向市民報告大巨蛋:柯文哲篇 https://www.youtube.com/watch?v=XWyzcgXVeDs

中国側は台湾が「九二共識」を認めたら両岸公式交流を続けると声明

5月20日の蔡英文総統就任演説で「1992年両岸両会は相互理解と違う点を保留し一致点を求めるという政治的考え方で、意思疎通と協議を進め、若干の共通の認知と理解を成立させた,私はこの歴史事実を尊重する」と言って、中国の要求する「九二共識」をはっきりと認めることをしなかった。今日中国の国台弁はhttp://www.gwytb.gov.cn/wyly/201605/t20160521_11463274.htmで発表した


国台弁発言人は今後の国台弁と陸委会の連携意思疎通メカニズムについての姿勢を表明した
時間:2016-05-21   来源:新華網

新華社北京5月21日電(記者查文嘩)民進党が台湾で政権につき、国台弁と陸委会の連携意思疎通メカニズムがまだ継続運用できるかどうかの問題について、国台弁発言人馬暁光は21日答えて表明した、「九二共識」この一つの中国の原則を体現する共通の政治的基礎を堅持することをはっきり認めてこそ、両部門の連携意思疎通メカニズムは継続できる。

馬暁光は表明した、2014年2月国台弁陸委会責任者は南京で会い、「九二共識」の基礎の上に両部門の常態化した連携意思疎通メカニズムを打つ建てることを決定した。2年以上、両部門は積極的に相互に意思疎通し、5回の責任者作業会を開催し、両岸ホットラインを作り、密接な連携意思疎通を保持し、多くの複雑敏感な問題を適切に処理し、両岸各界の全面的な同意を得た。両部門連携意思疎通メカニズムの運用は、両岸双方の適時の状況の意思疎通、誤判断の回避、違いの制御に役に立ち、また理解の増進、相互信頼の積み重ねに役立ち、両岸関係の中の幾つかの不可能と思われたことを現実にすることができた。


5月28日に追記:その後5月27日の海基會:520後 兩會聯繫管道續運作 中央社の記事によると、5月20日から海基会への中国の陸委会からのファックスがとだえているという報道に対して、海基会はそれを否定し、連絡は続いていると言った、両者の連絡メカニズムは27日になってもまだ運用されているようだ。

國台辦:需九二共識 才能延續兩岸聯繫 20150521 公視晚間新聞 https://www.youtube.com/watch?v=DIm8j-3HXGQ

2016年5月20日中国外交部記者会見ー蔡英文台湾総統就任演説への反応等

中華民國第十四屆總統蔡英文就職演說https://www.youtube.com/watch?v=LdwJMbrJAK4

中華民国第14代総統蔡英文女士就任演說文 中華民国総統府新聞稿
蔡英文・総統就任演説全文日本語訳 radio taiwan international

2016年5月20日中国外交部記者会見から日本と台湾部分抜粋
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1365177.shtml 中国外交部


問:日本の「朝日新聞」の18日の報道によると、「全米民主主義基金」は今まで少なくとも103の反中国団体に約9562万米ドルの資金援助をして、その中には「蔵青会」、「世維会」等の中国側に明確にテロ組織だと定義されている団体を含んでいる。当基金会の大半の資金はアメリカ政府から提供されている。中国側はこれに対して何か論評は有るか?

答:中国側は「朝日新聞」の関連報道に留意している。これはまさしく中国が公布実施した「境外非政府組織境内活動管理法」の重要性と必要性を一つの側面から裏付けた。中国政府は各国の非政府組織が中国に来て法に従い活動するのを歓迎し、彼らが継続して本国と中国の友好交流のため「正しいエネルギー」を発揮するのを支持する、また必要な物やサービスを提供する。ただいかなる国家であってもどんな境外非政府組織活動が本国の安全と社会の安定に危害を加えることを許すはずがない。それらの中国境内で中国の国家政権を転覆し、中国の国家安全に危害を及ぼし、及び中国国家利益或いは社会公共利益に損害を与える愚かな企みをする組織に対しては、中国政府は法に依って対処する。

問:あなたは蔡英文の就任演説に対して何か論評は有るか?

答:中共中央台湾工作弁公室またの名を国務院台湾事務弁公室の責任者は蔡英文の今日の午前の演説に対して談話を発表する、皆さん注目するべきだ。

私が強調したいのは、一つの中国の原則は国際社会の普遍的な承認を得ており、一つの中国の原則を堅持することはまた中国が世界各国と関係を発展させる重要な政治的基礎であり前提だ。台湾島内*の政局にどのような変化が発生しようとも、中国政府は一つの中国の原則を堅持し、「台独」に反対し、「二つの中国」と「一中一台」に反対する立場は変わらない。
*)http://www.takefoto.cn/viewnews-679682.html

あなたも留意しているかもしれないが、昨日ロシア外交部は明確に表明した、世界にはただ一つの中国しかなく、いかなる形式の「台独」にも反対すると、我々はロシア側のこの立場に対して強い賞賛を表明する。

問:蔡英文就任演説の中で、米日を含む民主国家との協力を継続して深めると表明し、日本側も蔡英文の就任に対して歓迎を表明した。あなたはこれに対して何か論評は有るか?
520蔡英文就職典禮 美麗島大合唱 https://www.youtube.com/watch?v=l69MNtjx4fM



答:私は今言った、一つの中国の原則を堅持することはすなわち中国が世界各国と関係を発展させる重要な政治的基礎であり前提だ。

問:蔡英文はまた表明している、台湾は国際経済貿易協力の中での国際的地位を高め、その他の民主国家との関係を強化するだろうと。あなたはこれに対して何か論評は有るか?

答:我々の台湾の対外交流問題での立場は一貫し、明確だ。一つの中国の原則を堅持することはすなわち中国が世界各国と関係を発展させる重要な政治的基礎であり前提だ。我が国と外交関係を結ぶ国が台湾と民間の経済貿易交流を展開することについては、我々は異議を挟まない、しかし、我々はその国が台湾といかなる形式でも公式交流をすることに断固反対し、その国が台湾企業と主権の内容を持った或いは公式の性質を持った協定に調印することに断固反対する。台湾が多国間の経済貿易取り決めに参加することについては、すべて「二つの中国」、「一中一台」をもたらさない前提の下、両岸実務協議を通して検討されなければならない。


蔡英文就職演說打幾分 李登輝:幾霸分 自由時報
の記事によると、就任演説の後、萬豪酒店で国宴が開かれた、李登輝元総統も曽文恵夫人に付き添われて参加した。ホテルに入る時メディアに就任演説は何点かと聞かれ、「幾霸分!(台湾語で百点)」と答えた。
任總統首同台 馬.李零互動https://www.youtube.com/watch?v=hntkkmcx36c

2016年5月19日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年5月19日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1364827.shtml 中国外交部


問:アメリカのオバマ大統領はまもなくアジア歴訪を始める。訪日中には彼は広島を訪問するだろう、この行動は、アメリカ側の第二次世界大戦中日本に原子爆弾を落としたことについての謝罪だと、一部のメディアは解釈している。中国側はこれに対して何か論評はあるか? ベトナム訪問期間中、アメリカ側はベトナムに対する武器禁輸解除を望んでいる。中国側はこれについて心配しているか? 日増しに緊密化する米越関係をどう取り扱うか?
オバマ大統領、対ベトナム武器輸出の全面解禁を検討 newsweek

答:第一の質問に関して、第二次世界大戦がまさに終わろうとするその時に、原子爆弾が広島と長崎で爆発し、日本軍国主義者の幻想を徹底的に粉砕したと同時に、大量の一般市民に死傷者が出た。日本の無辜の市民が核攻撃の下受けた苦しみは同情に値する。第二次世界大戦全体が世界の人々に残した重要な啓示、それは歴史を鑑とし、戦争の悲劇の再現を避け、第二次大戦後作られた国際秩序をしっかりと守らなければならないというものだ。

我々は、日本側が他国の指導者と政府要人に広島の原爆被害地訪問を手配したのは、多くのアジアの国家と日本の自国の国民に、深刻な災難をもたらした軍国主義の道を絶対に二度と歩ませないと表明したいためだと希望する。

第二の質問に関して、我々は関係国の協力が地域の平和と安定と安全に役立ち、この為に建設的な働きを発揮するよう希望する。

蔡英文主席野党最後の中常会に中国派の暴力団がデモ

今日台湾の民進党は中央常務委員会(中常会)を開いたが、これは蔡英文主席の野党として開く最後の中常会だ。次回の中常会は蔡英文総統の身分で開催される。民進党の阮昭雄発言人によると、中常会で民進党立法院党団柯建銘総召集人は「来週は主席は総統の身分で中常会を主催するので、みなさんは服装を整えて来てください」と冗談を言った。会場の人々は笑いながら「新しい洋服を買わなくては」などと言っていた。会は9階で開かれたが、その頃地上では、通称「白狼」という中華統一促進党総裁張安楽が開いた、民進党への抗議デモが開かれていた。
「白狼」率眾到民進黨部 遞交建言書 自由時報
「白狼」張安樂率眾抗議 蔡英文看窗外:人還不少 ETtoday
白狼將率眾赴民進黨部 警力戒備 中央社
白狼民進黨外抗議 蔡英文:人還不少 聯合報

白狼という人はwikipediaによると竹聯幇という暴力団の元老級人物となっている。白狼らは午後二時頃民進党中央の一階前で千人前後が集会を行い、バリケードで入り口を塞ぎ、台上で劇、歌、演説などを行い、「九二共識を堅持して、両岸の平和を守れ、そうしなければ経済は停滞し、国民の暮らしが悪くなる」と中国共産党や国民党主流派と同じように彼らが考える中国人としての立場を主張した。(民進党は台湾人寄りの立場)阮昭雄発言人によると蔡英文主席は会議室の窓から外を見て「哦,人還不少」と言った。
白狼率眾嗆新政府 網友爆「500元走路工」│三立新聞台https://www.youtube.com/watch?v=2CUTKxLUwe4

2016年5月17日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年5月17日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1364086.shtml 中国外交部


問:中国側はまもなく開催されるG7サミットに何を期待するか? 日本は参加する各国に南シナ海問題について声明を発表させようと目論んでいる、中国側はこれに対して何か論評はあるか? 中国側は今回の会議で鉄鋼生産能力過剰問題について合意が成立する望みがあると考えるか?
G7、鉄鋼の供給過剰問題に対応へ=サミット文書草案 ロイター

答:我々は、G7は自身の立ち位置を正確に把握し、その会議期間討論する内容について明確な定義付けをし、国際実務上建設的な働きを発揮しなければならないと考える。

南シナ海問題に関して、中国側の姿勢ははっきりしている、すなわち域外国家は南シナ海問題において中立、客観的な立場を保つべきで、南シナ海の領土主権と海洋権益に関わる問題においては一方に与するべきではない。中国とASEAN国家は二つの考えを拠り所にしている、一つは南シナ海地域の平和と安定を守る、もう一つは直接の当事国によって対話交渉を通して領土主権と海洋権益論争を解決する。域外国家はこの種の努力を尊重しなければならない。我々は日本側が会議において南シナ海問題を討論しようとすることに対して不満を表明する。

鉄鋼の生産能力過剰の問題に関して、最近我々は何度も意見を発表しまた関連状況を説明した。過去5年、中国政府は巨大な努力を払い、9000万トンの鉄鋼生産能力を削減した。我々はまた更に生産能力を減らそうとしている、「十三五」期間に1億から1.5億トンの鉄鋼生産能力を減らす目標を実現するよう努力する。中国は鉄鋼過剰生産能力への対応面において重要な貢献をするはずだ。同時に、我々はまた、鉄鋼生産能力過剰の主な要因は世界経済の不景気、世界の総需要の下降等周期的な要素及びグローバル産業と分業調整の構造的要素によって引き起こされ、世界的需給の不均衡が引き起こした世界的な問題で、各国の共同の対応、共同の努力を必要とする、と考える。我々は関連会議の参加国が客観、公正な姿勢に基づきこの問題を討論するよう希望する。

2016年5月16日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年5月16日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1363653.shtml 中国外交部


問:クウェートのアルジャーララ外務副大臣は15日、「クウェート政府は第7回中国―アラブ諸国協力フォーラム閣僚級会議の発表した『ドーハ宣言』における南シナ海問題の立場を支持する」、「クウェート側は、中国は国連憲章の原則および『海洋法に関する国際連合条約』に基づき、関係国との協議を通じて南シナ海問題を処理していると考えている」、と表明した。アルジャーララはまた言った、「日本の新聞のクウェート側の南シナ海問題においての立場に関する報道は事実ではない」と。この前共同通信社は、日本の安倍首相と訪問中のクウェートのジャービル首相は会談の後、双方は中国の一方的に東シナ海と南シナ海の現状を変えようとするやり方は東アジアの安全保障環境を厳しいものに変えるとの考えで一致したと表明した、と報道した。あなたはこれに対して何か論評は有るか?

答:我々は最近の日本外交が「添加物」を生産し、それを他国の姿勢表明の中に置いておくという一つの新しい産業を派生させているのに留意している。このような「添加物」はウソを製品の原料とし、いいかげんさを製作手段とし、耳目を混乱させることを生産の目的としているが、しかし最も重要な成分すなわち誠の心というものが欠けているため、このような「添加物」は偽物の劣った製品と定まっており、その道の玄人の物笑いの種だ。

問:アメリカ、韓国、日本は来月初めて北朝鮮の核ミサイルを探知・追跡する三カ国軍事演習を展開する。中国側はこれに対して何か論評は有るか?

答:目下半島情勢は依然として複雑敏感だ。我々は現在の情勢の下、各国がなお冷静さと自制心を保つことができ、情勢の緊張を高める行動を採らないよう希望する。我々は関係各国が、中国が提起した朝鮮半島の非核化実現を、停戦・和平メカニズムの転換交渉と並行して推進するという思考の道筋にしっかりと応え、速やかに朝鮮半島の各問題が再び対話による解決の軌道に戻るよう推進し、東北アジア地域の末永い平和を守る適切な方法を追求するよう呼びかける。

問:日本の新中国大使横井裕は「中国通」と言われている、中国側は彼に対してどんな期待をするか?

答:現在中日関係は総体的に改善している、しかしなお敏感で脆弱だ。我々は日本の新任大使が両国関係を更に改善するために積極的な働きを発揮するよう期待する。

台湾嘉義県知事が静岡の掛川茶畑を視察

張花冠嘉義県知事が日本の静岡県をこの数日訪問していた
張花冠嘉義県知事のFacebookから


静岡を訪問し経験を嘉義に持ち帰る

この数日私達は日本の静岡県掛川市へ行き国連世界農業遺産の一つ掛川茶草場を視察していた、掛川生態環境保護技法お茶栽培経験を嘉義に持ち帰りたい。

所謂生態環境保護技法とは掛川のお茶栽培時、昔ながらに茶畑周辺に各種の草を生やし、草類が成長すると刈り取り茶畑の間に敷き、お茶の木の保温やお茶の木の成長の肥やしとする。先祖伝来の環境保護草栽培技法を通して虫鳥などの生物多様性を造り維持している。

掛川市はこのような古の技法を、日本農林水産省や国連食糧農業機関(FAO)に申請し、三年の準備、半年の審査を経て世界農業遺産の栄誉を獲得した。

掛川は静岡の重要なお茶産地だ、加えて国連農業遺産と静岡県の指導販売が各農家に自前のブランドを打ち建てさせた。掛川には知られた東山のお茶の木で作られたお茶の字がある、観光客が遠くから見ることができ掛川のランドマークとなっている。

嘉義県の茶葉生産と栽培方式は掛川とは違うが、産業調整とブランド形成の上で、私達嘉義が学ぶべき点が多くある。


促茶業交流 張花冠率團訪日 https://www.youtube.com/watch?v=xjlBbZg8GNw

台北と宜蘭の交流検討会

台北市の新聞稿から


台北、宜蘭市政交流検討会に出席 柯文哲と林聡賢相互学習を期待
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2016/5/14

台北市長柯文哲と宜蘭県長林聡賢は今日(14日)双方の多くの部課長を同伴して、桜花陵園渭水之丘を訪れ、また宜蘭県県史館で市政交流検討会を開催し、午後は緑色博覧会と生態緑舟森林公園を訪れた。この行程の中で、柯文哲と林聡賢は二つの地方で相互学習、相互協力ができることを希望した。

市政交流検討会で、宜蘭県長林聡賢は初めに台北市政府団訪問を歓迎すると表明し、宜蘭の様式で気楽に市政交流を進めるよう希望し、また市、県の交流協力、両地の幸せと喜びを促進することを希望した。

柯文哲は挨拶で表明した、
「遠くの親戚より近くの他人だ、宜蘭は台北に近いお隣だ、宜蘭は多くの学ぶべきところがある、宜蘭の観光建設が羨ましい、もし費用効率で考えたら、宜蘭の観光建設は台北よりいい」

「現在栄養昼食の有機食を推進する田園都市構想がある、原料提供或いは経験の提供にかかわらず、宜蘭は重要な基地だ、相互学習できることを期待する」

これより前に柯文哲は渭水の丘でメディアのインタビューを受けた
記者:雪山トンネルの渋滞について

柯文哲:雪山トンネルは少し渋滞する、世界の交通は公共交通機関を主としている、もしみんなが乗用車で移動したら渋滞するだろう、公共交通機関をどう運用するかが地方政府の努力目標だ。

記者:今日の行程では渋滞で一時間遅れた

柯文哲:知らなかった(笑)バスの中ではスマホをいじっていたので外の天気や時間はわからなかった。

記者:世論調査で支持率を下げたことは台北市の交通政策が原因と考え、交通局長に対して不満だと報道されたが?

柯文哲:部下をとがめてはいけない、トップに最大の責任がある。多く反省して、交通については多く説明しなければならない、まず横の連絡を取り、そして民衆に説明する、この説明は論述しなければならない、例えば自転車通行路はいい政策だがそれだけではなく全体の通行環境の改善、歩道の設計、街道の景観等を含む全てを合わせて論ずる、ただ自転車道路の話だけだと、それのみだとみんな考える。通行環境全体の改善、政治は論ずる必要がある。(柯文哲說這些都不能怪屬下,長官還是要負最大責任,還是有做很多反省,交通還是要有論述,首先是橫向溝通,再來是要對民眾說明,這個說明就要有論述,比如說自行車道是好的政策,但不是只有自行車道,而是整個行人空間的改善,包含人行道設計、街道景觀等,全都合在一起,若只說自行車道的話,大家會以為只有做自行車道。他再次強調這就是整個行人空間的改善,政治還是需要論述。)

記者:世論調査支持率下降の原因は何か?

柯文哲:他人をとがめてはいけない、もう一度整頓して新しく出発するのがいい(柯文哲表示不能怪別人,倒是重新整頓出發會好一點)。

記者:交通局長鍾慧諭を怒鳴ったと報道されたが、交通局長には満足しているのか?
要交通局長走人?柯P:我的辦公室被裝有聲錄影機? 自由時報

柯文哲:(笑)私の執務室に盗聴器や盗撮カメラでもあるのかな、記者の話は真に迫っている。

(以下略)


民調跌向交通局動怒? 柯P澄清:不能怪下屬 https://www.youtube.com/watch?v=5khMHFK0RVI


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)