FC2ブログ

2018年7月31日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(日米豪がインド太平洋のインフラ整備で中国に対抗)

2018年7月31日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(日米豪がインド太平洋のインフラ整備で中国に対抗)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1581787.shtml 中国外交部


問:第二、中国側は米日豪三国が共同でインド太平洋地域の投資を強化すると公表した事に対して何かコメントはあるか? 中国の「一帯一路」イニシアティブに挑戦していると感じるか?
日米豪がインド太平洋のインフラ整備連携で合意-中国に対抗 Bloomberg

答:あなたの第二の質問に関して、私は関連報道を見た。米,日,豪が地域のインフラ建設への投資を増やしたがっている、これはいい事だ。

もし私の記憶が間違っていなければ、彼らがこの様な声を発し、この様な態度表明をしたのは初めてではない。中国のある言葉に、「口で言うだけは全力で実行するのに及ばない」とある。我々はこの三つの国家が地域の相互接続を促進し、地域の国家発展を助けるため、実際に金銭を出して本当に成果を多く出すことができるよう希望する。

中国側は引き続き開放的包摂、協力・ウィンウィンの原則に基づき、各国と意思疎通と協調を保持し、共同で地域の相互接続と経済成長を推進するため努力したい。

我々もすべての理想が同じで同じ道を歩む国家が共に「一帯一路」を建設する事に参加するのを歓迎する。

スポンサーサイト



2018年7月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2018年7月中国国防部定例記者会見-日本関連部分の抜粋
http://www.mod.gov.cn/jzhzt/2018-07/26/content_4820752_3.htm
http://www.mod.gov.cn/jzhzt/2018-07/26/content_4820752_4.htm 中国国防部
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1607051888079421576 百家号


来源:国防部網 責任編輯:劉上靖 2018-07-26 18:06

時間:2018年7月26日15:00—16:00
場所:国防部国際軍事合作弁公室
発布人:国防部新聞局副局長、国防部新聞発言人任国強大校(上級大佐)

記者:少し前、米日豪三国の環太平洋実弾演習の中で、既に退役して25年、排水量5100トンの USS Racine 戦車揚陸艦を標的艦と見なして、撃沈した。演習のビデオが公開された後,ある外国メディアはこれは「中国との作戦の予行演習」と考えた。お聞きする中国側はこれについてどう評価するか?

任国強:我々は関連報道に留意している。中国側は関係国家間の軍事協力は地域の平和と安定に役立つものでなければならず,その他の国家に焦点を合わせるものであってはならないと、一貫して主張している。

記者:メディアの報道によると、日本が導入する二基の陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の予算がふくらみ、総費用が54億ドルに達する。日本の防衛大臣小野寺五典はこれは必要な装備で、配備を引き続き推進すると表明した。お聞きするこれについて何かコメントはあるか?

任国強:歴史的現実的原因によって,日本の軍事安全保障分野の動向はアジアの隣国と国際社会の強い警戒を受ける意義がある。我々は日本側が軍事的能力の建設面で慎重に事を行い、より地域の平和と安定に役立つことを行うよう希望する。

柯文哲台北市長、故郷の新竹市で林智堅新竹市長と交流

今日は中華民国の学生が国際物理オリンピックと国際化学オリンピックで好成績を収めたニュースを紹介して終わろうと思ったが、
我國參加2018年國第49屆際物理奧林匹亞競賽榮獲4金、1銀! 教育部
我國參加2018年國際化學奧林匹亞競賽榮獲1金、3銀! 教育部
台北市の新聞稿の柯文哲市長が故郷の新竹市を訪れたニュースのほう
台北市の新聞稿から
柯文哲新竹市政交流 林智堅親自接待-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=1TuDCVLYsyQ


新竹市に行き市政交流す 柯文哲:台北の旧市街地区都市再開発の成功事例が故郷新竹の参考になることができるよう希望する
發布機關:臺北市政府秘書處媒體事務組
發布日期:107-07-29

台北市長柯文哲は29日市政府チームを率い新竹市政府に行き市政交流を進めた、柯文哲は新竹市長林智堅と会った時、情緒的に語った、「新竹市は私の故郷であり、また私の重要な『基地』だ」「今回の両市の交流活動、台北市政府チームは特に西区面戸計画の旧市街地区都市再開発、と2017台北ユニバーシアード成功開催の経験を持ってきた、新竹市の将来の発展の参考になるよう希望する」

柯文哲は語った、
「大学合格以来ずっと新竹を離れているが、しかし私の両親はずっとここに住んでいる、私の同級生、親戚のほとんどもまだ新竹市にいる。私は曾てこれについて調べてみたことがある,私のフェイスブックは人口比例で計算すると、フォロワーで最高を占めるのは当然台北市だ,第二位は新竹市だ,明らかに「故郷」という要素が強力なことを示している」

「台北市政府は一年に何回か他の県市政府を訪問する、私のこの任期の最後の一回に新竹市に来た,当然意味がある。新竹の古名は「竹塹」だ、開城は今から三百年以上前、古都とみなせる。しかし新竹科学園区がここに設立されたため、新竹の後の発展が大きく変わった。第一、一群の高収入の人を抱えている,新竹科学園区の生産高は私の印象では情報通信産業(ICT)の生産高が台湾株式の40%を占めているため、曾てこの地方は台湾経済の生産高の高い地方だった、高収入は高い消費をもたらす。第二は、科学園区の人の平均収入は比較的高い、これらの高収入,高学歴の人が新竹市全体の文化的様相を多様なものにした。それゆえこの地方の文化、学歴、収入、消費は台湾の中では相当突出して、また新竹全体の特色を形作った」

「特に新竹市長林智堅は現在台湾の最年少の県市の首長だ,収入が最高、学歴最高の地方に最年少の市長がいて、仕事も真面目だ。(笑)私の父母がここに住んでいる、彼らはいつも私に新竹市の施政を話す,それゆえ新竹市の発展は私は相当はっきり知っている,林市長は相当真面目な人だ、新竹にはまた民進党立法院党団総召集人柯建銘がいて、新竹市のために一生懸命予算を取ってきている,それゆえこの地方は予算の獲得が相当多い。元々基礎的条件がよい、加えて一人の若い市長,さらに加えて中央に予算を勝ち取って助けてくれる人がいる,それゆえ新竹全体の発展はより早くなる、私は毎回新竹にくるたびに,ほとんど道が分からなくなっている,変化が早い,過去数年の新竹は本当に進歩したところが相当多い、特に新竹市立動物園,あそこは懐かしい動物園でまた,歴史が悠久の動物園だが現在改修が進んでいる」
林智堅も特に補足した、動物園の公園部分は今年8月末に完成する予定だ,動物園部分は来年7月末完成予定だ。

「台北市政府が今日来たのは、都市間の市政交流だ,台北市チームは西区面戸計画を報告する、なぜ新竹市の発展に役立つかといえば、台北市も古都だ,計画都市を新たに作るのは困難だ,しかし旧市街の部分では都市再開発を進める、西区門戸計画は都市再開発だ,旧市街から再開発を進めた成功事例だ,みんなの参考にしてもらえる。別にユニバーシアードの経験だ、ユニバーシアードは『400年来最大の一戦』と言うことができ、特に台湾が困難な境遇にいる現在,近い将来にあの様な大規模な行事を開催することはあまりできないかもしれないが,ユニバーシアードの成功の経験も台湾の重要な経験であり、みんなと共有したい。自分のことで言えば、ついでに家に帰ってみる、新竹市、南寮等の長い間言っていないところをついでに見てみる」最後、柯文哲は新竹市の接待に感謝し、また今日の都市交流が楽しくできるよう望んだ。

(以下略)

台北市が企業誘致力で台湾一位

台北市新聞稿から


事実は雄弁に勝る! 台北市企業誘致が台湾で一位 引き続き経済成長に努力する
發布機關:臺北市政府財政局金融管理科 聯絡人:吳雅鳳
發布日期:107-07-28

経済を学んだ人であれば誰でも知っている、経済成長(GDP)の主要な構成は、消費(C)、投資(I)、政府支出(G)、輸出-輸入(X-M)等の四大項目だ。「公共建設投資」を拡大しそうして全体の経済成長をもたらし、また同時に政府の財政負担を減らすため、民間の資金と活力を引き入れ公共建設に参加させることは,以前から既に国家の重要な施政方針だ。投資は外国の直接投資(FDI)のみではなく、国内の民間投資も含み、BOT参加促進或いは地上権設定はどれも民間が公共建設に投資する一環に属する、例えば早期の台北101ビル,新光三越台北新義新天地A9、或いは最近ちょうど開幕した台北南山広場,どれも「市有土地」の提供で民間が公共建設投資へ参加し、経済成長,雇用機会の創出をもたらし、また国家と地方の税収を増加させられる。

台北市政府は107年6月29日「2018民間の公共建設参加誘致大会」で、鄧振中行政院政務委員が自ら「企業誘致卓越賞」トロフィーを柯文哲市長に授与した、すべて写真が証拠としてあり、某政党の候補者に「フェイクニュースは3日の拘禁ではないのか?」と皮肉られた*のは、実に遺憾なことだ。もし台北市各局処が努力辛苦して得た企業誘致全国第一位が無情な嘲弄に直面しなければならないなら、賞を得られなかったその他の地方に対しては、密かに涙を流し心を痛めるしかできないということになるのだろうか。
*)北市招商六都第一遭打槍 丁守中:假新聞要關三天嗎? 中時電子報

郝前国民党市政府と柯現市政府は「市議会旧址地上権設定権案」が設定した企業誘致条件に対しては同じではない、(以下略)

中華民国の研究開発費が2016年に5,414億元,最近十年毎年平均5.6%成長

中華民国経済部の新聞から


現在の経済情勢概況(専題:わが国の研究開発の概況)
種類:即時新聞 發布單位:統計處 發布日期:2018-07-27 09:00

一、国外経済
今年主要国家の輸出は一般的に上昇している、IMFの7月預測では2018年の世界経済成長は3.9%、去年に比べ0.2ポイント上昇。アメリカは減税法案と連邦支出の増加の恩恵を受け、需要を増加させ、部品販売は強力、雇用は安定している。ユーロ圏のファンダメンタルズは安定しているけれども、米欧貿易摩擦の恐れ,ユーロ圏内部の政治紛争で、欧州委員会はユーロ圏の今年の経済成長率を2.1%に下方修正している。日本経済は安定して上昇している。中国大陸は連続三ヶ月輸出の年増率が二桁成長だ。上半期の主要国家は引き続き前年の成長の勢いだ,ただ貿易保護主義が蔓延し、IMFが貿易紛争が不利な影響をもたらすことに注意しなければならないと警告している。

二、国内経済
世界経済の安定成長によって、引き続きわが国の外需の成長を補い、加えて新興の応用技術の拡大と国際原材料価格の上昇によって、今年上半期のわが国の海外受注,工業生産指数,輸出金額はどれも歴年同期最高、小売業と飲食業の売上額も歴年同期最高。

三、わが国研究開発概況
(1) 研究開発は産業競争力が継続して上昇する鍵だ,わが国研究開発経費は年を逐って成長する趨勢だ,2016年に5,414億元に達し,最近十年平均每年の成長が5.6%。

(2) 研究開発費投入は企業を主とする,その投入金額は全体の研究開発費に占める比重が年々上昇している,2016年に77.6%に達し,2007年に比べ8.4ポイント増加,政府部門は13.1%を占め,5.2ポイント減少。

(3) わが国研究開発費のGDPに占める割合は2016年に3.16%に上昇、始めて日本の3.14%を越えた、ただなお韓国の4.24%より低い。

(4) わが国,韓国はどちらもコンピューター電子と光学製品製造業に研究開発費を投入する割合が最多で、各73.0%及び50.1%だ、ただわが国の産業集中度がやや高い。日本の2016年は自動車製造業の研究開発が首位で,26.2%を占め、コンピューター電子と光学製品産業が二番目で19.7%を占める。

詳しい資料は下の當前經濟情勢概況(專題:我國研究發展概況) PDF(1.8MB)にある。


今年前半の主要国家の輸出成長率(南韓は韓国、新加坡はシンガポール、美国はアメリカ、徳国はドイツ)
yanjiu.png
中華民国の研究開発費は年々成長している
yanjiu1.png
各国の研究開発費はどこもプラス成長を示している
yanjiu2.png
各国の産業別の研究開発費に占める割合
yanjiu3.png
画像はすべて新聞添付のPDFから

台北の裏通りに画を描く

台北市の新聞稿から
aae66321-d5e2-4299-af2c-4db2271144e7.jpg

b54e4118-1d52-4a68-a015-850b246fff1d.jpg


裏通り(原文は後巷)に「蓮」に出会う 彩色のパラダイス
發布機關:臺北市政府工務局衛生下水道工程處 聯絡人:規劃設計科長胡振中
發布日期:107-07-26

裏通りには「オオオニバス」は育たないと誰が言った?!
台北市政府は積極的に汚水下水道システムを建設し、107年6月末接続戸数は86万戸を越え、接続率は76%の大台を突破した。松山区精忠里民生東路4段97巷6弄の汚水管に接続し終わった裏通りで加工道路(原文は地坪)の3D彩色の美化をしている、当地の民族国小美術班の父兄と教師と教え子の上手な人が、3Dの「オオオニバス」を成長させ,柯市長でさえ「いいね」を押す、裏通りが綺麗に変わっただけでなく、得がたい楽しい思い出として遺る。

衛生下水道工程處は市民の管接続を奨励するため、汚水管に接続した裏通りで、お得な加工道路の美化をし、もともと狭くて湿気て暗い裏通りを乾いて,明るい生活空間に改造し、条件の許すところでは裏通りに違った特色をもたせる。精忠里湯里長の大きな手助けを得て,当地の民族国小美術班の創意あふれるわんぱくな紀先生,父兄,四、五、六年約百名の子供たちの構想と技で、民族国小の門の前の裏通りに、「オオオニバス」が描き出された。
(以下略)

台北市民の92%が出国経験あり

台北市の新聞稿から


七割の回答者が台北市は国際都市だと同意した
發布機關:臺北市政府研究發展考核委員會 聯絡人:張嘉宇
發布日期:107-07-25

台北市政府研究会最新調査によると、4月に開始した毎月1280元、30日以内無制限にバス、捷運に乗れる台北新北の公共運輸定期券に対して、八割の回答者がこの措置を知っていて、55%が満足で、一割が不満足、35%が意見なしと知らないだった、もし意見なしと知らないを除いた686人の中では、85%がこの政策に満足していて、15%が不満足だ。関係部署で買ったと言った市民は31.9万人、毎日平均22万カードが使用され、初期設定の23万カードの目標に相当し、目下信用カードを通して自動で加金できる機能も用いられ始めている、将来は学生カードやその他のスマートカードの使用に開放する等の措置に向かって研究している。

市の高齢者総合サービスの五心計画(安心居、貼心顧、用心護、歡心學、開心遊)の認知度は、34%がこの計画を聞いたことがあり、47%が敬老カードの使用範囲拡大を知っている、29%が楽齢学堂過程(多分生涯学習関連のこと)を知っている、41%が65歳以上が無料で肺炎球菌ワクチンの予防接種をできると知っている。その中の敬老カードの使用範囲拡大の認知度は既に前回106年11月調査に比べ12ポイント増加している。関連部署は将来地下鉄プラットフォーム、車輌内、LINEグループ等の多元的なルートで宣伝を強化する。

別に今回も台北市の発展が国際都市になっているという認知は、調査結果は市民が国際化の発展を支持し,外国人との意思疎通に自信があると示しており、7割の回答者は台北市が国際都市と考え,92%が国際化の強化が将来の台北市の発展に対して重要だと考えている、それぞれ77%、81%が台北市が大型国際スポーツ大会あるいは国際的な行事を申し込んで勝ち取ることに賛成している。回答者の個人的な国際化面では,56%が常に国際ニュースに関心を持ち、92%が出国経験があり、その中の73%が毎年少なくとも一回は出国している。65%の回答者が外国語を話すことができ、55%が 英語で意思疎通でき、7割が台湾で外国人に会っても意思疎通の問題を心配していない。

この調査は107年6月4から7日の夜まで進め,訪問に成功した18歳以上の台北市民は1,059人。95%の信頼水準の下で、サンプリング誤差は±3.01%ポイント以下。調査方法は台北市の住宅電話を母体とし,システマティックに下二桁番号をランダムに加えた電話のサンプリング調査(原文は調查方式以臺北市住宅電話為母體,作系統加尾數2碼隨機代換電話抽樣調查。)。

米国のカーター前国防長官に蔡英文総統が接見「十年後のインド太平洋地域が今日よりも自由で,より安定し,より繁栄しているよう希望する」

米国のカーター前国防長官が23日から2日間の日程で台湾を訪問している。今日蔡英文総統はカーター前国防長官と接見した。総統府の新聞から
20180724 總統接見「美國前國防部長卡特」https://www.youtube.com/watch?v=YziyhwYqMXw


アメリカ前国防長官に接見 総統:中国の圧力抑圧に直面し 台湾人民は簡単には屈服しない
総統が「米前国防長官カーター」に接見
中華民國107年07月24日

蔡英文総統は今日(24日)午前米前国防長官カーター(Ash Carter)に接見し強調して、「台湾人民は中国の圧力抑圧に直面しても、簡単には圧力抑圧に屈服しないし、また大切な民主的な生活様式を放棄しないだろう、しかし私たちはなお対話の力を信じており、中国と対話を進めようという善意は変わらない。国際社会の責任を負った一員として,台湾は引き続き両岸と地域の平和と安定の維持に努力する」と語った。

総統は挨拶で語った、「カーター長官が前回台湾を訪問してから、この十年の間に,多くの変化が世界では起こった、唯一変わらないのが私たちの自由と民主に対する約束だ」
 総統はカーター長官が再度台湾を訪問したたことを歓迎するほかに、また彼が今年「「ケタガランフォーラム」に出席することに感謝した。

総統は例を挙げて説明した、「今年『世界保健機関総会』期間、台米の保健大臣はジュネーブで二国間会談をして、お互いのパートナー関係を強化した。対話を通して,台米は一緒に世界保健衛生の促進及び国際秩序を守る決心を示した。とりわけ現在世界情勢の変化に直面し,私たちの共有する価値は世界各地で挑戦を受けつづけており、お互いの間の協力がより必要になっている」

「近来,中国は引き続き台湾に圧力抑圧を加え続け、わが国と外交関係のある国との国交を断ち切り、国際的な企業に台湾の名称の変更を強要し、果ては台湾の国際社会での活動と貢献を妨害した。これらの圧力抑圧に直面し,台湾人民は簡単には圧力抑圧に屈服しないしまた、大切な民主的な生活様式を放棄したりはしない。中国の台湾への圧力抑圧がより大きくなるほど、私たちの世界に積極的に貢献しようという決心はより大きくなる」

「私たちはまた依然として対話の力を信じている、私たちの中国と対話を進めようという善意は不変だ。国際社会の責任を負った一員として,台湾は引き続き両岸と地域の平和と安定の維持に努力する」

「アメリカと理念の近い国家と国際的な友人がこの困難な時に台湾を支持したことに感謝する。私はカーター長官が引き続き台湾に最大限の支持を与えるよう希望する。同時にまた,十年後のインド太平洋地域が今日よりも自由で,より安定し,より繁栄しているよう希望する」

最後,総統はカーター長官が台湾の旅でより豊かな実りを得られるよう祈り、また彼が将来しばしば来台するよう希望した。

訪問の来賓は総統府に入り総統に謁見した、外交部長呉釗燮もその場にいた。



美前防長:中國自我孤立讓台在印太空間更大 中央社
の記事によると、カーター前国防長官は、今日「ケタガランフォーラム:2018アジア太平洋の安全対話」に出席し、「台湾はルールと原則を基礎とするインド太平洋ネットワークの一部分だ。中国は自分が孤立するやり方で、台湾の活動空間をより多くさせるだけだ。中国の台湾に対する関係を長期的に見れば,風刺というしかない」「包括的な戦略は,孤立する戦略ではない。中国の傾向は自分が孤立する傾向の行為で、ますます多くの国家がアメリカへの協力希望を表明している」「アメリカは理解しなければならない、中国は共産独裁国家で,軍事,経済,政治の力で、その他の国家ができないようなことをできる,アメリカは対策対応を研究検討しなければならない」などと語った。

台湾の外務大臣「もしアメリカの支持がなければ,台湾は中国の武力侵攻に脆い」

中華民国(台湾)の呉釗燮(しょうしょう)外交部長(外務大臣)がアメリカCNNの取材を受け、蔡英文総統歯両岸の現状維持を決心している、しかしもしアメリカの引き続いての軍事的支持がなければ,台湾は容易に中国の武力侵攻を受けてしまうと言った。

CNNのインタビューの要約を掲載しているので,要約の要約をすると、まず現在の状態は、蔡英文総統の民進党が2016年に政権に就いて以来、中共は継続して台湾の政府に圧力を加え続けている。中国海軍は18日から23日まで台湾海峡で実弾演習をすすめている。中共のメディア環球時報は,この演習は台独分裂主義者に対してのものだと専門家に語らしている。

呉釗燮は、「この実弾演習は台湾人民を恫喝するもので、我々は理念を同じくする国家と協力し,アメリカと安全保障での協力を試み、中国が素早く台湾を占領できないようにする。もし中国が台湾の弱点を見て,アメリカの支持がないと分かれば,台湾占領の方法を考えはじめるだろう」と語った。

また、「トランプ大統領は台湾に対して良い関係を保っている、彼らは台湾も民主も取り引きに使うことは許されないと信じていると我々に語った」と言った。

別の記事美專家:美國若不阻止中國武力犯台 將重創領導地位 自由時報では、
アメリカハワイの East-West Center の Denny Roy が香港 South China Morning Post に寄稿し、中国は政治的,軍事的に様々な手段で台湾を統一しようと企んでいるが、アメリカの専門家は中国の台湾侵略はペキン政府にとってリスクが大き過ぎると考えている。またアメリカに反対する大型独裁国家がアメリカと理念を同じくする小型の民主国家を侵略するの傍観していれば、アメリカの大国の地位は失われると警告している。

2018国際生物学オリンピックで中華民国が1位

中華民国教育部の新聞稿から
e731ecbe-d5c5-447e-bede-09457bb9338b.jpg


わが国が参加した2018年第29回国際生物学オリンピックで金4つを獲得!
發佈單位:國教署 聯絡人:陳慧娥
上版日期:107-07-22

わが国が参加した2018年第29回国際生物学オリンピックは7月22日イランのテヘランから速報が伝えられ,68の国家、269名の学生が参加した中、わが国を代表して参加した4名の学生が,全員金メダルを獲得し、世界で中国と並んで第一位になり(金メダルの数で計算する)、成績が飛び抜けていた! その中で,国立台南第一高級中学学生陳允禎の成績が飛び抜けており,個人世界第三位を獲得し、台北市立建国高級中学学生鄭育寄が個人で世界第5位を獲得した。

その他,さらに取り上げるべきは、本年度唯一参加の女子学生,高雄市立高雄高級中学盧貞宇も金メダルを獲得し、個人で世界第7位を獲得した。盧さんは曾て2015年と2016年それぞれ国際中学科学オリンピックと国際化学オリンピックで、獲得しており,今回は彼女の国際大会で獲得した第三番目の金メダルだ、成績が著しい!

(後略)



その他
牽制中國 日、印海上聯合軍演擬擴大至陸空 自由時報
日本とインドが海上合同軍事演習を陸空に拡大し,中国を牽制する
写真は記事から日本とインドが参加した環太平洋軍事演習
600_2496075_1.jpg

台海驚現50艘中國軍艦高速南下 原因疑是為了躲... 自由時報
台湾海峡を20日と21日に合計中国の軍艦50隻が高速で南下した、原因は台風と関係あるのではないかと言われている。

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)