FC2ブログ

米インド太平洋軍司令官交代式に台湾の参謀総長と副部長が出席

米軍インド太平洋司令部は5月30日ハリー・ハリス大将からフィル・デビッドソン大将への司令官交代式を行った。出席したマチス国防長官は太平洋司令部をインド太平洋司令部に改めると発表した。
美軍印太司令交接典禮 我參謀總長、副部長出席 自由時報
民進党呂孫綾立方委員が昨日外交国防委員会で米軍の司令官交代式に黃曙光海軍司令は参加するか聞いた。大臣はわが国と米側との暗黙の約束でコメントしないと言った。しかし式典でハリー・ハリス大将が演説をしているとき、台湾等の友好国と言及した。且つインド太平洋司令部のtwitterの放送では、沈一鳴国防副部長が演説を聞く様子が映っていた。
美軍太平洋司令:陸霸權夢是美最大長期挑戰 中央社
またハリス大将は演説で、「中国は我々の最大の長期的問題だ。アメリカと同盟国やパートナー国の集中した参加と介入がなければ、中国はアジアでの覇権の夢を実現するだろう」「インド太平洋地域で自由と圧迫という二つの世界秩序の地政学的競争が今展開されている」「覇権競争が再度出現した,私は我々は徐々に歴史の転換点に接近していると考える……自由と正義は風前のともしびである」と言った。

その他
總統接見「福爾摩沙論壇:2018海事安全對話」外國專家學者 総統府
蔡英文総統が「Formosaフォーラム:2018海自安全対話」に出席する外国専門家学者に接見したという総統府のニュース。こちらの方がおもしろかったが時間がないので抜粋だけ。上の記事と連動しているような気もする。
20180531 總統接見「福爾摩沙論壇:2018 海事安全對話」外國專家學者https://www.youtube.com/watch?v=ICGW4vwkyGo

「私が就任以来、『現状維持』、アジア太平洋地区の平和と繁栄発展を確保をずっと政府の努力する目標としてきた。しかし遺憾なことに,中国が一方的にM503航空路を開設し、軍用機で台湾を周回し、各国民間航空会社に台湾の名称を変えるよう迫り、また台湾の国際参加に対し、あらゆる面で圧力をかけ、すべての周辺国家が共通に憂慮している、つまり中国は一方的に台湾海峡の現状を変えようと試みており、最終的にはアジア太平洋地域の現状を変える可能性がある」
スポンサーサイト



国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2018-05-30)(全文)

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2018-05-30)
http://www.gwytb.gov.cn/xwfbh/201805/t20180530_11960283.htm
注意! 中国共産党は中国と台湾が実質的にそれぞれ別の国になっていることを否定するため台湾(中華民国)を「台湾地区」「台湾島」等と言って国家扱いしなかったり、台湾に関係する単語に「」をつけたり、中国を台湾に対する本土という意味で「大陸」(これは国民党も同じ)等と表現します*がここでは原文どおりの表現を使っています。またこの記者会見では打ち合わせしたとしか思えない質問が多く、台湾の記者は国民党や中国寄りのメディアだけで、台湾以外の記者は言わずもがな、全体的に見ると民主主義国でいう記者会見ではなく文字通り中共の方針発布会です。また中国共産党と国民党が主張する「九二共識」は李登輝元総統ら当時の関係者はでっち上げだと否定しています。日本李登輝友の会
*)http://www.digitaling.com/articles/38596.html 中国の報道禁止用語集
なおこの記者会見は長いので何日かかけて更新を繰り返して全文訳します、他の記事では後半は略すなどする場合があるのですが、この発布会は中共の発言人が中共の台湾に対する方針をペラペラとしゃべり非常に面白いので、毎回完訳に挑戦します。


5月30日午前10時、国台弁(国務院台湾事務弁公室)は新聞発布庁で定例新聞発布会を挙行した。発言人安峰山が最近の両岸の注目の問題について記者の質問に回答した。

安峰山:記者友人各位、おはようございます、皆さんの今日午前の国台弁が開催する定例新聞発布会への出席を歓迎する。私が皆さんの質問に答えたい。

新華社記者:最近の発布会で、発言人はすでに何度も大陸各方面が「31条の台湾同胞に利益をもたらす措置」実施を推進する関連状況を紹介しているが、この方面ではまた絶えず新しい進展がある、発言人は今日も最新の状況を紹介できるか?

安峰山:今年2月31条の両岸経済文化交流協力を促進する措置を発布して後、各地各部門はずっと鳴り物入りで実施推進に力を入れ、またたく間に全てが実行段階に入った、その中の多くの措置がすでに実際に効果をあげ、多くの台湾同胞台湾企業にうそいつわりない利益をもたらしている。我々はこの前の数回の発布会で既に何回も実施状況に関して紹介してきた。上海、福建、広東、浙江、江蘇等の台湾企業台湾同胞が相対的に集まっている省市はどこも既に或いは今現在続々とその土地なりに適切な措置を講じた施行の細則を出し、台湾同胞に利益をもたらす措置を加速して実施し、台湾同胞台湾企業が大陸で発展する機会はより大きく、空間がより広がっている。ここで、私は再度皆さんに数例の実施の新たな進展を紹介する。

職業資格試験方面、今回台湾同胞に新たに開放された職業資格試験の中で、民生用原子力安全装置非破壊試験人員資格、民間原子力施設運用人員資格、登録原子力安全技術者3職業資格試験に関して、台湾同胞は現行の試験方法に基づき参加申請をできる*。銀行業専門人員職業資格試験は、台湾同胞は2018年後半の試験に参加申し込みをできる。台湾同胞出入国検疫検査人員試験応募に関して、税関署が近日具体的事項を公布するだろう。この前既に台湾同胞に開放した職業資格試験に対して、例えば弁理士資格、マネージャー職資格、技術コンサルタント(投資)専門技術者職業資格試験等は、台湾同胞は現行の規定に基づき引き続き参加申し込みができる。
*)台湾民進党政権は原子力発電を段階的に廃止し将来非核国家になることを目指している。

政府調達参加面では、福建省は調達分野での台湾資本企業に対しての参入条件はなく、台湾資本企業が政府調達に参加することを奨励して、全省で台湾資本企業生産のブランド自動車1303輌を購入し、金額は1.55億人民元、全省の銀行システムは台湾資本企業生産のモニター3万台近くを購入した。

高度技術協力の面では、浙江省では台湾資本企業は当省「ロボット代替」模範プロジェクト、企業技術センター、優秀工業新製品、新技術評価等に参加でき、省内のその他の企業と同等の政策を享受し、83の浙江の台湾資本ハイテク企業は15%の法人所得税政策を享受している。

農業協力方面では、貴州のある台湾資本企業は農業産業化国家重点先導企業と貴州省農業産業化重点先導企業として認定され、当会社は前後して各級の補助金1600万元以上を貰っている。福建のある台湾資本企業は福建省農業産業化重点先導企業に認定され、前後して財政融資割引、農業総合開発、第一次第二次第三次産業融合等の方面のプロジェクト援助400万元以上を獲得した。

今後、我々は更に台湾同胞の実際の需要に基づき、引き続きより多くの台湾同胞台湾企業に同等の待遇を与える政策措置を出し、絶えず台湾同胞の利益と幸せを高めていく。

福建厦門衛視記者:発言人は第十回海峡論壇の準備状況を紹介してください、今回の海峡論壇はどうゆう注目点があるのか?

安峰山:第十回海峡論壇は今年6月上旬福建で開催され、6月6日厦門で論壇大会を開催する、各活動は一週間の間、福建各地で次々展開されるだろう。目下、論壇の準備作業は既に基本的に目鼻がついている。中共中央政治局常委、全国政協主席汪洋が出席して重要講話を発表するだろう。台湾の関係政党代表県市代表と各界人士合計数千人が論壇活動に出席し、全体の規模は去年と同じくらいだ。

今回の論壇は両岸民間交流の大きな大会だ。論壇は青年交流、末端交流、文化交流、経済交流の四大分野に分かれ、69の活動を計画している。活動は青年クリエイティビティ大会、職工技能、社会福祉、映画テレビ交流、次世代への配慮、経済金融、両岸婚姻、伝統文化、コミュニティの運営、特色ある祭り等の各方面を含む。過去の内容と比べより多元的になって、形式はより豊富になり、各界の参加もまたより広がっている。台湾の各界人士と末端民衆が今回の論壇にやってきて参加することをとても期待している。

人民日報海外版記者:5月24日ブルキナファソは台湾との所謂「外交関係」を断絶すると宣言した後、台湾当局はこれは大陸が「金銭外交」を行った結果だと公言した、蔡英文も、大陸は台湾に対して圧力を加え、既に台湾の底線(我慢の限界、許容範囲)に挑戦しており、もう許容できないと言った。発言人はこれに対してどうコメントする?

安峰山:一つの中国の原則を堅持することは国際社会の普遍的な共通認識だ。中国とブルキナファソの国交回復はブルキナファソが自分の国家と人民の利益に基づいて作り出した正しい選択だ。島内のある人がでたらめに言う何かの「金銭外交」に至っては、完全に何もないところからのでっち上げで、自分も人も欺いており、己の心で人の心を推し量るものだ。民進党当局自身は結局何をしたのか、自分の胸に手を当てて考えてみてはどうか。

両岸関係の平和的発展は両岸の平和を守り、共同の発展を促進し、両岸同胞に幸せをもたらす正しい道でありまた、民進党当局の唯一の正しい選択だ。現在の両岸関係の政治的膠着状態をもたらした原因はみんなが分かっており、民進党当局ができるだけ早く「九二共識」を承認し、両岸は同じく一つの中国に属することを認めれば、両岸関係は平和的発展の正しい方向に戻るだろう。

深セン衛視記者:何日か前国民党主席呉敦義はある島内会議でめずらしく両岸統一についてはっきりと態度表明をし、台湾の「(憲法)条文増加修正」に関して「最終目的は国家統一が原則となる」ことだと強調した。蔡英文は逆に、統一は台湾の若者の唯一の選択肢ではないと言った。発言人はこれに対してどうコメントする?

安峰山:国家の統一を実現することは本来両岸同胞がずっと共同で追求してきた目標であり、中華の子女全体の共通の願いと神聖な責任だ。2008年から2016年(馬英九国民党政権時代のこと)、「九二共識」を堅持し「台独」に反対する共通の政治的基礎の上に、両岸双方と両岸同胞の共通の努力の下、両岸関係の平和的発展の新たな局面が切り開かれた、両岸同胞特に台湾同胞はその中からうそいつわりない利益を獲得した。我々は両岸各界が共同で努力し、両岸関係の平和的発展を推進し、祖国の平和的統一過程を推進し、中華民族の偉大な復興を実現するため苦心と労力の貢献ができるよう希望する。

台湾中天電視台記者:台湾が一ヶ月の内に二つの「国交のある国」を失ったことに対して、蔡英文は、もう許容できないと言った。台湾当局は大陸の台湾訪問団を厳しく審査し、海峡百姓(ひゃくせい)論壇は10名の大陸の官員の台湾訪問申請が拒絶されたという。これについて発言人はどう答えるか? 別に、上海台北二都論壇引き続き開催されるのか? 現在の進み具合はどうか? 別に、国共論壇の方はどうか?

安峰山:あなたは三つ質問をした、あなたが言及した海峡論壇の関連活動に関して、海峡論壇は現在両岸の間で規模が最大,参加人数が最多で最も広範な民間交流活動であり,その上両岸同胞が交流を強化し相互理解を高める重要なプラットフォームだ。論壇は今年で既に十回目の開催となる、十年来両岸の末端民衆の広範な歓迎を受け、みんなはずっと喜んで参加し、交流を通してお互いの理解と同胞としての身内の情を強化してきた。それゆえ私は、交流協力を強化することは両岸同胞の共通の願いのはずであり、民進党当局が政治目的から、民間のこの種の交流を妨害圧迫することは、人心を勝ち得ないと考える。

あなたの第二の質問、両岸関係と両岸県市交流の性質が正しい認知でありさえすれば、我々の両岸県市交流方面の態度は一貫して明確である。

あなたの第三の質問に関して、国共両党の関係方面はずっと両党交流活動について順調な意思疎通を保持してきた。両党は「九二共識」を堅持し、「台独」に反対する共通の基礎の上に連携を強化し、絶えず同胞の幸せを高め,両岸関係の平和的発展を強めている。

中新社記者:島内である人が所謂「オリンピック正名国民投票」開催を推進し、東京オリンピックに改名して参加しようと試みているが、国際オリンピック委員会は既に中国台北オリンピック委員会に手紙を送りこれについて懸念を表明し、台湾側は関連取り決めを遵守すべきだ、どんな改名の動きにも許可をあたえないだろうと要求した。これについてどうコメントするか?

安峰山:台湾の少数の人が所謂「オリンピック正名国民投票」開催を推進していることに対して、国際オリンピック委員会が5月5日既に中国台北オリンピック委員会に手紙を送り,その国際オリンピック委員会の台湾地区大会参加問題に関する決議と規定すなわち「オリンピック方式」を遵守するよう要求し,またかつ明確にその現有の名称のいかなる改変運動に対しても批准を考慮しないと表明した。

長年,「オリンピック方式」の下,台湾のスポーツマンはオリンピックを含む国際スポーツ大会に参加でき,良好な競技レベルとスポーツ精神を示してきた,さらに金銀メダルを取り好成績を収めていた,これは両岸全体の中国人の誇りだ。所謂「オリンピック正名国民投票」を行うことは,実質的にただ島内の極少数の極端な「台独」分子の私利私欲を満足させるためだけであり、損害は広大な台湾同胞の利益であり、犠牲になるのは台湾のスポーツマンが競技する機会だ。この様にするこことはまた必ず国際社会と両岸同胞の共同の反対に遭い、最終的には自分で悪い結果を引き受けることになるだけだ。

福建海峡導報記者:台湾当局の関連部門は既に関連行政規定用語「華僑」を「僑民」に改め、またこれは相対的中性的な言葉遣いで「華族」、「台僑」等の名詞を含むものだと言明した。世論の中には、大陸がずっと海外の華僑を守ることに力を尽くしているのに比べ、民進党当局は所謂海外華僑に対してこの種のこそこそした動きをしていることは、「脱中国化」のまた一つの動かぬ証拠だと問いただすものもある。これについて何かコメントはあるか?

安峰山:華僑は華僑であり、民進党当局が所謂「改名」をもてあそぶことは、実際は「脱中国化」をしているのであって、彼らは華僑と対立する側に行っているのだ。この種のやり方は華僑の中華民族意識を変えられないだけでなく、広大な華僑の認証も得られない。

ここで私が更に強調したいのは,両岸同胞は血は水よりも濃い骨肉の兄弟だということだ。長い間、台湾地区から来た華僑を含む台湾同胞の海外での正当な権益を守ることは,我々の道義から言って辞退することを許されない責任と一貫したやり方であり、また台湾同胞の高い評価と賞賛を得ている。我々の関係機関は引き続き海外同胞、華僑との連携を強化し,危急困難の肝心な時に彼らのために盾となって守り、彼らの実際の困難を解決するため助けていく。

台湾「聯合報」記者:最近のある報道で、台湾当局がもし引き続き懲罰恫喝の手段を用いて、大陸で活躍している台湾人ビジネスマン台湾人教師台湾人学生を台湾の家に帰れないようにした場合、大陸側がこれらの台湾人に大陸の身分証を発行することを考慮していると言った。お聞きする国台弁はこの面の考慮をしているか? 第二の質問、最近外国メディアがまた新しい単語所謂「脱台者」という新語を創り、林毅夫、黄安等のような台湾を抜け出し中国大陸に行き仕事,生活、商売を営む台湾人で、更に将来「脱台者」はますます多くなると指摘して言った。国台弁はどのように答えるか?
「脱北者」ならぬ「脱台者」 英BBCの造語が波紋 中央社日本語版

安峰山:あなたの第一の質問、我々は関連報道を見た。両岸の一家親族が交流協力を強化することは両岸同胞の共通の願いであり、これはまた同胞の利益と幸せを高めるのに役立つのだ。民進党当局は両岸同胞特に台湾同胞の実際の需要と切実な利益を無視し、民衆のよりよい生活を追求することに対して無視し、両岸交流に対しやたらに非難し、むやみやたらと干渉をする。私は、それらの学者の提出したその憂慮は理解できると考える。

あなたの第二の質問、あなたが言及したその言葉の含意に対して、わたしはコメントしない。私は、ただ両岸関係についてだけ言えば、大陸の改革開放が数十年来得た盛んな発展と巨大な進歩は、台湾同胞の大陸に対するいくつかの紋切り型の印象を知らず知らずのうちに感化して変え続け、更に大陸はずっと台湾同胞の利便性を図る各措置を押し出し、益々多くの台湾同胞の歓迎を得ていると思う。私は、益々多くの台湾民衆が、特に末端民衆と青年たちが大陸に来て学習、交流、創業、就業、発展、生活したがっており、これもまたこの方面のいくつかの具体的表れであると思う。

覚えているのは去年の十九大の時、一人の台湾生まれ台湾育ちの台湾女性盧麗安が島内で広汎な注目を引き起こし、島内のメディアが「盧麗安現象」を討論した時、ある意見は、両岸は人材の取り合いと一つの制度の時代に入ったと言った。前回の発布会の時、私は或る記者が質問し島内の現在の無色覚醒の現象を語ったのも覚えている。実際島内の現在の藍緑(国民党と民進党)の激烈な争いと対立に直面し、島内の世論には、国民党、民進党と共産党を誰がより台湾を愛しているか一緒に競争させ、庶民により多い選択をさせるようにしなければならないと考えているものもある。
台湾出身の党代表「台湾も大陸も愛せる」=中国共産党大会 中央社

事実上、、一つの制度、一つの政党、(共産党一党独裁のこと)は結局吸引力があるのかないのか、鍵は終始人民が素晴らしい生活への憧れと追求を自己の奮闘目標とみなすことができるかどうか、庶民にうそいつわりない利点を獲得させられるか、庶民により良い発展機会とより大きな発展空間を提供できるか、同時にまた人民により素晴らしい希望と未来図をもたらすことができるかという点にある。もしこれらを離れ、どんな「愛台湾」を口先で叫ぼうと、或いは所謂「普遍的価値」を標榜しようと、事実上実際の役には立たず、庶民の目を騙すことはできないのだ。
世界の一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング 世界経済のネタ帳

海峡之声広播電台記者:何日か前、初めての「国家統一と民族復興」シンポジウムが武漢で開催され、島内世論の注目を引き起こした。発言人は会議に関する内容を簡単に紹介してください。別に、ある論評では、大陸は一方的に国家統一過程を推進し始めたと考えている、これについて何かコメントはあるか?

安峰山:今回のシンポジウムは華中師範大学と湖北省海峡両岸交流促進会が主催し、「共に国家統一を謀り、民族復興に手を携える」を主題とし、全国台研会会長戴秉国が出席挨拶し、両岸の大学等と研究機関の百名近い専門家学者が参加する。会議では、国家統一と民族復興が相互に補い相互に協力して、引き続き種々の「台独」分裂活動に断固反対し、外部勢力が中華民族全体の利益を損なうことを防止する。また両岸関係の平和的発展の道を断固歩み、積極的に祖国の平和的統一過程を推進する。そして民族復興の中で統一を実現するため実力を蓄え、条件を作るのだ。

私が強調したいのは、祖国の平和的統一過程を推進し、祖国統一を実現することは、中華民族の偉大な復興を実現する必然の要求だ。我々は両岸関係の平和的発展を努力して推進し、祖国の平和的統一過程を着実に推進し、両岸の中国人のより素晴らしい未来を切り開く。

中国台湾網記者:中国とブルキナファソ外交関係復活後、台湾陸委会は、大陸の各級政府官員と関係人士の台湾渡航を厳格に審査し、大陸が違う名義で台湾に設立した拠点を拡大して審査処罰すると言った。これについてどうコメントする?

安峰山:我々は何度も強調してきた、両岸交流協力を拡大し、両岸関係の平和的発展を推進することは、両岸同胞の共通の願いと根本利益に合致すると。それゆえ、我々はずっと「両岸は一家親族」の理念を持ち続け、絶えず両岸経済文化交流協力を拡大深化させ、「31条の措置」を着実に推進実行してきた、その目的は台湾同胞台湾企業のためより多くより良い発展のチャンスを提供し、台湾同胞台湾企業のため役に立つこと良いことをすることだ。翻って民進党当局を観れば、逆に絶えず各種の理由を組み合わせては、両岸交流と人員往来を妨害制限し、絶えず障害を設置し、事実上彼らは台湾同胞のより多くより良い発展の機会を制限している、それによって損なわれているのは台湾同胞の根本利益だ。両岸関係が良ければこそ、台湾同胞はより多くより良い利益と幸せを獲得できる、これは人々誰もが知っている道理だ。民進党当局の現在のこの種のやり方は事実上後戻りをしており、台湾同胞の良いことを壊している、そのため必然的に両岸同胞の共同の反対にあうのだ。一時期以来、両岸双方の両岸関係でのいくつかの表れにおいて、誰が真に自信に満ち、橋や道を補修し、交流を開放しているか、誰が逆に内心ビクビクとし、高い塀や堤防を作り、「島を封鎖」しているのか。私は民衆は皆はっきりと分かっていると思う。

香港中評社記者:蔡英文総統が就任して既に満二年になった、お聞きするこの二年来両岸関係の変化についてどう評価するか? 陸委会主委陳明通は何日か前、蔡当局の下で両岸関係がうまくいかないことを「九二共識」を承認しないせいにしてはならないと言った。発言人はどう応える?

安峰山:前回の発布会の席で、私は既にあなたの第一の質問について一つの基本的な回答をした、2016年5・20民進党が政権について以来、一つの中国の原則を体現する「九二共識」を拒んで承認せず、両岸の共通の政治的基礎を破壊し、「脱中国化」「台独への漸進」を放任野放しにし、両岸の交流協力を妨害阻止し、現在の両岸関係の緊張対立を作り出した、両岸同胞はこれに対して断固反対しておる。

そして現在のこの種の複雑で厳しい両岸関係情勢に向き合い、大陸側の台湾に対する大きな政策方針は明確で一貫している、我々は引き続き一つの中国の原則と「九二共識」を堅持し、いかなる形式の「台独」分裂の企みと行動も断固反対抑止する。同時に我々は引き続き両岸経済文化交流協力を拡大深化させ、台湾同胞を団結させ両岸関係の平和的発展を共同で推進し、祖国の平和的統一過程を推進する。

第二の質問、2016年以来、両岸関係の現在の政治的膠着状態の原因のありかは、まさしく民進党当局が「九二共識」を承認しないところにある、そして「九二共識」の核心の意味はすなわち両岸は一つの中国に属するということを認めるところにある。それゆえ、民進党当局が一つの明確な立場と態度を持ち、「九二共識」を承認し、両岸は同じく一つの中国に属することを認める事ができるかどうか、人々は刮目して待っておるのだよ。

中央広播電視総台国広記者:国務院発布の福建自由貿易区改革開放を更に深化させる法案が何日か前出され、福建と台湾の金融協力強化に力を入れる。関連状況を少し紹介してください。

安峰山:我々は福建台湾両地の金融交流協力を深めることを積極的に推進している。福建自由貿易区改革開放を更に深める法案は金融分野において、自由貿易区内の条件に合致する台湾資本金融機関が銀行間の債券市場で引き受け業務を展開する、台湾地区との信用情報相互認証メカニズムを探求し樹立する等の、大量の台湾に対する全国に先がけたテスト政策措置を提出し、台湾金融業者が福建自由貿易試験区の発展の成果を分かち合うため、福建台湾両地区の金融協力を深化させ新たな契機をもたらす。

今年は改革開放40周年だ、大陸の自由貿易区建設を加速、サービス業の体外開放を拡大、金融業市場参入を広げる等の措置は、同様に台湾資本企業に適用され、更に台湾資本企業が大陸発展の成果を分かち合うため得難いチャンスと広い発展の展望を提供する。我々は更に改革を深化させ、開放を拡大する政策措置を引き続き進め、広大な台湾同胞により広範な範囲とより大きな程度で、大陸発展のチャンスと成果を率先して分かち合わせる。

環球網記者:二つ質問、第一の質問、我々はアメリカの下院で当地時間24日「2019財政年度国防授権法案」が可決され、所謂「米台軍事交流」を奨励したのに留意している。そしてある米下院議員は近日また所謂「台w何防衛評価委員会法」を提出した、発言人はこれについて何かコメントはあるか? 第二の質問、李登輝は6月24日日本の沖縄に行き、第二次世界大戦末期沖縄戦によって戦死した所謂台湾人戦没者慰霊碑儀式に出席し、演説も発表する。これについて何かコメントはあるか?

安峰山:あなたの第一の質問、台湾問題は中国の国家主権と領土の一体性に関わる、そのため我々は我が国と国交のある国と台湾が如何なる形式の公式交流と軍事連携を進めることにも断固反対する、この立場は明確で一貫している。

あなたの第二の質問、島内の極小数の人が植民地統治を美化し、侵略戦争と軍国主義のためにお先棒を担ぐやり方に対して、両岸同胞は皆断固反対し声を揃えて譴責する。

中央広播電視総台央広記者:現在15の台湾資本企業の大陸子会社が大陸のA株市場(中国人向け市場)に上場する予定だ。これについて何かコメントはあるか?

安峰山:改革の深化、開放の拡大に連れて、大陸の経済発展の見通しは益々広がり、益々多くの企業が大陸に上場して、大陸発展のチャンスと成果を分かち合いたがっている。私はこれは市場機能に合致した一つの大きな流れだと思う。

福建東南衛視記者:最近の台湾メディアの報道によると、二つの台湾中学の校長が卒業生に大陸で学ぶ推薦状を書いて、台湾学生が大陸に進学することに関して言論を発表したため台湾当局の関連部門に「懸念」をされた。これについて何かコメントはあるか?

安峰山:近年来、大陸の発展進歩と我々が出した一連の台湾同胞の利便性に利益をもたらす措置によって、益々多くの台湾青年が大陸に来て発展したがるようになった、これは良いことだ。台湾の学生が大陸の大学等に来て勉強し彼ら個人のより良いチャンスを求め人生の夢を実現することを希望する、更に学生の父兄も子供がより良い教育を受ける機会を持つことができるよう希望している、これは世間一般の人情であり、また大勢の趨くところである。青年は民族の未来と希望である、青年の発展のためにより良いチャンス、より高いプラットフォームとより大きい空間を提供しようと思わず、逆に各種各様の障害を設置し、青年の発展に対して妨害制限をする、このようにすることは青年の心を傷つけ青年の人心を失うだけだ。

我々は教育交流を含む両岸各分野の交流協力を一貫して奨励してきた。今後我々は引き続きより多くのより力のある措置を出し、台湾青年学生が大陸で学習、実習、就業、創業するため、よりよい条件を提供し、より多くの機会を作っていく。

福建海峡衛視記者:一ヶ月のうちに、ドミニカとブルキナファソが相次いで台湾当局と所謂「外交関係」を断絶した。お聞きする、将来外交分野で更に引き続き力を強めるか?

安峰山:我々は既に話した、一つの中国の原則は国際社会の普遍の共通認識であり、また大勢の趨くところであるのだ。

今日の発布会はここで終わる。また会おう。謝謝。

今日の台北市議会での市長への質問から

台北市長柯文哲は今日台北市議会で市政に関する質問を議員から受けた。新聞稿では要約して載せてあるので抜粋する。台北市の新聞稿から


議員:年末の選挙に関して

柯文哲:私は毎朝7時半には仕事を始め、自分の仕事をしっかりとやる、それ以外のことは私には変えられない。

議員:両岸交流の中心思想は?

柯文哲:両岸都市には多層面での交流がある。市長の最も重要な仕事は市民によりよい生活をさせることだ、私が西洋人みたいに妻に愛しているといつも言って確認しないように、私は人に検査確認されるのは嫌なのだ。

多くの人は表面上言っていても、個人的には中国大陸で何か商売をしていたりする。私はやっていない、私こそ本当の「清廉,勤政、郷土を愛する」だ。政治上も藍緑(国民党と民進党)の両極の対立思考のみで生きるべきではない。実際台北ドーム,北流,大湾北段等等のように、これらは皆藍緑の問題ではない、汚職腐敗,政治の能率,もまた統一と独立とは関係ない,しかしこれらは目下急いで解決しなければならない問題だ。


2018選戰 各陣營八年級年輕幕僚當道https://www.youtube.com/watch?v=zQYMZO1hNb8
年末の台北市長選挙の各候補者は58歳から70歳だが、20代の若いスタッフを採用している。映像に最初に出てくる女性は柯文哲市長のスタッフでtwitter担当だ。可愛いので話題になっているらしい。コメント欄では、スタッフでも柯文哲候補の完勝だと書かれている。

ボブ・ディランが8月に台湾公演

アメリカ・ミネソタ州出身のミュージシャンでノーベル文学賞受賞者のボブ・ディラン(77歳)が7年ぶりに台湾に来る。
太驚喜!神級人物巴布狄倫宣布8月來台  自由時報
搖滾民謠詩人與諾貝爾文學獎得主 巴布狄倫8月訪台開唱 YAHOO!
ボブ・ディランは8月2日に国際会議センターで2018台北コンサートを開催する。
bob.png
画像はyoutubeから

その他
變身蜘蛛人爬4樓救童 馬利移民獲法總統頒贈公民身分 自由時報
フランスパリで4歳の男の子が4階のベランダにぶら下がり落ちそうになっていた。それを見たマリ国籍の22歳の Mamoudou Gassama さんが一階から四階までベランダをよじ登り子供を助けた。フランスの大統領は彼を招待し会って褒め彼にフランス国籍市民権を与えた。Mamoudou Gassama さんは子供を見て何も考えずよじ登った,子供を引き上げた後、怖くなり体がふるえたという。子供が好きなので子供が傷つくのを見たくなかった、と言って、最後に無事に4階まで登れたことを神に感謝した。別の報道では子供の親は外出中で、隣の人が手を伸ばしていた。
Malian hero scales Paris building to save childhttps://www.youtube.com/watch?v=WISmbOw_bMk


中國讀書就業好棒棒?台灣學生血淚戳破... 自由時報

台北松山警察の拳銃取り締まりで、MDPVを押収

台北市の新聞稿から


松山警察拳銃の捜査取り締まり過程で 意外にもゾンビバスソルトも押収
發布機關:臺北市政府警察局松山分局
發布日期:107-05-27

台北市警察局松山分局は社会浄化治安維持、市民の生命安全を確保するため、積極的に「都市防衛銃器一掃」取り締まりを行い、また警察局と警政署が不定期の「拳銃取り締まり」計画に協力して、特に拳銃製造場所、犯罪者の拳銃の由来に対して捜査を行う。

松山分局は数日前通報を受け、桃園市観音区郭○翔(男、民国75年生まれ)がアンフェタミンを使用する悪習に染まって、何度も刑務所に入り、平日でも拳銃を持って用心しているとの具体的で信頼できる情報だったため、ただちに捜査本部を立ち上げ、台湾桃園地方裁判所に捜査令状を申請し、今月(5月)17日正午12時郭容疑者を捕まえた。屋内のベッドの下からトーラス改造拳銃一丁、弾倉一個、弾3発、FM21包(総重量、3.3グラム)、カチノン3包(29グラム)とアンフェタミン吸引器を押収、全体では銃砲弾薬刀剣取り締まり法と薬物危害防止条例で台湾桃園地方検察署に移送した。

警察は郭容疑者にカチノンの用途について聞いた所、警察に麻薬を作るコーヒーパックに使用したと答えた。刑事局が常に参照する濫用薬物系統図の示すところによると、新興毒物のMDPVは第二級毒品で、俗にバスソルトと言い、一種の中枢神経興奮剤で、施用後3時間から4時間内は幻覚効果が生じ、常に市販の製品を加える、例えば、コーヒーパック、ミルクティーパック等或いはカスタマイズしてお茶を入れるような麻薬だ。その副作用は動悸が異常に早くなり、幻覚や呼吸困難等、更に怖いのは攻撃的な行為が現れる、その行為はゾンビのようで、それゆえゾンビのバスソルトと言われる。

(以下略)


その他
陳景峻傳將請辭 柯文哲批民進黨「有必要這麼肅殺嗎?」 自由新報
民進党が台北市長選挙で柯文哲市長を押さないと決めたが、柯文哲市長の回りにいる副市長などの民進党籍のスタッフにやめるよう呼びかけていたことに対して、柯文哲市長が批判して、民進党員は市政に加わってはいけないのか、イデオロギーで審査するのか、国民党と民進党が同じことを台湾社会に行ったら、この国はまっすぐは歩けないと言った。

蔡英文講稿有玄機 網友推測:美國「出手」了 自由時報
台湾と西アフリカのブルキナファソが中国の陰謀で断交となり、蔡英文総統が批判した。その声明の中で、一つの中国に配慮した対岸という表現を使わず中国とはっきり名指しし、憲法で言う中国大陸との呼び方をせず、且つ自国を中華民国と言わず台湾と言ったことに対して、ネットでは、慎重な蔡英文総統らしくなく思い切った表現だったため、「独立とは言わないだけで実質的にはそう言っている」「このように大胆な表現はアメリカの後押しがあったのでは」などと書かれている。

江宜樺:陸迫航空公司改名 傷害台灣人感情 中央社

中共が台湾の民主主義体制の破壊を企む

アメリカの Radio Free Asia の編集者 Dan Southerland 氏が今日評論を発表し、専門家たちが中国の台湾に対する脅威は軍事演習だけでなく、台湾の民主体制の破壊を画策していることだと指摘した。台湾の中央社が要約して引用しているので、それをまた要約する。
美媒:中國促統失利 改以顛覆破壞台灣民主 中央社
評論の題名は「台湾を誘惑して統一に向かわせることができず、中国は逆に島内の民主を潰そうとしている」というものだ。中共は既に台湾の民心を得て統一を促進することを諦め、台湾内部を分裂させて中国に有利にする方針だという。
Taiwan Sentinel サイトの主編 J. Michael Cole は中共は2008年から2016年の馬政権の時代経済的誘惑と自称善意の行動で台湾人のアイデンティティーと統一支持に影響を与えようとしてきたが,現在はこれができなくなったため方針を変えたという。
アメリカの Global Taiwan Institute 執行長蕭良其は中共のこの非共産党の大衆と同盟を結んで共通の敵に対する政策は1920年代にまで遡る中共の伝統的な作戦だという。2014年の台湾で起きた学生のひまわり運動以来、中共は中小企業,中低収入者、若者に狙いを定めた。
ニュージーランドの学者 Anne-Marie Brady は中共の工作は団体,有名人との協力、情報と政治宣伝を操作、スパイ活動を助けることなどを行うと言う。
この評論文では、工作対象には,原住民団体,宗族の会、漁業会、宗教団体,親中政党,中国籍の配偶者,退役軍人,なども含まれると書いている。

批小英罵中國是「最噁心畫面」 網友嗆王炳忠「照照鏡子」 自由時報
台湾の中国との統一を主張する政党新党の発言人王炳忠が、西アフリカのブルキナファソと断交になり蔡英文総統が中国を非難した記者会見をFacebookで批判した。史上最も吐き気がする画面だと書いた。総統が中国がわが国を圧迫したと言った表現が気に入らなかったらしい。台湾独立派の中国と台湾を別の国とする言い方と聞いたようだ。中華民国は孫文が作った中国の国だ、中華民国を中国人に返せと書き込んだ。コメント欄には吐き気がするのはお前だ鏡を見ろと書かれているらしい。

中國因素滲透華文世界 陸作家:台灣是最後堡壘 中央社
ドイツに亡命している中国人作家田牧が、世界の中国人の世界で中共中国の要素が浸透してしまった。台湾が最後の頼りだ。台湾の自由な政治の体制が中共の専制に対する最大の圧力となっていると言った。

馬化騰:中國基礎科學弱 行動支付是表面輝煌 中央社

2018年5月25日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(中国で日本人21人が拘束)

2018年5月25日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(中国で日本人21人が拘束)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1562568.shtml 中国外交部


問:報道によると、21名の日本人が中国で宗教活動に参加したため警察に逮捕された、あなたはその状況について知っているか? 彼らはなぜ逮捕されたのか? 中国の関係部門はどう処理するのか?

答:具体的状況は私はわからない、中国の主管部門に問い合わせてください。

原則として、私が強調したいのは、中国は法治国家であり、中国の法執行機関は法に依って事件を処理し、法に依って当事者の合法権益を保証する。同時に、中国に来る全ての外国人も中国の法律法規を遵守しなければならないし、違法な犯罪活動に従事してはならない。

アフリカのブルキナファソと中華民国が断交

西アフリカのブルキナファソと中華民国が断交することになった。2016年5月に蔡英文政権が発足して以来、断交は4ヶ国目。
中華民国、ブルキナファソと断交 ドミニカ共和国に続き今月2カ国目 中央社日本語版

【台布斷交】蔡英文:中國挑戰台灣社會底線 不會再忍讓 蘋果日報
布吉納法索斷交 中華民國邦交國降至18國 中央社
ブルキナファソは先月の蔡英文総統のアフリカ訪問の時、総統を受け入れなかった。またWHO年次総会で中華民国と国交があ利ながら,参加支持を表明しなかった。総会前に中国から手紙が届き、もし将来の我々との関係を考えるなら,台湾を助けないようにと言われたという。そして今日、ブルキナファソの外務大臣が,twitterでブルキナファソ政府は台湾との外交関係を断つと決定したと書き込んだ。理由については書いていなかった。中華民国の呉釗燮外交部長は夜臨時の記者会見を開き、「今晩ブルキナファソ政府は我が国大使に、ブルキナファソは台湾と外交関係を断つと表明した。わが国の主権と尊厳を守るため,我が政府は即日ブルキナファソと外交関係を断ち、両国の協力と援助計画を終わらせ,大使館、医療団、技術協力人員を撤収すると宣言する」と言った。また呉外交部長は、一ヶ月内に二ヶ国と断交したため,口頭で総統に辞意を表明した。総統府は辞意を認めなかった。
總統就我與布吉納法索正式斷交發表談話
台布斷交 蔡總統:絕不與中國進行金錢外交競逐https://www.youtube.com/watch?v=py2Thg7Zc-Q

総統は談話を発表した、要約すると「中国の一連の外交的圧力は中国の不安と自信のなさを表している。その間我が国はアメリカ等の理念の近い国と実質的に経済と安全保障面で関係を深めてきている。中国の外交的圧力や軍事的圧力は国際社会の反感と我々への支持を招いている。私は国民に告げる、中国のこれらの我が国主権への横暴な行為は既に台湾社会の最低の線への挑戦だ、我々はもう我慢できない,断固たる決心で,世界に歩み出て、引き続き理念の近い国と経済安全保障面での実質的なパートナー関係を打ち立て、国際社会の同意と支持を勝ち取る。私は中国政府に告げる、これらの行為は両岸関係に役立たず、中国の国際イメージに役立たず、国際社会の中国への疑いを解くのに役立たない」などと語った。中国に対して大陸とか対岸とか一つの中国に配慮した表現を使わず、中国や中国政府という二つの中国二つの国家を意識した表現が、中国と台湾は対等で別の国だと言っているようで、総統の怒りを表しているように思える。理念の近い国というのは、アメリカ、日本など西側の自由と民主主義を国の基本とする国家のことで、つまり中国を非自由非民主の中共独裁国家と暗に言って対決を宣言しているのだろう。

被問又一國斷交 柯P狐疑回:這跟台灣有什麼影響? 自由時報
柯文哲市長はブルキナファソとの断交を聞かれ、「台湾に何の影響があるのか? ブルキナファソはどこにあるんだ? アフリカ? アフリカのどこだ?」と言った。

ユーラシアカワウソ-長長99の保護活動

台北市動物園の新聞稿から
468c959b-d0f1-4789-9298-82d76a1558ea.jpg


「ユーラシアカワウソ-長長99」保護活動週末登場
發布機關:臺北市立動物園
發布日期:107-05-23

世界カワウソの日(World Otter Day)は毎年5月の最後の水曜日だ、今年の世界カワウソの日は5月30日だ。世界カワウソの日の前に、台北市立動物園は特に5月26日土曜日を選び、初めて繁殖に成功した2匹のユーラシアカワウソの赤ちゃんのため「ユーラシアカワウソ-長長99」(カワウソの赤ちゃんが生まれて99日)の保護教育推進活動を行う、関連部署と市民を招いて一緒にカワウソの赤ちゃん誕生を祝うほかにも、より多くの市民にユーラシアカワウソを認識し愛するところから保護活動の実践まで、カワウソの保護のため心を合して最適な生息環境を構築して欲しい。

ユーラシアカワウソは金門地区を代表する珍しい野生動物だ、彼らの性質は敏感で、数は少ない、分布区域と生存現状はどれも人類の開発行為と密接に関連している。2014年林務局野生動物救護収容計画を通して、金門から緊急に台北市立動物園に移した三匹のユーラシアカワウソはそれぞれ、「大金」「小金」「金莎」だった。4年近くの世話を経て、今年はじめ、「小金」と「金莎」をつがいにし、順調に二匹の赤ちゃんを産んだ。これは動物園で初めて成功したユーラシアカワウソの繁殖であり、ユーラシアカワウソの統合保護のために歩みだした重要な一歩だ!

最近2匹のユーラシアカワウソの赤ちゃんのネットでの名前募集活動が盛んに行われている、引き続き始まるのが「ユーラシアカワウソ-長長99」保護教育推進活動で、5月26日午前10時開始で、場所は保護されている前で、隣の台湾動物区入り口とユーラシアカワウソ戸外活動場付近に教育ブースを設ける。活動の中で動物園の動物人形の友達と遊び、また飼育員がカワウソの世話の話を話す、加えて現場では「あれは誰? ユーラシアカワウソを知ろう!」「台湾にカワウソはいるの? カワウソの生存危機!」「カワウソの未来? 保護に一緒に歩もう!」「行動保護の野生保護市場(原文は行動保育的野保市集)」「動物の養子」等の保護教育ブースがある、このほか、カワウソの赤ちゃんの命名投票があり、大人と子供が5月26日一緒に来て盛り上げ、ユーラシアカワウソの未来のため努力し、末永い発展環境を作り上げる。

別に5月28日から5月30日まで、台北市立動物園のチームが金門に行き一連の保護教育活動を行う。(以下略)

国連「2018世界幸福度報告」台湾がアジアで一位

中華民国衛生福利部の新聞稿から


国連「2018世界幸福度報告」わが国の順位がアジアで一位
資料來源:行政院
建檔日期:107-05-22

行政院今日(22日)表明、国連3月公布の「2018世界幸福度報告(The 2018 World Happiness Report)」によると、台湾民衆の幸福感は世界156ヶ国の中で第26位に位置し、全アジアの第一位だけでなく,去年の第33位から7位躍進した。

この他,行政院は指摘する、物価と失業率両方の指標測定の「ブルームバーグ経済不快指数(Misery index)」報告は、台湾が経済不快指数が低い順で世界第5位で去年より一つ上がった。別にアメリカ中央情報局「世界概況(The World Factbook)」によると、台湾「ジニ係数(Gini coefficient)」は世界154ヶ国の中の第111位で、貧富の差は7割の国より小さく、所得平均度はよい方に属する。

行政院は表明する、関連データは台湾社会経済の全体情勢が安定して上昇していることを明らかにしており、行政機構は引き続き「具体的にやっていく」の精神を持って、台湾の現在の問題と次の改革事項に向き合い、低賃金問題、社会のセイフティーネット構築等を包括的に解決し、更に着実に、戦略を実務的に策定し、問題を着実に解決し、一歩一歩新局面を切り開き、共同で国民のため安居楽業の幸福な国を打ち立てる。


台灣全亞洲最幸福?網酸行政院「活在平行宇宙」YAHOO!
の記事では、ネットで幸福度アジア一位については「どこの平行世界の話だ」と反発する声がある。

年底選舉民調:北市柯文哲勝出 新北市侯友宜獲勝 newtalk
新台灣國策智庫が年末の選挙の世論調査を発表した。台北市は誰が出ても柯文哲の勝利,新北市は民進党の負け、桃園,台中、高雄、台南はすべて民進党の勝利という結果だ。蔡英文総統と頼清徳首相への満足度はいずれも下がっている。柯文哲市長に投票するという民進党支持者は民進党の候補者によって変わるが多い時は5割以上、低くても3割以上だ。

柯文哲兩岸一家親 林昶佐:不可能支持「要怎麼挺柯」自由時報
時代力量党の台北市党部主委林昶佐は柯文哲市長が「両岸は一家親族」と言っていることなどで支持はできないといった。しかし国民党候補が勝つことは阻止したいとも言った。

陳菊:不會參選北市長 沒什麼能讓我受傷 YAHOO!

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)