FC2ブログ

台北市保健衛生ボランティア表彰式

台北市の新聞稿から


106年度台北市衛生保健志願のボランティアと団体の模範表彰大会に出席 柯文哲:ボランティアは台北市の衛生保健システムの最も重要な人的資源だ
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/11/30

台北市長柯文哲は今日(30日)106年度台北市衛生保健志願のボランティアと団体の模範表彰大会に出席し、挨拶で語った、
「まず私は各表彰されたボランティアの人たちにおめでとうと言いたい、同時にまた皆さんが台北市の隅々で市政府と協力して衛生保健の面で一緒に市民の健康を保障していることに感謝する」

「時代の変化に連れて、現在は既に病気になってから治療するのではなく、予防を重視するようになっている。当然私が最も理想的と考えるのは病気にならないことで、たとえ病気になっても軽い病気で済ます、軽い病気は大病にならないようにする、たとえ大病になっても死には至らないようにするということだ。それゆえ、現在全台北市の85ヶ所の衛生部門にいる衛生保険のボランティア、およそ1万2000名前後の人の膨大な力が台北市を助け、衛生保険から、地域の健康相談、病院と救急室での車いすの介助、ワクチン注射の手助け、果ては認知症の老人等の長期介護まで、十分に重要な手助けをしてもらっている」

皆さんが他人の健康の世話をすることに加えて、自身の健康にも注意するよう希望する。ボランティアは台北市の重要な人的資源だ、例えば、ユニバーシアード成功の秘密の一つが、1万8000名のボランティアだ、もしこれらのボランティアの助けがなかったら、ユニバーシアードは相対的に平凡なものになった可能性がある。同じ理屈で、台北市の衛生保険はもしこれらのボランティアの助けがなかったら、衛生保険システムは壊れるかもしれない、だから私は再度ボランティアの皆さんに感謝の意を表したい」

メディアのインタビュー
記者:里長に扁額を送った問題に関して

柯文哲:地域の交通改善計画は里長の協力が必要だ、推進し始めた時に各地区の住民の意見の違いに遭い困難があった、それゆえ、私当時宣言で456の里を含む台北市全体で、上位30名が地域交通改善計画の完成程度が80%に達していた、それでその里長を表彰した、だから扁額の贈呈は当初地域交通改善計画を推進したいと思った時に思いついたやり方だ、この計画を成功させるために里長の協力が必要だったのだ。

記者:扁額を贈るのは古い政治のやり方ではないのか、新しい政治を標榜する以上なぜ扁額を贈るのか、且つ扁額は高いはずだ(5000元、今日のレート1台湾ドル = 3.73932584 円)

柯文哲:これは票と運動員を買収しているのではない、また上位30名の里長にだけでその他の里長には配ってはいない、また里長に協力をお願いするためのやり方だ、だからこれは計画推進の一環だ。およそはじまりが難しく、30名が前に立って推進してくれた、後ろでフォローするもんだろう」

(中略)

記者:大陸のメディアが、市長は台湾の第三勢力になり、且つ蔡英文総統が就任して以来(批判が蔡政権に向かい柯文哲側が)春を迎えたと言った。
柯文哲当选台北市长三年 他如何玩转岛内政坛? 新浪新聞(基本的に市長を褒めて民進党をけなしている記事)
http://news.sina.com.cn/c/2017-11-29/doc-ifypapmz6040620.shtml

柯文哲:(苦笑して)私を困らせるなよ。
(後略)


遭控「送匾額綁樁」 過去省過頭 現在"不能省"柯文哲市長被酸爆 |記者陳君傑 謝孟哲|【LIVE大現場】20171130|三立新聞台https://www.youtube.com/watch?v=UrPrnJxM7IE

その他のニュース
吳敦義訪泰北 盼國民黨否極泰來 中央社
他們是被解放軍打殘的國民黨潰軍,讓緬甸政府頭疼了二十年 每日頭條
https://kknews.cc/zh-hk/history/a8mmjn.html


共機頻繞台 中國國防部:例行訓練 中央社
スポンサーサイト



国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2017-11-29)(全文)

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2017-11-29)
http://www.gwytb.gov.cn/xwfbh/201711/t20171129_11874030.htm
注意! 中国共産党は中国と台湾が実質的にそれぞれ別の国になっていることを否定するため台湾(中華民国)を「台湾地区」「台湾島」等と言って国家扱いしなかったり、台湾に関係する単語に「」をつけたり、中国を台湾に対する本土という意味で「大陸」(これは国民党も同じ)等と表現します*がここでは原文どおりの表現を使っています。またこの記者会見のテキストでは中国寄りの質問しか掲載されていませんし、台湾の記者は全て国民党や中国寄りのメディアだけです、台湾以外の記者は言わずもがな、全体的に見ると民主主義国でいう記者会見ではなく文字通り中共の方針発布会です。また中国共産党と国民党が主張する「九二共識」は李登輝元総統ら当時の関係者はでっち上げだと否定しています。日本李登輝友の会
*)http://www.digitaling.com/articles/38596.html
《权威发布》 20171129 国台办举行新闻发布会 发言人就海峡两岸热点议题答记者问 | CCTV-4https://www.youtube.com/watch?v=U0OLN0ZB4zg


11月29日午前10時、国台弁(国務院台湾事務弁公室)は新聞発布庁で定例新聞発布会を挙行した。発言人馬暁光は最近の両岸の注目の問題について記者の質問に回答した。

馬暁光:各メディアの友人たち、皆さんおはよう。以下私がみなさんの質問を受ける。

央視記者:台湾のメディアが最新の世論調査を明らかにし、現在島内の民意に比較的大きな転換、統一を支持する割合が上昇し、「台独」の割合が下降する傾向が出現し、多くの民衆が大陸に来て就職、進学したいという願いがどんどん強くなるなど大陸に対するいくつかの印象が更に肯定的になってきた、発言人はこのような民意の転換に対してどう論評するか?
本報點評--台灣民調對兩岸關係的微妙變化 YAHOO!

馬暁光:両岸同胞は運命を共にする骨肉の兄弟であり、血は水よりも濃い家族である、大陸が得た巨大な成果と遂行する台湾に対する方針政策が、益々多くの台湾民衆に、我々が台湾同胞のために幸せを謀る事が真心からであり、両岸同胞は運命共同体であり、大陸の発展は台湾に対しての威嚇ではなく、チャンスであると認識させるようになったのだ。そして「台独」は両岸同胞の根本利益と台湾同胞の切実な利益に損害を与えるものだと認識させるようになり。そして両岸関係の平和的発展を守り、両岸経済文化交流を拡大し、両岸経済社会の融合発展を推進することは、自身の幸せを増やすことに役に立つということなのだ。我々は信じる、大陸の繁栄進歩に連れて、この趨勢はまだまだ大きくなるのだ。

中央電視台海峡両岸記者:近日第一回海峡両岸学生野球リーグの決勝が深センで挙行される、発言人は関連状況を紹介してください。近いうちに両岸の間の体育交流面でまだ何か重要な行事はあるか? これも紹介してください。
第一届海峡两岸学生棒球联赛总决赛深圳筹备工作准备就绪   深圳新闻网
http://www.sznews.com/news/content/2017-11/29/content_17876459.htm

馬暁光:第一回海峡両岸学生野球リーグの決勝が12月1日から6日まで広東省深センで開催され、両岸の合計32の大中小の学校のチームが、64回の試合をする。海峡両岸野球リーグが今年始まってから、予選から準決勝決勝に至るまで両岸の多くの都市に跨がり、両岸百余りの大中小の学校が参加するということは、広く注目された青少年の野球大会であり、また両岸青少年体育交流の盛大な大会であるということだ。深セン市は既に各種の準備を整え、また「素晴らしい都市、素晴らしいスポーツ」このスローガンを打ち出している、両岸から集まる野球少年たちを歓迎する!

別に、初の海峡両岸武術交流会の決勝が12月2日北京で開催される、試合はネットの競技と現場の競技が結合した方式で進行する*。現在まで、既に北京、天津、河北等の省市と台湾から5000人あまりが参加して、行事が終わるときには万を超える人が参加する予定だ、その中の台湾地区は百チーム約800人が参加申し込みをしている。ネットのプラットフォーム上では15万人のいいねと支持を獲得し、120名の台湾の選手が決勝の段階に進んだ。その時彼らは大陸各地から来た武術名人と首都で起居を共にし、技術を切磋琢磨し、武を以って友に会い、共同で中華の伝統武術文化と中華の武徳を宣揚するだろう。
*)意味がよくわからないが、ネットで型の審査をするということか?

深セン衛視記者:最近慶富事件が島内で注目されている、島内で慶富公司が大陸で大型投資をし、大量の資産を大陸に移転したのではないかと疑う声が出ている、発言人は関連状況を知っているか?
国防部、当時の海軍司令らを懲戒処分 国産軍艦建造で過失 中央社

馬暁光:私はあなたが言ったその状況を知らない。我々は、最近発生した島内の慶富事件で大騒ぎになっていることに留意している、真相はどうなのか、台湾内部のみに答えを捜すことができる。

福建厦門衛視記者:何日か前ある台湾メディアが、何日か前上海で開催された両岸青年学者論壇期間、参加した台湾学者が盧麗安*が挨拶する時集団で席を立ったと報道した、これについて状況を知っているか?
*)台湾出身の党代表「台湾も大陸も愛せる」=中国共産党大会 中央社

馬暁光:台湾のいくつかのメディアの報道は無責任で、また別に下心がある。11月18日復旦大学台湾研究センターと上海台湾研究所連合で両岸青年学者論壇と復旦大学第三回青年学者論壇を開催し、台湾大学、政治大学、成功大学、台湾経済研究院の十数名の専門家学者が参加した。両岸学者は「十九大の対台湾論述と両岸関係に対する影響」等をめぐる議題で検討し、熱く相互交流し、雰囲気は良かった。期間中極少数の台湾学者が開幕式と記念撮影に参加しなかった、ただいわゆる「集団欠席」は存在しなかった。

新華社記者(中共の中国国営通信社の記者):李明哲事件は昨日湖南で一審の判決が出て、島内メディアの強い関心を引き起こした、このことについて何か論評はあるか?

馬暁光:11月28日午前、湖南省岳陽市中級人民法院は法によって彭宇華、李明哲に対して国家政権転覆の事件で一審の判決を出した、彭と李の二人は当法廷で判決に服し、上訴はしないと表明した。裁判所側は全過程を段取りし法廷の審理判決の実際の状況をビデオ放送した。判決が終わった後、裁判所は両名の被告人と家族との面会を別々に手配した。

私が指摘したいのは、当事件の捜査審理の過程において、大陸の担当し処理した機関は法律規定と法定手続きに厳格に従い事件を処理し、犯罪事実、性質、経緯と社会に対しての危害の程度に厳格に基づき法によって判決をし、十分に被告人の合法権益を保証した。

ここで私は再度協調しておかなければならない、大陸は法治社会である、いかなる組織と個人であっても大陸では大陸の法律規定と社会公共秩序を尊重と遵守をしなければならない、法律に触れれば誰でも法律の追求を受けなければならない。この事件を利用して政治的に騒ぎ立て、両岸同胞の感情的対立を挑発するいかなる企み、やり方も全て無駄だ。

台湾「中央社」記者(中華民国国営通信社の記者):李明哲は初めて国家政権転覆の罪で判決を受けた台湾人のはずだ、有期徒刑五年に加え、政治的権利を二年間剥奪された、発言人にお聞きしたい台湾民衆は大陸でどのような政治的権利を有しているのか? 第二の質問、判決結果がでた後、台湾側は「完全に受け入れることはできない」と表明し、また「判決結果は両岸関係を非常に傷つけた」と言った、お聞きするこのような言い方に対してどう答えるか? 最後にもう一つ、李明哲の妻李浄瑜が大陸に来る時付き添った台湾元「立法委員」王麗萍が長沙空港で台胞証が取り消しに遭ったことで台湾に送還され、台湾側は不満と遺憾の意を表明した、これについてはどう回答するか?

馬暁光:李明哲事件の審理判決の事情に関して、私は再度何点か補充強調しておく。第一、李明哲犯は国家政権転覆の罪で、犯罪事実ははっきりし、確実な証拠が十分あり、組織的、計画的で実行もされていた。台湾の一部の人は事実を無視し、むやみに大陸を攻撃している、これこそが両岸関係をひどく傷つけるものだ。李明哲のやることなすことが大陸の安全と安定に危害を与えるか否かは、大陸の法律によって判定しなければならないのであって、台湾当局と少数の政治組織の主観と偏見によって判定するのではない。

第二、お互いの発展に対する道と社会制度の選択を尊重すること、これは両岸の間の発展関係の最低限の線だ。我々は台湾の現有の社会制度と台湾同胞の生活方式を尊重する、しかしこれは台湾側が自己の政治理念を大陸に押し付ける事ができるという意味ではない、また台湾のわずかの人間が「民主自由」の看板を振りかざして大陸の法律を気ままに犯せることを意味しない。私は、絶大多数の台湾民衆はこのような「共感(原文は同理心)」力があると考える。

第三、歴史的原因によって、両岸は違う発展の道を選択した。台湾社会の民進党当局執政のもとでの状況はどうか、台湾民衆の自らの切実な体験と判断があるだろうと信じる。しかし大陸では中国共産党の指導の下、中国の特色ある社会主義事業が世界に注目される成果を得て、政治、経済、社会、文化、エコ文明建設が全面的に推進され、人民の生活水準は大幅に改善され、国際的地位と影響は顕著に上昇し、中華民族は立ち上がり、豊かになるところから強くなって偉大な飛躍を迎えるまでになったのだ、歴史上のいかなる時期に比べても中華民族の偉大な復興の目標に最も近づいている。事実が既に証明している、我々が行くところの中国の特色ある社会主義の道が広大な人民の根本利益に最も合致し、人民大衆の心からの支持を得ている、これがまた益々多くの台湾同胞を客観的、理性的な視点で大陸に向き合うようにさせているのだ。

目下、我々は十九大が計画した発展の青写真に基づき、二つの百年の努力目標を実現し、今世紀中葉までに富強、民主、文明、調和の取れた、美しい社会主義の近代化された強国を打ち立てるため奮闘努力している、我々は未来の両岸関係の発展に対して十分な自信がある。

あなたが提起したもう一つの質問に関しては、規定に基づき、台湾同胞は有効な身分証を持つ者はみな正常に大陸と行き来できる、極小数の人間が入境できない原因は、自分が一番よく分かっているはずだ。ここで私はやはり強調したい、李明哲の家族は今回岳陽市に行き判決の傍聴をした、台湾側には随行員がいた。

海峡之声広播電台記者:両岸「金融三会」すなわち銀行、証券、先物と保険業監視監督機構が開催する監視監督協力会議は中断して既に二年近くなった、何日か前台湾関連部門の責任者がこれについて表明し、対等の原則の下、形式、場所状況に拘らず両岸の対話を進めても良いと言った。両岸金融主管部門の責任者は会談を再開するのか?

馬暁光:私はあなたが提起したその方面の計画があると聞いていない。去年、台湾政局に重大な変化が発生し、両岸連系意思疎通と協議話し合いのメカニズムが中断した、両岸金融主管部門責任者の交流もまた影響と衝撃を受けた、原因は誰もが知っている。

福建海峡導報記者:最近島内のある一部のメディアが所謂「解放軍戦闘機台湾一周四回」のテーマを騒ぎ立てている、我々が資料を確かめた後発見したのは、「台湾一周説」は実際は相当こじつけだ、お聞きするこの種の人為的に両岸の緊張を作り出すやり方をどう取り扱うか?

馬暁光:最近の解放軍軍機の関連活動は計画内の定例の訓練だ、具体的問題はあなたが国防部側に問い合わせてください。私が思うに、台湾海峡安定の最大の保障は「台独」に反対し、「九二共識」を堅持し、両岸の平和的発展の道を歩むことだ。

中国国際広播電台記者:我々は、何日か前厦門航空の台湾籍のキャビンアテンダントが正式にフライトについたことに留意している、これは台湾青年就業創業基地の第一期の学生が正式に仕事をはじめたということだ、発言人はこれについてどう評価するか?

馬暁光:近年来、我々は各種の措置を行い、積極的に台湾同胞、特に台湾青年が大陸に来て学習、創業、就職、生活するために利便性を提供してきた。私が思うに、厦門航空側が積極的に中央の対台湾政策を実行し、率先して彼らが採用した台湾キャビンアテンダントの就労を実現した、これは大変喜ばしいことだ。

香港中評社記者:第三回両岸メディア人北京サミットが最近北京で開かれ、我々は両岸のメディア人が共同で両岸ニュース交流30年の道筋を回顧整理するのを見た。お聞きする、両岸ニュース交流30周年に対してどう評価するか? あなたは将来の両岸ニュース交流に何を期待するか?

馬暁光:今年は両岸交流開始30年だ、当然両岸ニュース交流開始からも30年だ。30年来、両岸ニュース交流は無から有、小から大、一方通行から相互交流へと、交流のパイプは徐々に広がり、内容は豊富になり続け、形式は日増しに多様になり、人員往来、相互訪問交流、原稿互換、原稿印刷提供、共同取材、撮影協力、番組導入、人材養成等の多くの面で良好な協力の成果をあげている。両岸関係の新しい情勢の下、特にメディア集約の時代に、我々が望むのは、両岸のメディア人は中華民族の根本利益に合致する方を向き、更に適時客観的に両岸の情報を放送し、絶えず両岸同胞の相互理解を増進し、より多く両岸同胞の交流協力の話を報道し、両岸同胞の魂の結合を促進し、中華文化を更に宣揚し、中華民族の発言権を拡大強化し、両岸関係の平和的発展を推進するため良好な世論ムードを作り上げなければならないということだ。

中新社記者:福建師範大学両岸文化発展研究センターと福建師範大学文学院と台湾中華文化教育学会(台湾の国民党系の中国寄りの団体のようだ)合同編集の両岸高校国語教材が、この学期ある台北の高校で使用されはじめ、学生の歓迎を受けている、ただ「台独」の人間の中には、これは大陸の「統一戦」の行為だと言う者がいる、発言人はどう論評する?
兩岸合編國文教材 台灣多校採用 自由時報

馬暁光:所謂「統一戦」の言い方は全く根拠がない。両岸文化は同根同源で、広く大きく精緻で深い中華文化は海峡両岸に深く根をおろし繁栄しているだけでなく、全世界でもまたますます広範に認められて来ているのだ。このような背景の下、近年来両岸教育分野の交流協力は強化され続け、いくつかの喜ぶべき成果をあげ続けている。凡そ中華の優秀な文化を共同で継承宣揚するのに役立つことなら、我々はどれも肯定と支持をするのだ。

香港鳳凰衛視記者:李明哲案件に関して、判決がでた後台湾側のある分析では、これは大陸側が台湾に対して強硬な信号を伝えたのだと考えている、このような論評をどう見るか?

馬暁光:まず、我々は法治国家であり、李明哲この事件の審理が全面的に法治国家の精神を体現している。第二、私は再度強調したい、党の十九大で確定した台湾に対する各政策方針は変わっていない、我々は引き続き両岸関係の各分野において徹底して実現していく。

人民政協報両岸経合週刊記者:最近パナマの大統領が中国を訪問した時、パナマと中国の国交樹立は台湾のラテンアメリカ地域の所謂「国交樹立国」に対して模範となる働きをするであろうと言った、発言人はどう評価しますか?

馬暁光:一つの中国の原則は国際社会の普遍の共通認識なのだ、一つの中国の原則を堅持することもまた人心の向かう所、大勢の趨くところだ。

中国台湾網記者:第54回金馬奨授賞式が11月25日台北で開催され、大陸の映画人が多くの重要な賞を獲得した、ある評論では、両岸の映画事業の分野では相互交流が続いている、しかし政治関係の面では逆に台湾当局が終始「九二共識」を承認しないため停滞或いは後退というところまで陥っている、発言人はこれについてどう評価するか?

馬暁光:ここ数年、大陸の文化事業の絶えざる発展と進歩に連れて、大陸映画は世界各国の映画祭で受賞することも何ら珍しいことではなくなっている。我々の態度は一貫しており、我々は両岸文化交流を奨励し、両岸映画人が交流を強化し、理解を深め、共同で中華文化を宣揚するのを見るのを楽しみにしている。

福建海峡衛視記者:何日か前馬英九は東呉大学の講演で、統一は政治家によって決定されるのではない、両岸人民によって決定されるのだと言った、この言い方に対してあなたはどう見るか?

馬暁光:両岸の統一を実現することは、中華の子女全体の共通の願いであり中華民族の根本利益もまたそこにあるのだ。当然我々は人民は歴史を創造する原動力であると信じる、それゆえ国家統一の問題の上で我々は台湾人民に希望を寄せるのだ。ただ同時に私は、台湾の政治家は少なくとも統一を邪魔することをしてはならないし、国家を分裂させるようなことは更にしてはならないと思うのだ。

新華社記者:台湾立法機構は所謂「蒙蔵委員会組織法」を廃止すると決議した、ある評論では、これは「脱中国化」に向かう新たな一歩だと言った、発言人はこれについてどう論評するか?

馬暁光:我々は関連報道に留意している。大陸と台湾は同じく一つの中国に属し、両岸は「国と国の関係」ではない、この法的根拠と現実は変えさせない。

福建厦門衛視記者:二度目の質問、何日か前我々は商務部が発布した統計データを見た、今年の1月から9月までの台湾企業の大陸への投資金額は大幅に増えている、同期比37%の増加だ、しかし台湾の関係部門の統計データは反対だ、あなたはこれについてどう論評する?

馬暁光:十八大以来大陸の改革深化、開放拡大は台湾商企業家や企業が大陸で発展するのを奨励支持する一連の政策措置を押し出し、台湾商企業家や企業が大陸で投資し事業を設立し、根を下ろし発展するため良好な条件を創り新しい環境を開拓している。台湾企業家の投資はゆえに良好な勢いを保っている。あなたが提起した統計データ面の差異に関しては、双方の統計規格の不一致が関係しているのかもしれない、具体的業務の問題は商務部に問い合わせてください。

深セン衛視記者:アメリカの時期国防次官補 Randall G. Schriver は最近、アメリカは自国の「一つの中国政策」を持っており、米台軍艦相互訪問はアメリカの「一つの中国政策」に完全に合致していると表明した、発言人はこれについてどう論評するか? 別に、日本は最近全力でCPTPPを推進している、島内では蔡英文当局が日本の放射能汚染地域の食品輸入を解禁することを手づるとして、CPTPPへの第二陣加入の話し合いを勝ち取る可能性があると盛んに報道されている、発言人はこれについてどう見るか?

馬暁光:第一の質問、一つの中国の原則を堅持することは国際社会の普遍的共通認識であり、また中米関係発展の政治的基礎でもある、更に台湾海峡安定の礎石でもある。アメリカ側が一つの中国の原則を厳守することは中米双方の共通の利益に合致する。我々は米台軍事関係の発展に断固反対する、アメリカ側は十分に認識しなければならない、台湾問題は中米関係の中で最も重要で、最も敏感な問題であり、中米関係の大局を損なうようなことをしてはならない、と。

第二の質問、我々は我が国と国交樹立をしている国が台湾側と公式交流を発展させ、主権の意味と公的性質を具えた協定を調印することに断固反対する。台湾島内の経済政策上で発生したいくつかの事情に関して、我々は論評しない。私は台湾民衆の世論が分かっているだろうと思う。

福建海峡衛視記者:少し前福建省委員会書記、省長(知事)于偉国は、台湾企業と大陸企業、台湾居民と大陸居民を基本的に同等の待遇にするよう率先して推進すると言った、お聞きする福建は将来両岸居民が同等な待遇を受ける先行テスト地域となるのか?

馬暁光:目下、各地方、各部門では十九大の対台湾工作の精神、特に徐々に台湾同胞が大陸で学習、創業、就業、生活をするために大陸同胞と同等の待遇を提供し、台湾同胞の幸せを増進し、両岸経済社会の融合発展を推進することを、深く徹底実行している。福建省委員会、省政府はこの面で率先して実行し、前を歩いている、我々は支援していく。

今日の発布会はここで終わる、謝謝皆さん。

台湾の非政府組織活動家李明哲氏を中共が懲役5年に

台湾の非政府組織活動家李明哲氏が今年3月中国で捕まった。今日中国の湖南省岳陽市中級人民法院で李明哲氏は国家政権転覆罪で懲役5年、政治権利剥奪2年の判決を受けた。
李明哲遭指積極參加顛覆 判刑5年放棄上訴[影] 中央社
中国の民主化人士の彭宇華氏と李明哲氏は一緒に判決を受けた。彭宇華氏は懲役7年政治権利剥奪2年だった。二人共控訴はしない。中国の刑法105条では、国家政権転覆、社会主義制度の破壊を組織し、計画し、実行した者は首謀者或いは罪の重大な者は無期或いは10年以上の懲役。積極的に参加したものは、3年以上10年以下。その他の参加したものは、3年以下の懲役、拘束、監視或いは政治権利剥奪とある。

起訴文では、「二人はネットのサイトでメンバーを集め組織し、近年の中国で発生した事件に手を出し、でっち上げた。二人は2012年10月から11月の間、党を創って中国の国家基本制度をひっくり返す組織『梅花公司』を作る討論決定をした」という。

台湾の中国政策を担当する中華民国行政院大陸委員会、通称陸委会は新聞稿を発表して中国を非難した。


李明哲事件の判決結果は受け入れることは出来ない、大陸側が一日も早く釈放して台湾に還すよう要求する
發布日期:106-11-28

11月28日中國大陸湖南省岳陽市中級人民法院は「國家政権顛覆罪」で李明哲先生に有期徒刑五年,政治権利剝奪二年の判決を下した。行政院大陸委員会は表明する、民主の理念を広めることは無罪だ! 李明哲先生は中国大陸の社会公益と未来の発展に対する関心に基づき、中国大陸の友人と台湾の民主の発展経験の言論とネットでの伝達交流をしたので、中国大陸の安全と安定に危害を加えてはいない。このような結果に対して我方各界は受け入れることは出来ない。民主と人権等の普遍的価値と完全に背離しており、必ず両岸交流に対して重大なマイナスの影響をもたらし、また中国大陸の国際的イメージに衝撃を与える。我々は、大陸側が一日も早く李明哲を釈放しなければならないと要求する。

我々は指摘する、台湾社会は李明哲の安全と自由を注視しており、大陸側は李明哲先生が大陸にいる間からだの健康を確保しまたそのあるべき権益を保障しなければならない、大陸側はまた関連規定によって家族が法に依って面会できる李明哲先生の権利を確実に保証しなければならない。我々は、李明哲は我々の国民であり、政府は引き続き李明哲先生が無事に台湾に帰るまで努力すると表明する。
新聞聯絡人:林書玭


中国外交部の記者会見で見せたのは例によって木で鼻をくくったような態度だった。


問:今日中国側は李明哲に判決を下した。これは中国側がホンコン・マカオ、台湾の非政府組織に対して更に強硬な態度をとるということを表明しているのか?

答:これは外交問題ではない。この前、関係部門がこの事件の状況を説明した。関係部門に聞いてください。


李明哲遭重判 趙思樂:北京當局對台灣示威 自由時報
中国のジャーナリスト趙思楽女史は李明哲への量刑は中国での人権派の人たちへの量刑に比べて重い。これは当局の台湾に対する政治的シグナルで、台湾に対する示威の意味合いが濃厚だと言った。
李明哲案宣判!中國控顛覆國家政權 判5年徒刑-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=HX01P04SVCw


その他
共軍改派軍艦擾台!揚州號等3軍艦今通過我東部海域返航 蘋果日報

台北市立中山女子高校創立120周年

蔡英文総統の母校でもある日本統治時代に設立された台北市立中山女子高級中学台北市立中山女子高級中学(高校)が創立120週年を迎えた。日本語wikiを引用すると


台北市立中山女子高級中学は、中華民国台北市にある全日制女子高。前身は1897年に設置された「台湾総督国語学校第一附属学校女子分教場」まで遡ることができ、台湾女子教育の嚆矢である。日本の女学校時代の伝統を継承し、現在でも台湾屈指の女子教育機関として地位を獲得している。


と解説してある。台北市の新聞稿から


「三つの世紀を跨ぎ、中山の情を伝承する」映像展−中山女子校大還暦の記念日を祝う
發布機關:臺北市政府教育局
發布日期:2017/11/27

臺北市立中山女子高級中學採訪通知 請轉交文教記者
單位:臺北市立中山女子高級中學
地址:臺北市中山區長安東路二段141號
學校聯絡人:中山女高秘書    張馨仁

台湾で初めての公立女子中等学校である台北市立中山女子高級中学が、今年12月8日創立120周年の記念日を迎える。この三つの世紀に跨る歴史の風華を記録するため、学校当局は台北市青少年発展処藝文サロン(Y17)を借りて、「三つの世紀をまたぎ、中山の情を伝承する」の名前で記念日映像展を開催する、各界の参観を歓迎する。

 中山女高の歴史は悠久で、1897年設立から今まで何度も校名を変更し、4度の移転をし台北市の著名な卓越した高校である。学生の各面での成績はどれも素晴らしく、卒業生は各分野で活躍している。例えば、日本統治時代の著名な画家陳進。著名作家林文月、瓊瑤、朱天文。聯合報創始者王效蘭、キャスター方念華、李晶玉、哈遠儀。芸能人陶晶瑩、呉倩蓮等。更にその中に中華民国史上初めての女性総統蔡英文が含まれる*。
*)蔡英文総統が母校の卒業式で講演した記事がこちら
蔡英文総統母校の中山女高の卒業式に出席

今回の記念日映像展は在校生の投稿作品以外にも、社会各界と歴代の校友にも広く昔の写真を募集しており、過去と今の映像を対照することを通して、中山女高の様々な顔を展示できるのではないかと期待している。同時に、過去120年の間の台北というこの都市と教育の転変によって、真実かつ深い記録を残している。
120年、第三高女から北ニ女まで、更に現在の中山女高まで−
私達の周辺が一面何もない畦道の走る水田から、車の行き交う金融商業の要地になるまで。
私達民国26年落成の逸仙楼は既に台北市の三級古蹟になっている。
私達の制服は日本式のセーラー服から現在の白衣黒スカートに至り。
私達の授業は弓道、生花、茶道から多元的な探求、問題解決になった。
……
あなたはそれぞれの時代の中山を見たか? 映像展にいらっしゃい!
一緒に百年の歴史を有する芳醇な香りの中山女高を知ろう。

今回の展覧は無料開放参観だ、関連情報は以下。
展覽日期:11/21(二)~12/17(日)
開放時間:上午9:00到下午1700
展覽地點:青少年發展處五樓藝文沙龍-Y17(臺北市中正區仁愛路一段17號)

メディアの方の取材を歓迎する!



その他
雄三飛彈射程增至400公里 中科院上週完成測試 自由時報
台湾の雄風三型対艦ミサイルの改造型が完成し射程が400キロになった、来週完成テストを行う

浙江省寧波市で11月26日午前に爆発発生

中国浙江省寧波市江北区双橋街道李夢小区北側の空地で今日(26日)午前8時50分前後大きな爆発が起きた。現場は取り壊し工事の現場で、爆発の原因はまだわかっていない。江北公安局は二人死亡二人が重傷と発表している。付近の住民徐女史の証言では、爆発時地震が起きたのかと思った、彼女はすぐに頭を抱えて店の外に飛び出した、見ると自分の店が揺れていた、爆発地点は煙が舞い上がり、石が飛んできた。彼女や隣家の人が飛び出してはじめは工事現場の家が倒れたのかと思った、その後救急車が来て、この時はじめて爆発が起きたと知った。

救助の人間は爆発現場で大穴を発見した、近所の人は穴のところには便所があったと言っている。中国は公式発表が信頼されていないため、被害の状況はもっと悪いのではないかといつものように疑いの声が出ている。
宁波江北爆炸现场附近居民:以为是地震 吓得抱头跑出  捜狐
http://www.sohu.com/a/206720798_114988
浙江寧波江北區爆炸 已2死2重傷 中央社
浙江寧波大爆炸 拆遷區變廢墟僅2死? 新唐人亜太電台

その他
中國戰機實戰編隊 威脅我空域 自由時報
共機訊息 學者籲比照日自衛隊公開揭露 自由時報
中国の十九大以後中国軍機が最近四度台湾近海に接近している。それに関連して、台大政治系副教授陳世民は政府は両岸関係を荒立てないためか、国防部の発表が、日本の防衛省に比べ詳しくない。日本の防衛省は規模、路線、軍機の写真などそのたび毎に発表している。だからといって日中関係に影響はしていない。台湾の国防部も日本の防衛省のようにもっと詳細に発表して欲しい。このままでは台湾は中国の一部だと国際社会が考える恐れがあると言った。

驚人!喝水怕沾口紅 淑女竟直接「一口含」 蘋果日報

台北市の「2017士林官邸菊展」

台北市の新聞稿から(写真も)
7112518264491.jpg


「2017士林官邸菊展」に出席 柯文哲:創意の中に地域化、国際化、産業化を表す
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/11/25

台北市長柯文哲は今日(25日)「2017士林官邸菊展」開幕行事に出席し、語った、
「士林官邸菊展は毎年秋に開催され、全国唯一の無料の大型菊花展覧会であり、また台北市政府公園処が毎年この会を通して、菊花栽培の専門技術を展示している。職員が誇りにしているのが全国の菊花種の最も良い物が台北市の公園処にある事だ。今年の菊展の期間は11月25日から12月10日までの16日間で午前8時から夜7時までだ。

「今年度の菊展のテーマは「衆星雲菊」で菊と映画芸術の結合だ。それゆえ今回の菊花展は多くの有名な映画と一体化したものを見ることができる。私もやもたてもたまらず急いでこれらの創意あふれる作品を見たい。いくつか挙げれば、「マダガスカル」「紅の豚とトトロ」「バグズ・ライフ」「千と千尋の神隠し」「老夫子」「パイの物語」「言えない秘密」「ターンレフト・ターンライト」「マレフィセント」等だ、私はこれらのアイデアを一緒に見るため喜んで招待したい!」

「菊展は動かない菊を置いているだけでなく、多くの芸術文化活動も行っている、例えば著名な声楽家簡文秀女士のステージ、蚊子電影院、菊芸彩绘、かわいい動物のぬいぐるみだ。毎年の菊花展の主役は「大立菊」だ、これは公園処の最も自慢の作品だ」

「台北市が開催する行事には3つの目標がある、地域化、国際化、産業化だ。今回の地域化は士林附近の商店を招いて一緒に盛り上げてもらう。産業化は多くの創造的な団体を招いて、菊関連の商品を制作してもらった」

「今回の16日の開催期間、約45万名の観光客がある、もし一人一千元消費したら、4.5億元の消費金額だ。だから私は人の流れは金の流れを表すと考える。それゆえ、私は毎回の菊花展開催時みんなを激励して、士林地区の商業地区と商店に産業発展をもたらしたい」

(以下略)


士林官邸菊展 13萬盆菊花雨中綻放-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=B03xhVL9Elc

2017年11月24日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(中朝国境の橋一時閉鎖)

2017年11月24日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(中朝国境の橋一時閉鎖)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1513788.shtml 中国外交部


問:日本のメディアの報道によると、中国側は丹東市に位置し、中国と朝鮮をつなげている中朝友誼橋を一時的に10日間閉鎖し、補修する予定だという。あなたは確認できるか? もし事実なら、この動きは朝鮮政府の核開発計画について朝鮮に圧力を加える意図があるのか?

答:私の知るところでは、近日、朝鮮側が橋床に対して補修をする必要があるため、中朝友誼橋は暫時閉鎖されるだろう、補修工事が終わった後、当橋は正常な通行状態に回復するだろう。

追加質問:中朝友誼橋はいつ閉鎖されるのか? 閉鎖時間はどれくらいか?

答:私の知るところでは、近日暫時閉鎖されるだろう。

2017年11月23日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(フィリピンのASEAN+3議長声明)

2017年11月23日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(フィリピンのASEAN+3議長声明)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1513447.shtml 中国外交部


問:我々は、数日前、フィリピンが第20回ASEANと中日韓(10+3)首脳会議の議長声明を発表し、10+3を主なチャンネルとして2020年に東アジア経済共同体を打ち立てるというビジョンを推進していくと表明したことに留意している。中国側は東アジア経済共同体の目標をどう取り扱うか?

答:中国側は今年の10+3首脳会議議長声明の表明に関して留意しており、これは各国の共通認識を十分に体現し、10+3の未来の発展に一致すると考える。東アジア経済共同体を建設することはこの地域の国家の共通の願いと目標だ。

2012年、10+3協力開始15周年に際し、東アジア国家は東アジア経済共同体をつくり上げることを共通の努力目標と方向とすると同意した。今年11月14日開催された10+3首脳会議で、李克強総理は東アジア経済共同体の建設を推進する重要な呼びかけをし、共同体建設路線図を描き、貿易の自由化利便化、生産能力と投資、インフラと相互接続、金融、持続可能な発展人文交流等の六大分野の協力を拡大する建議を提出し、参加各国首脳の広範な支持と前向きな反応を得た。

中国側としては、我々は関係各国と一緒に、10+3協力20周年を契機として、共同で努力して、更に東アジア国家経済の融合を推し進め、相互貿易と投資を拡大し、共同で東アジア経済共同体建設を推進し、東アジア協力を更に一段階進め、更に高いレベルに押し上げ、人類運命共同体の偉大な構想がまず東アジアで生まれ落ちるよう推進したい。



その他
中国軍機今日も宮古海峡通過
中国 H-6爆撃機 4機とY-8情報収集機 1機
中国機の東シナ海及び太平洋における飛行について 統合幕僚監部.pdf
輸出入6
図は統合幕僚監部.pdfから

中華民国国防部


国防部今日(23日)表明、中共軍機轟6等の型機多数が順番に列島線を越えて遠海長距離飛行訓練を行った。その中の一部の機はバシー海峡を経て西太平洋に飛行した後、元の航路に沿って所属基地に帰った。情報によればY-8型機一機はバシー海峡を経て東北に転じて飛行し、宮古海峡を抜けて所属基地に帰った。

国防部長馮世寬は午前行政院会終了後、すぐに連合作戦指揮センターに入り、副総長兼執行官陳宝余上将の監督指導状況を聞き取り、確実に中共機の活動を監視し、また状況によって、規定に基づき中共機の最新動態を掌握するよう指示した。国軍はずべて規定に基づき軍機、艦艇を派遣し、監視偵察と対処をし、また特殊な状況もなかった、国民は安心してほしい。

一酸化炭素中毒で今年既に5人死亡−台湾

台湾での一酸化中毒事故の記事があった。台湾で暮らす日本人は日本の感覚で暖房器具を信頼しすぎる場合があるらしい。台湾の場合暖房器具は日本ほど一般的ではないようなので、特に日本人は性能や設置技術に対して油断しないほうが良い。過去日本人の死亡例もある。
内政部の新聞から


一酸化炭素中毒が今年既に26件5人死亡 内政部が注意:7割は換気不良のため 4割近くはレンタル
106-11-22 10:00 消防署

今年(106年)10月までで全国の一酸化中毒事故は既に26件発生し、5人の命が失われている、また83人が被害にあい、その中の76.92%は屋外式の給湯器を換気の良くないところに取り付けたためで、38%はレンタルルームで発生した。内政部は特に注意する、ガス給湯器或いはガスストーブを使用する時は換気を良くしなければならない、家主もまた給湯器の設置が適切かどうか注意しなければならない、借り手がもしそれにより事故を起こしたら、家主は業務上過失傷害、致死等の刑事責任を負わねばならない恐れがある、用心しないわけにはいかない。

内政部の統計によれば、101年から105年の期間、合計188件の一酸化中毒事故が発生し、発生原因の主なものは屋外式給湯器を換気不良の場所に設置したことが78.8%を占め、その中のガラス窓付きのベランダ(有加裝玻璃窗戶的陽臺)に設置したものが51.32%、台所や浴室等の屋内に設置したものが27.51%だった。内政部は注意する、冬がやってくる、民衆はいつも家のドア窓を閉めお湯を使い風呂に入る、もし家の中のガス給湯器の設置が適切でなければ、簡単に一酸化中毒事故になる。民衆は自分で家に設置してあるガス給湯器を点検しなければならない、もし設置が不適切であれば、有資格の設置業者に委託し(委託合格承裝業)給湯器を屋外に移動しなければならない、或いは電気温水器や強制排気型の給湯器に交換しなければならない。

内政部は表明する、一酸化中毒事故或いはガス給湯器設置不適の住居移動や給湯器交換を補助するため、97年より「一酸化中毒防止計画」を推進し、今年までに既に3万3,029戸の転居或いは給湯器交換に補助をし、各戸補助の最高が3,000元だった。来年(107年)1月1日から4月30日まで再び946戸に補助をする予定で、また中低収入の家を優先補助対象にする。要望のある民衆は119或いは地域の消防分隊に電話問い合わせができる。

内政部は強調する、冬になり徐々に寒くなってきた、国民はガス給湯器或いはガスストーブを使用する時は風通しを保ち、安全を確保するように。入浴時にめまい、吐き気、不快感を感じたら、一酸化中毒かもしれないと警戒して、ただちに医者に行くように。もし民衆が家のガス給湯器の設置に疑問を抱いたら、各直轄市、県市消防機関の職員に家の点検をしてもらいまた改善の提案をしてもらうことができる。
news_content_12482.jpg
画像は新聞からX印の3番めはベランダがガラス窓で覆われ屋外になっていないという意味だろう。○の3番めは電気温水器或いは太陽熱温水器と書いてある。



その他のニュース
中国大陸軍機、第1列島線通過 国防部「攻撃用航路の準備」中央社

2017年11月21日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(河野太郎外相の一帯一路発言への反応)

2017年11月21日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(河野太郎外相の一帯一路発言への反応)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1512685.shtml 中国外交部


問:日本のメディアの報道によると、日本の河野太郎外相は神奈川県で講演をした時、「中国が提唱する「一帯一路」構想がもし開放的で、誰もが使用可能な形式で展開されれば、世界経済にとって非常に有益である」と語った。中国側はこれについて何か論評は有るか?
河野外相「一帯一路にメリットも」 オープン化前提 日本経済新聞

答:私は関連報道に留意している。我々は日本側が「一帯一路」提携に対して前向きな意欲を表したことを喜んでいる。「一帯一路」は中国側が発展協力を促進するため提供する重要な国際公共財であり、その始まりから開放、包摂の協力プラットフォームである。中国側は共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う原則を終始堅持し、平和協力、開放的包摂、相互学習・相互参考、互恵・ウインウインのシルクロード精神を終始堅持し、関係各国とウインウインの協力を深める。我々は、「一帯一路」建設の絶え間なき徹底推進は、中国が開放された発展を更に進めるための更に多くの機会と場所を創りあげるだけでなく、また日本を含む世界各国の発展と世界経済の成長のため更に多くのチャンスを提供すると信じている。


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)