FC2ブログ

カナダの元中国大使が中国の残忍な真の姿を認識するよう呼びかける

カナダの元中国大使 David Mulroney が27日カナダの「The Globe and Mail」紙に評論文を発表し、各国は中国に対してより強硬になるよう呼びかけた。
籲各國硬起來 加拿大前大使:中國越來越不負責任! 自由時報
【禁闻】前驻华大使:一个愈发不负责任的大国  新唐人

元大使によると、カナダがアメリカの要求に応じてファーウェイの孟晚舟を拘束した報復として、中共はカナダの元外交官 Michael Kovrig やビジネスマン Michael Spavor を逮捕している。この様なやり方は残忍だが珍しいわけではなかった。オーストラリア、英国、スイス等の国は、みな国民が中共に類似の根拠のない口実で逮捕されている。中共はイランへの制裁措置に違反し、ファーウェイ等の企業を使い他国の技術を盗み、中国国民と外国人の権利を踏みにじッている。世界の人々は中国が無責任な大国の協力相手であり、自分に有利な条件の時のみ国際ルールを守る国だと認識するようになっている。カナダ政府は以前の弱腰のやり方を改め、中共とやりあうときは、まず中共が国際秩序を遵守するかどうかを見て、同盟国と協議し、技術を守り、中共の民主政治への関与を防止し、中共に国内外で人権を尊重させるよう元大使は呼びかけた。

その他
立委補選激戰 陳思宇民調落後推貼圖挽頹勢 YAHOO!

澄清「未邀柯文哲」 葛來儀批柯幕僚扭曲事實 自由時報
スポンサーサイト



中国江蘇省の漁民が東シナ海と黄海で情報収集装置を引き上げ当局に提出

中国江蘇省の漁民が今年東シナ海と黄海で漁をしているとき西側製と思われる情報収集装置を引き上げそれを当局に提出し、今年表彰されていた。
江蘇獎勵漁民 撈出外國製竊密功能裝置 中央社

新華社が江蘇省沿海国家安全人民防線建設専項表彰奨励大会活動報告を引用して報道した。2018年江蘇省の漁民が漁をしているとき、9個の水中の疑わしい装置を発見し、当局に提出した11人の漁民と7人の関係者が表彰された。国家安全機関と関係部門が、その中の6個は疑わしい装置で外国製で日本かアメリカ製で、それぞれは水中での、調査、識別、秘密を盗む等の特殊な働きを持っており、中国の安全保障に脅威をもたらすと分析した。報道では他国で取得したと言っているが、江蘇省の漁の範囲から見ると東シナ海と黄海だろうと中央社の記者は考えている。

賴清德媳婦亮相 賴揆滿臉笑:沒宴請大家不好意思! 自由時報
現在の蔡英文民進党政権の頼清徳首相の長男が今日結婚式をあげた。長男夫婦は大学での研究分野が似ていて知り合ったという。長男はアメリカの電機関係の博士過程にいるという。会場のテーブルは20卓で新郎側は6卓、近い親族だけで行われた。首相は子供の結婚は子供の意見を主とした、それゆえ全員は招待できなかった申し訳ないと言った。
長子大喜之日低調宴客 賴清德盼早日抱孫子https://www.youtube.com/watch?v=QFTonq4nl8E


その他
被質疑專業、憑什麼紅 學姊黃瀞瑩坦承:還是會難過... 自由時報
陳思宇、何志偉掃街撞場 「柯家軍」全員出動助陣 自由時報

台北市の年越し行事を清潔にと市が呼びかけゴミ拾いを実践

台北市の新聞稿から


年越しは地球を愛して 「清潔な客」のあなたを招く
承辦單位:環境清潔管理科
發稿日期:107年12月29日
聯絡人:黃寛助科長

今年の台北市年越し行事は電子音楽、電子スポーツ、電子商取引、ネット放送の要素を結合した華やかな舞台表現で、大量の人出を予想し、台北市環境保護局は準備万端待ち受け、年越しのその夜14の小型清掃車を出動させ700名の清掃人員を動員し、また約六百名以上の学生ボランティアを呼んで共同で年越し環境清潔維持作業に呼応参加し、同時に年越し行事に参加する民衆が皆清潔な客になれるよう奨励し、地下鉄搭乗、ゴミを落とさず、ゴミの分類をし、自ら環境保護のカップや箸を準備する等の環境保護行動に対応して、みんなの共同の努力の下、「ともに楽しみ、ゴミを残さず」ゴミ減量と速やかな原状回復を達成するよう希望する。

環境保護局表明、年越し環境保護行動宣伝指導のため、31日年越し当日市政府南大門処は小型清掃車を展示し、またFacebookいいねボタンを押してお礼を送る活動をする、数量に限りがあり、なくなりしだい終わる、活動内容の詳細は台北市環境保護局Facebookファンページで調べられる、民衆の当日の参加を歓迎する。

環境保護局の説明、毎年市政府の年越し行事は大量の人出のため、既に年越し当夜700名の清掃人員を動員し、18の清掃車輌と8つの牽引式流動トイレの準備をしている、また学生ボランティア団体(景文高中、亞太大學聯盟隊及び環保星勢力志工隊)合計六百名以上の学生ボランティアを合わせて、可愛い人形をかぶったりフラッシュモブ等の実際の行動で民衆が「ゴミを落とさない」、「環境保護カップを身につける」等の環境保護政策に呼応するよう宣伝し、また行事終了後共同で市政府周辺の各地下鉄出入り口と会場で環境清掃作業を行う。

環境保護局表明、年越し行事の環境を清潔にするため、会場周辺と地下鉄出入り口付近、信義計画区内に66組(264個)の大型ゴミ桶(回収桶を含む)を設置し、そうすることによって民衆がゴミを捨てるのを便利にし、また花火終了後人波が移動する動線に55個のStuff sackを増設し、民衆についでに手元のゴミを捨てられるようにし、そうすることによって「ゴミを落とさず、回収し再利用する」を徹底実行する、当局は年越し行事に参加する民衆にゴミを捨てず、一緒に楽しみ、ゴミを放置せず、共同で環境を守り、手を携え持続可能なグリーン都市を作るよう呼びかける。

2018年12月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2018年12月中国国防部定例記者会見-日本関連部分の抜粋
http://www.mod.gov.cn/shouye/2018-12/27/content_4833056_2.htm 国防部
http://www.mod.gov.cn/shouye/2018-12/27/content_4833056_6.htm
http://www.mod.gov.cn/shouye/2018-12/27/content_4833056_7.htm
http://www.tianshui.com.cn/news/junshi/2018122721030395307.htm 天水在線


来源:国防部網 責任編輯:焦国慶2018-12-27 19:44

時間:2018年12月27日15:00—16:48
場所:国防部国際軍事合作弁公室
発布人:国防部新聞局局長、国防部新聞発言人呉謙大校(上級大佐)

記者:日本の共同通信社の12月18日の報道によると、日本政府は閣議で当日新版の「防衛計画大綱」を審議可決した、当該文書では、中国の軍事動向、国防政策及び軍事力の不透明性が日本を含む地域と国際社会の安全保障の懸念になっていると言っている。同時に、中国の海上と空中作戦能力等の方面は急速に実力を高め、宇宙とサイバー空間の優勢は日増しに明らかになっていると言っている。日本側は宇宙、サイバー空間、電子戦等の能力を強化し、また宇宙部隊を作ると決定した。この他、「大綱」は「いずも」と「加賀」の護衛艦を改装し事実上の空母にすると書いている。これに対して何かコメントはあるか?
平成31年度以降に係る防衛計画の大綱について 防衛省.pdf

呉謙:日本側の文書の中の中国国防と軍隊建設に対する何もないところからでっち上げての非難は、完全に根拠のないものだ。中国軍隊は断固反対を表明し、また日本側に厳正な申し入れをした。

中国は平和的発展の道を歩むことを堅持し、防御的な国防政策と積極防御の軍事戦略を断固遂行し、戦略意図は終始はっきりして透明だ。中国軍隊は国際平和維持と遠海での船の護衛、人道主義救援等の行動に積極的に参加し、国際社会のためにより多くの安全の公共財を提供することに尽力しており、終始世界平和を守る強力な力である。

日本側が国際社会の強烈な反対を顧みず、日本の平和憲法の制限を頑なに突破し、絶えず軍備を拡充していることは、アジアの隣国と国際社会の強い懸念を引き起こしている。我々は日本側が歴史を鑑とし、「専守防衛」の政策約束を厳守し、防衛安全保障分野で言行を慎み、実際の行動で国際社会の信頼を得るよう促す。

記者:第二の質問、22日、米英日三国は日本南部の太平洋海域で軍事演習をした。日本のメディアの分析では、これの趣旨は中国が東シナ海で軍事活動を強化していることに狙いを定めていると考えている。これに対して何かコメントはあるか?

呉謙:第二の質問に関して、我々は関係国家間の軍事活動が地域の平和と安定に役立ち、これと相反することのないよう希望する。

記者:日本のメディアの報道によると、来年の4月23日は中国海軍成立70周年の記念日だ、その時には中国側は青島で国際観艦式を開催するので、日本政府は海上自衛隊艦艇を派遣し参加することを考慮している。お聞きする事実か?

呉謙:海軍70周年を記念する関連活動は現在準備中だ、我々は適時情報を発布する。

記者:中日両国は12月26、27日北京で中日海空連絡メカニズム年度会議を開催した。関連状況をより詳しく紹介できますか?

呉謙:12月26日から27日まで、中日両国防衛部門は北京で海空連絡メカニズム第一回年度会議と専門会議を開催した。双方は両国の海上安全政策、海空連絡メカニズム運用状況と次回の防衛交流等について意見を交換した。海空連絡メカニズムの直通電話設置の過程を加速し、メカニズムの働きを十分に発揮し、両国防衛関係が前に向かって発展するのを促進することで一致同意した。

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2018-12-26)(抜粋)

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2018-12-26)(抜粋)
http://www.gwytb.gov.cn/xwfbh/201812/t20181226_12126351.htm
注意! 中国共産党は中国と台湾が実質的にそれぞれ別の国になっていることを否定するため台湾(中華民国)を「台湾地区」「台湾島」等と言って国家扱いしなかったり、台湾に関係する単語に「」をつけたり、中国を台湾に対する本土という意味で「大陸」(これは国民党も同じ)等と表現します*がここでは原文どおりの表現を使っています。またこのupされた記者会見では打ち合わせしたとしか思えない質問が多く、台湾の記者は国民党や中国寄りのメディアだけで、台湾以外の記者は言わずもがな、全体的に見ると民主主義国でいう記者会見ではなく文字通り中共の方針発布会です。また中国共産党と国民党が主張する「九二共識」は李登輝元総統ら当時の関係者はでっち上げだと否定しています。日本李登輝友の会
*)http://www.digitaling.com/articles/38596.html 中国の報道禁止用語集
以前は全文訳していましたが、抜粋にします、略したところは(略)と入れておきます。


12月26日午前10時、国台弁(国務院台湾事務弁公室)は新聞発布庁で定例新聞発布会を挙行した。発言人馬暁光が最近の両岸の注目の問題について記者の質問に回答した。

(略)

新華社記者:台湾陸委会が数日前、大陸が台湾に「九二共識」を受け入れるよう要求しているのは、いわゆる「中華民国」を消滅させたいのだと言った*。お聞きする発言人はこれについて何か応えることはあるか?
*)台湾陸委会は24日、中国はもう一つの合意「一中各表」(一つの中国を各々が主張するという合意)は認めていないため結局「九二共識」だけを認めさせて、中華民国を消滅させようと企んでいると言った。

馬暁光:1992年11月、海協会と台湾海基会は権限を授けられ各自が口頭で表明することで海峡両岸はどちらも一つの中国の原則を堅持するという共通認識を成立させた、これこそが「九二共識」である。これは両岸双方の確認を経た上での共通認識であり、誰かが誰かの所謂「政治的前提」を押し付けるものではない。1949年以来、両岸は別れ隔てられて対立し、政治的違いが存在しているけれども、双方はどちらも長期的に一つの基本的立場を堅持している、それこそが、大陸と台湾は同じく一つの中国に属し、中国の主権と領土の一体性は分割されないという立場だ。「九二共識」の核心、それは一つの中国の原則この共通の認識を堅持することを確定し、両岸関係の性質をはっきりと定義づけたことなのだ。これは客観的事実に合致するだけでなく、双方の各自の規定にも合致し、同時に解決しがたい食い違いを暫時据え置き、両者の間に最も基本的な相互信頼を構築し、更に進んで平等な協議という基礎の上に両岸の往来と対話の大門を開くことができるのだ。

民進党当局が政権について以後、一つの中国の原則の受け入れを拒絶し、各種の言い訳と詭弁によって「九二共識」を歪曲中傷し、両岸協議の大門を閉ざし、両岸の平和的発展の成果が損害を受け、台湾同胞の切実な利益が重大な傷を受けるという結果に至った。台湾地区の「九合一」選挙後、ますます多くの台湾民衆が「九二共識」と彼らの経済発展、民生の改善への願いは密接な関係があり、水と空気と同じように重要だと認識し始め。またますます多くの台湾民衆が民進党当局が「九二共識」を破壊し、両岸に緊張対立をもたらしていることは、完全に一党の私の利益のためからでているのだと認識し始めておる。我々は民進党当局に御忠告申し上げる、分裂させようという立場を放棄し、両岸関係を破壊する言行を停止し、「九二共識」の共通の政治的基礎に立ち返り、両岸同胞の両岸関係を改善発展させようという民意を二度と敵とせず、台湾同胞の経済民生を改善し、素晴らしい生活を追求する願いを二度と敵とするな。

(略)

台湾中天電視台記者:(国民党員の)高雄市長韓国瑜が就任前メディアの単独取材を受けた時、民進党中央に地方が進める両岸新論述についてくるよう呼びかけた。これに対して発言人は何か答えることはあるか? 別に、韓国瑜は就任後単独取材を受け、新「二都論壇」を構築したい、その中身は大陸南方都市を主とするよう希望すると言った、お聞きする国台弁はどういう姿勢か?

馬暁光:まず第二の質問に答える。我々は両岸都市交流に対して積極的開放的な姿勢を持ちつづけている、両岸関係の性質と両岸都市交流の性質に対して正しい認識を持つ基礎の上に、我々は台湾のより多くの県市が両岸交流協力に参加し、共同で両岸同胞の幸せのために頑張ることを歓迎する。我々の姿勢は開放的で、一貫している。

第一の質問に帰ると、誰の政策が良くて、誰が台湾民衆が幸せな日を過ごすために嘘偽りない利益をもたらすことができるか、台湾民衆が誰の政策についていくか、明らかであろうよ。

(略)

人民日報海外網記者:台湾陸委会は数日前両岸都市交流に対して数点の回答を提出し、都市交流は両岸の公的な意思疎通によって処理するべきで、政治的前提を設けるべきではなく、台湾県市の大陸に行っての交流は合同審査許可(原文は联审许可)をとる必要がある等の要求を語った、発言人は何かコメントはあるか?

馬暁光:我々はメディアの報道を見た。「九二共識」を堅持することは両岸関係の平和的発展の共通の政治的基礎だ。両岸関係が良くてこそ台湾はよくなり、台湾同胞の利益幸せは守り増やすことができるのだ。二年以上、民進党当局の両岸政策は両岸関係の平和的発展を破壊し、台湾同胞の利益に重大な損害を与えた。現在、台湾民衆の経済民生改善を希望し、両岸関係を発展させる強烈な願いに直面し、彼らが二度と台湾同胞の利益幸せを損なうことに命を賭け、引き続き両岸交流協力制限阻止しないよう希望する。

(略)
 
香港中評社記者:数日前台北市柯文哲は、「九二共識」と「両岸は一家親族」はレッテル化されていると言った、お聞きする発言人はこれについて何かコメントはあるか?

馬暁光:「九二共識」は両岸関係の平和的発展の共通の政治的基礎だ。両岸関係と両岸都市交流の性質に対して正しい認識を持つことは両岸都市交流協力を展開する基礎である。

福建東南衛視記者:台湾メディアの報道によると、最近のある世論調査が、6割を越える民衆が「九二共識」の基礎の上に両岸関係を発展させることに賛成していると明らかにした。同時に、今回の台湾地区「九合一」選挙中、韓国瑜は「九二共識」支持を高らかに叫び、多数の民衆の肯定を獲得した。お聞きするこれについてどう評価するか?

馬暁光:我々は一般的に台湾の具体的な世論調査に対してはコメントしない。しかしだ、私は皆さんは一つの趨勢に留意していると思うのだよ。「九二共識」は両岸関係の平和的発展の政治的基礎であり、両岸関係の平和的発展が安定した長期的発展ができるかどうかに関わり、また両岸同胞特に台湾同胞の切実な権益が水と空気と同様に重要であるということに関わっているのだ。二年以上の両岸関係のこの様な一種の緊張し複雑な変化を経て、ますます多くの台湾同胞が「九二共識」の自身の切実な利益に対する重要性とその貴重さを認識するようになっている。これは両岸同胞が「九二共識」の基礎の上に、共同で両岸関係の平和的発展の局面を守り、共同で互恵・ウィンウィンの両岸関係の素晴らしい未来を作るのに貢献する。

(略)

2018年12月27日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(中国漁船が日本の水産庁職員乗せ逃走)

2018年12月27日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(中国漁船が日本の水産庁職員乗せ逃走)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1625383.shtml 中国外交部


問:報道によると、先月、二隻の中国漁船が日本の排他的経済水域に入り込み漁をして、日本側の漁業関係の役人がすぐに乗船して検査した。日本政府はこれについて中国政府に抗議をした。中国側はこれに対して何かコメントはあるか?
中国漁船、水産庁職員12人乗せ半日逃走 停船命令無視 EEZ漁業法違反の疑い YAHOO!

答:あなたが言った報道に関して、私は中国側の関係部門に問い合わせをした。中国側の関係部門が述べたところによると、このことは既に50日以上過去のことで、中日双方は既にこれについて意見を交換した。日本側が言う所の中国の船が「境界を越えて漁をした」というのは事実ではない、我々は日本側の水産部門が所謂「乗船検査」をしたことに対して不満を表明する。日本側が「中日漁業協定」を遵守し、中国側漁民の正当な権利をしっかりと尊重できて、中国漁船の正常な作業を妨害しないよう希望する。

2018年12月26日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(日中海空連絡メカニズム、日中軍艦相互訪問)

2018年12月26日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(日中海空連絡メカニズム、日中軍艦相互訪問)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1625074.shtml 中国外交部


問:報道によると、中日両国は「中日海空連絡メカニズム」を6月に成立させて以来初めての年度会議を12月26日27日北京で開催する。あなたは事実と確認できるかまた会議の状況を更に紹介できるか? 中国側は当メカニズム成立以来の効果をどう評価するか?

答:中日防衛部門海空連絡メカニズムの初の年度会議が北京で開催される。具体的な状況に関してはあなたが国防部に尋ねる必要がある。

今年の5月李克強総理が日本を訪問した期間、双方は中日防衛部門海空連絡メカニズム覚書に正式に署名し、6月このメカニズムの正式運用を開始した。中日双方が海空連絡メカニズムを打ち立て始動したことは、両国防衛部門が理解を増進し、相互信頼を強化し、誤解誤判断を防止し、地域の平和と安定を守ることに対して前向きな意義を有する。

問:報道によると、日本側は2019年4月海上自衛隊の艦船を中国訪問に派遣し、青島で開催される中国海軍成立70周年海上閲兵に参加することを考慮している。日本はまた中国軍艦を来年秋日本の海上自衛隊海上閲兵に参加するよう日本に招く可能性がある。中国側はこれについて何かコメントはあるか?

答:防衛関係は中日関係の重要な構成部分だ。今年は中日友好平和条約締結40周年だ。双方の防衛部門が交流意思疎通を強化することは、食い違いを適切にコントロールし、安全保障の相互信頼を高め、建設的な二国間の安全保障関係を構築するのに役立ち、(それにより)中日関係が引き続き改善し長期的に健全に安定して発展するためにプラスのエネルギーを注入するのに役立つ。我々は双方の防衛部門が意思疎通と交流を強化することを歓迎する。

あなたが言及した双方艦艇の相互訪問の具体的状況に関しては、中国国防部に問い合わせてください。

「クリスマスは中国の恥辱」中国安徽省の校長が演説

今日、台湾の元中国国民党主席、元新北市市長の朱立倫氏が2020年の総統選挙の国民党候補になりたいと宣言した。
朱立倫卸新北市長 宣布投入2020總統選舉 中央社

朱立倫の他に国民党からは元総統の馬英九氏や元首相の張善政氏の出馬が噂されている。前回の総統選挙では国民党は洪秀柱が選挙党大会で国民党候補に選ばれたが、あまりの不人気に朱立倫が代わりに候補に選ばれ、結局総統選挙では蔡英文に負けた。

安徽一校長告訴學生:聖誕節是中國人的恥辱 中央社
中国の政府や自治体では近年クリスマスを排斥する雰囲気があふれている。中国安徽省の泗県の学校では24日に旗の掲揚儀式を行い、26日が毛沢東生誕125周年なのにあわせて、学生に「偉大な領袖毛主席」との演説を発表させたほか、校長が「クリスマスは中国人の恥辱」と言う演説を行った。

これらは、SNS微博上での泗県の公式アカウント「泗県発布」で県内の重要ニュースとして、「西洋の祭りをボイコット、まず自分から始めよ_黃圩中心校が旗掲揚儀式を利用し学生に思想教育を行った」との題で公開発布された。

この発布の中では、近年クリスマス等の西洋の記念日が小中学生のなかで盛んだ、一部の学生は「盲目的に西洋の記念日を追いかけている、これは学校側の進める愛国主義伝統文化教育と逆の道だ」と指摘している。続いて、毛沢東生誕125周年にあたり、学生が「正しい人生観、価値観を樹立し、学生の是非を判断する能力を高めるのを助ける」ため黃圩中心校では学生に思想教育を行ったとしている。

その発布付属の写真によると、校長の演説は「クリスマスは中国人の恥辱」との題で、1860年英仏連合軍のキリスト教徒がわが国に侵入し、北京を占領後放火殺戮を行い、1900年八ヶ国連合軍が中国を侵略し、キリスト教徒がわが国人民を殺害し、死体を晒し、わが国婦女を侮辱した。クリスマスイブに彼らは殺人放火強盗競争を行い、彼らは神に祈りを捧げ無罪を祈ったと語った。そして毛沢東を偉人として心に刻み、26日こそ中国人が覚えておく日であり、国の恥を忘れないようにと語った。
20181225000240.jpg
写真は記事の校長の演説。微博の「泗県発布」アカウントから採ったとある

台北のパンダが世界初の歯に被せ物

台北市立動物園でパンダの歯が欠けたため歯に被せ物をした(世界初)というニュースを台北市の新聞稿から。
大貓熊「團團」裝牙套、醫療顧問團「鈦」厲害https://www.youtube.com/watch?v=Q5vPzTADqQo


ジャイアントパンダ「団団」が歯に被せ物、医療顧問団がすごい(「鈦」厲害)
發布機關:臺北市立動物園
發布日期:107-12-24

今月(12月)9日、飼育員がジャイアントパンダ「団団」が定例の動物訓練過程を実施するのを助けていたとき、パンダの左上の犬歯が断裂して流血しているのに気づいた。台北私立動物園はすぐに医療顧問チームと連携し、また12日当園の獣医師,歯医者と麻酔科の医師等を召集し、共同で「団団」のために緊急の歯科検査と処理をした。検査で、「団団」の左上の犬歯の歯冠部分に断裂が発生して、牙髓腔が見えているのを発見した、すぐにまず局部の根管治療と充填をし、同時にパンダのために歯を模した模型製作をし、チタンで作った専用の冠を準備した。23日午前医療チームは再度協力し、順調に「団団」に被せ物をした、これはジャイアントパンダが歯に被せ物をした世界初の例というだけでなく、更に野生動物の医療の発展のために、重要な里程標を打ち立てた。

飼育員が「団団」の左上の犬歯の断裂を発見した後、すぐに当園の獣医師及び「野生動物健康ケアと医療班」と連携し、医療チームの判断を経て、「団団」の左上の犬歯の髓腔が既に露出し,感染のリスクがあり、歯髄組織は損傷を受ける前に神経を保護し活性化しなければならなかった。「団団」に歯を残して竹を砕いて食べれるようにさせ、またその犬歯が再び断裂しないようにするため、12日まず活髄治療をし、局部の感染炎症を起こしている歯髄組織を取り除き、またMineral trioxide aggregate(MTA)を詰めて神経の保護と活性化をした。当日また歯の模型も製作し、チタン材質の冠を製作した。23日医療チームは再度協力し、「団団」のためにチタンの冠をかぶせた。

ジャイアントパンダの主食は竹の葉以外に、固い竹の幹が胃腸の菌を維持養う上で重要な役割を果たしている。彼らが食べるとき、主に犬歯を使用して竹の幹を断裂する。パンダの特殊な食の性質、いつも非常に固い食物を噛まなければならず強い噛み合わせの力がいるということを考慮し、医療チームは犬歯を維持するのに最適な材質を選ばなければならなかった。このため「団団」の冠は特別に「チタン」の材質を選んだ、チタンは生体親和性が高く、無毒で体に排斥され且つ高温低温に耐え、高硬度、耐酸性および耐アルカリ性があり、医学上広範に応用され、現在もっとも素晴らしい被せ物の材質だ。ただ冠の色が金属色のため、「団団」はチタンがきらりと光る銀歯になる。

歯は動物が毎日食事に使うもっとも重要な道具だ、歯に問題が発生したとき、常に動物は食事ができなくなり命が終わるという状況をもたらす。今回の「団団」の歯活髄治療と被せ物は、パンダの歯に被せ物をした初めての例というだけでなく、各界の協力を通して、野生動物の歯の医療と手入れのため重要な一課を開いた。今回国立台湾大学獣医専業学院劉振軒教授が招集した「野生動物健康ケアと醫療小組」と当園獣医師によって共同で任務を完成し、専門家チームメンバーは劉振軒教授指導の獣医チームが全過程で参加し、また台湾大学病院麻酔科孫維仁教授、王憶嘉及び葉芷圻医師チームが麻酔過程を指導監督した、今回の「団団」の活髄治療と被せ物は、台湾大学歯科専業学院林俊彬教授、李正喆醫師、李苑玲醫師及李明澍醫師等の専門家の力を借り、現場で指導し且つこの重要な任務を完成してもらった、チームの協力は隙間なく、共同で野生動物の飼育と健康ケアのため歴史に名を残した。
臺北動物園保育網:http://www.zoo.gov.tw/
Google+:http://plus.google.com/+TaipeiZoo
Facebook:http://www.facebook.com/TaipeiZoo
YouTube:http://www.youtube.com/Tai


panda.png
上の画像はyoutubeから
062bd180-2d99-48c2-8823-72b09c854bee.jpg
上の画像は新聞稿から

「スマホを置いて、青春をスイングする」ダンスフフラッシュモブ

台湾教育部の新聞から
5ca84426-36af-4bfa-b758-eec905ccb4cd.jpg


「携帯を置いて、青春をスイングする」ダンスフラッシュモブ
發佈單位:學生事務及特殊教育司
聯絡人:張惠雯科長
上版日期:107-12-23

教育部は若い学生が携帯を置いて、青春の活力を感じてもらうため、107年12月23日(日曜)午後2時ちょうどに、全国北部、中部、南部、東部及び金門地区の学校を連携させ、「携帯を置き、青春をスイングする」ダンスフラッシュモブを行った。科学技術の進歩につれ、携帯は徐々に生活の中で不可欠の道具になり、同時に人々の日常活動を制約し変えてしまった。若者たちがお互いの呼びかけを通してみんなが一緒に携帯を置いて,青春の感動を踊り、情熱と快楽を共有するよう希望する。

今回の活動は中原大學、宏國德霖科技大學、輔仁大學、東海大學、逢甲大學、南臺科技大學、東方設計大學、大漢技術學院及金門高中等の9つの学校が共同で参加し、臺北捷運西門站6號出口廣場、新北市板橋區凱薩飯店外、輔仁大學靜心堂前廣場、高鐵烏日站4號出口、逢甲大學忠勤樓1樓川堂、高鐵臺南站大廳、左營站3號出口、臺鐵花蓮站正前方廣場及金門尚義機場大廳等の人の集まる場所で、青年の学生達がドラマ仕立ての踊りを演じ、携帯を置いて溢れる青春の熱気を示した、ダンスが終わった後活力溢れるジェスチャーで一緒に標語の「私の未来は私が主人公になる決める」と呼びかけた、また現場の市民に祝福を送り、注目を集めた。教育部林騰蛟常務次長も当日携帯を集める養機場員に扮し西門町の現場に行き、瞬間熱気に溢れ、週末の台北街頭をより楽しく盛り上げた。

(以下略)
3da631a5-5f4d-49f1-accd-6943e030e4b6.jpg


12/23 逢甲熱舞快閃活動 https://www.youtube.com/watch?v=CKKkrDC2Lrk

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)