FC2ブログ

中国国民党大会で壇上に国旗なし、中共のテレビに配慮したか

7月28日に中国国民党は全国党代表大会を開催し、高雄市長韓国瑜を2020年総統選挙の国民党候補として選んだ。韓国瑜は指名演説野中で、国旗を全世界ではためかせると言った、しかしその舞台上には国旗はなかった。
有「穿雲箭」國旗都不見!他點破國民黨全代會舞台怪象... 自由時報

この様子は中国のメディアでも報道された。しかし舞台上では、国民党党主席、中常委、国会議員選挙立候補者がたち全員が手をつないでいたが、国旗はどこにもなかった。舞台の下で振られる小旗候補者の背中の総統の字などはモザイクがかかっていた。

デザイナーの蕭瑩燈はフェイスブックで、政治的魔鬼は細部に宿る、国民党大会は毎回青天白日滿地紅旗であふれていたのに、今回完全に舞台上に国旗がなかった、原因は中国中央テレビで放送するために協力したのだと書いた。これに対して、多くのネットユーザーが同意した。

その他、
中国、台湾への個人旅行停止 大陸委「一方的」強い抗議と非難 中央社
暫停陸客來台自由行 學者:與反送中及大選有關 中央社
中国が「8月1日から台湾への個人旅行の許可証の発行を停止する」と発表した。中国政府は台湾の総統選挙が近づくと3、4ヶ月前から団体旅行の制限をしていた。しかし今回は8月から、個人旅行までも停止する。台灣智庫諮詢委員董立文は中央社の記者に対して、その理由に香港の「逃亡犯条例」改正案に反対する抗議活動の影響で、情報の完全封鎖をするため。また韓国瑜高雄市長の総統選挙を助けるためだと考えている。韓国瑜高雄市長は中国との友好を強化して台湾の経済を活発化しようという政策だ。

陸客自由行暫停 韓國瑜:台灣人民不等於民進黨 中央社
韓国瑜候補は、中共の旅行制限に対して、中国に「台湾人民は民進党と同じではない」と撤回を呼びかけた。
スポンサーサイト



2019年7月30日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(INF全廃条約)

2019年7月30日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(INF全廃条約)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1684475.shtml 中国外交部


問:報道によると、29日、日本の河野太郎外相は、現在「中距離核戦力(INF)全廃条約」に調印していない国家が軍拡を続けてきていると言った。またもし当条約が失効すれば、米、露、中、英、仏の五ヶ国を含んだ新しい枠組みを構築しなければならないと言った。同日、アメリカのポンペオ国務長官は、米露は戦略的対話を行っている、中国側もこの対話に加わるよう希望する、関連協議は中国を含むことが必要だと言った。中国側はこれに対して何かコメントはあるか?

答:中国側は既に何度も「INF全廃条約」問題での立場を表明してきた。

中国側はアメリカの一方的な撤退が「INF全廃条約」が破棄される可能性を引き起こしたことに対して懸念と反対を表明している。米露両国が対話を通して違いを解決し、当条約を努めて残すよう希望する。これはグローバルな戦略的安定性を守り、地域の平和と安全を守り、大国間の相互信頼を守ることに対して利点がある。

「INF全廃条約」多国間化の問題に関して、我々は以前も語った、当条約は米露が合意した二国間の性質の条約だ、その多国間化は一連の政治、軍事、法律等の複雑な問題に関わり、多くの国家がこれに対して懸念を抱いている、中国側も同意しない。河野外相が謂う所の「新たな枠組み」は実際は何の新味もない、「INF全廃条約」を救う助けにはならない、逆に形を変えてアメリカの一方的な撤退のための言い訳を探すこと或いは提供することになる。

強調しておかなければならないのは、中国は終始防御的な国防政策を遂行し、中距離核戦力等の能力を発展させることは完全に防御的な目的からであり、いかなる国家に対しても脅威を構成しないしその意図はない。アメリカ側の撤退の真実の目的は自分を解き放つためであり、逆に中国としては、まったく道理がない、中国側も受け入れない。もし日本側が本当に地域の安全問題に関心があるなら、アメリカに対して一方的に撤退するなと説得しなければならない。

ポンペオ先生の言う中国を米露の対話と協議に加入させることに関して、我々はこれは一種の形を変えた「責任の押し付け」だと考える。中国は核兵器の全面禁止と徹底廃棄を主張する、ただし核軍縮は「各国の安全が減損しない」この世界公認の軍縮の基本原則に従わなければならない。アメリカは世界で最大の核兵器国家だ、核軍縮面では特別の優先責任を負っている。アメリカが現有条約をしっかりと履行する基礎の上に、さらに大幅な核兵器削減をして、その他の国家が核軍縮の話し合いに参加するための条件を作らなければならない、他の国に責任を押し付けてはならない。



河野外務大臣会見記録 日本外務省


(略)
INF全廃条約

【朝日新聞 清宮記者】INF全廃条約についてアメリカはポンペイ国務長官も8月2日までに離脱の意向をあらためて示していて,2日に失効する見通しですが,今までも日本としては条約を評価して,マルチ化の必要性も言及されていたと思うんですけれども,改めて受け止めをお願いします。

【河野外務大臣】このINFについては,軍縮に大きな役割を果たしてきた非常に重要な条約と考えておりますので,日本として,米露両国がその精神をこれからも引き継いでいっていただきたいと思っておりますし,米露のみならず中国・英国・フランスといったP5が,真摯に今後の対応をしっかり議論していただきたいと思っております。

【朝日新聞 清宮記者】精神を引き継いでというのは,条約はなくなってしまうけれども,なくなったとしてもということですか。

【河野外務大臣】日本としてはINFというのは非常に重要な条約ですので,できればこれをしっかり維持して,発展をさせていただきたいと思っていることに,なんら変わりはありません。

(略)
【東京新聞 大杉記者】INFの質問に戻るんですけれども,一つの軍縮の枠組がこれでなくなった,新たな枠組がないまま,なくなるということですけれども,日本の安全保障にどのような影響があり得るかということと,軍縮に向けた取組,今まで,外交当局間でどのようなやり取りをしてきたかと,これからどういうふうにしていくかというところも教えていただけますか。

【河野外務大臣】INFというのは,これはもう日本だけでなく,世界的にも軍縮という観点から非常に重要な条約であったと思っております。他方,INFの対象になっていない国が軍拡を続けてきているという状況がありますので,万が一,このINF条約というものが効力を失うような事態になれば,やはり,P5を対象とする新たな枠組の構築というのが必要になってくるだろうと思います。日本として,引き続き,そうした働きかけを各国に向けてやってまいりたいと思います。

(略)

2019年7月29日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(G20大阪サミット関連)

2019年7月29日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(G20大阪サミット関連)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1684203.shtml 中国外交部


問:中国がアメリカの農産品を買い付ける問題に関して、中国メディアの報道は、中国がアメリカから数百万トンの大豆を買い付けたと言っている、しかしアメリカ農務省のデータでは、中米元首が大阪で7月18日に会談してから、中国はただ百余万トンの大豆を買い付けただけだ。あなたは関連状況を説明できるか?

答:私は中国がアメリカ農産品を買い付ける状況について知らない、あなたに主管部門に問い合わせるようアドバイスする。

私があなたに伝えることができるのは、両国元首の大阪の会談での重要合意を実行するため、双方はまもなく第12回中米経済貿易ハイレベル協議を開催しようとしている。我々はアメリカ側が具体的措置を採って約束をきちんと実行し、双方の経済貿易協力と協議が進展するため有利な条件を作るよう希望する。

中国が台湾の近くで演習をし、中国メディアがそのまま台湾侵攻できると脅迫

中国国防部が14日に中共解放軍がこの時期に台湾海峡傍の東南沿海で軍事演習を行うと発表した。そして今日の中国メディア「観察者網」の「一周軍評」が、解放軍の東南沿海で行われる大規模軍事演習は多軍種の合同演習で、はっきり言えるのは、今回の大演習は中央の命令一つで、直接台湾解放の行動を開始できるのだと指摘した。また、これにより、今週土曜には既に台湾は「教召令」を発布し、全台湾の「予備役(原文は役男、19歳から36歳の徴兵年齢の男子の意味らしいが徴兵年齢の男子ではおかしいと思って予備役にしてみた)」を動員した。アメリカ海軍航空母艦は現在まだオーストラリアから帰る途中だ。これが意味するものは、解放軍が台湾侵攻してもすぐ駆けつける米軍の空母がいないということだと指摘した。
共軍「東南演習」直接攻台?中媒亂報:台灣已發教召令 三立新聞網

中華民国国防部は今日新聞稿を発表した。


メディアの報道「共産軍はまもなく台湾海峡で軍事演習をする、中国メディアの、直接台湾を解放できる」という表現に対して、国防部は今日(28日)強調する、国軍は情報監視偵察行為を用い、十分台湾海峡周辺海、空域の動態を掌握し、即時に対応し、国家の安全と地域の安定を確保できる、国民は安心して欲しい。

国防部は指摘する、敵情の変化と脅威に直面し、国軍は引き続き訓練整備を強化し、鍵となる防衛戦力を引き上げる、絶対に国家の安全を守り、国土を守り、中華民国の自由、民主と主権を守る能力と自信を持っている。

総統外遊で職員が密輸、総統が謝罪

蔡英文総統の外遊に乗じ情報機関の国家安全局の職員がタバコを密輸していた問題で、今日蔡英文総統が謝罪した。
蔡総統が謝罪、徹底調査へ 外遊に乗じた免税たばこ密輸で 中央社
台湾・情報機関トップが引責辞任 総統外遊同行の警護官が密輸 産経ニュース

総統府の新聞から蔡英文総統の談話


総統府の特勤職員が法律に違反して密輸していた事件に関する談話
中華民國108年07月27日

蔡英文総統は今日(27日)午後特勤(中華民国憲兵特勤隊)職員が法律に違反しタバコを密輸していた事件に対して談話を発表した。

総統はまず説明した、「昨日私たちは『買いすぎ(原文は超買)』の二文字を使って今回の事件を形容した、主に司法部門の捜査を尊重したためだった。しかし私たちはまたこの名詞を使ったために、社会の、政府はこの違法な密輸事件に対して徹底した捜査をする決心があるのかとの疑いを引き起こしたことを理解する。私はすべての国民に厳粛に言いたい、この事件に対して政府の捜査し抜くという決心は疑いの余地はない、私たちの決心は断固としており、必ず徹底捜査する」

「今回の事件が引き起こされた不正行為について、この不正行為は長期間政府の仕組みの中で摘発されず改革されずに来た、国家の指導者として、私は謝罪をしなければならない。その他、この長期間の不正行為は、それが発生した時期がどの政府の時代か、或いはいくつの政府を経てきたのかを問わない。今日、私たち政権を執る政府が、この責任を負わなければならない、必ず徹底調査し、責任をはっきりさせ、このような事件を将来再び発生させない」

「私はまた社会大衆にはっきりと言いたい、総統は介入しない、またこの事件の捜査方針或いは法律の適用に干渉或いは基調を定めたりしない。この事件の発生以後、私たちはまず初めに国安局(国家安全局、憲兵特勤隊は国安局配下だが、職員は軍の憲兵隊や警察などで複雑な構成)長の辞職を受けまた侍衛長を移動、その後に罰し、特に上級幹部を罰した。この事件において、私たちの監督管理は確かに遺漏があった、それゆえ早い時期に、私たちは処罰リストと結果を公表した」

「私たちはまた新任の国安局長に今週中に必ず検討報告を提出するよう要求した。司法機関の捜査に対しては、私は既にすべての政府機関部所或いは個人はすべて調査に協力しなければならないと命令した」

「私はまた国安特勤職員に告げる、あなたたち彼らは国家の重任を背負い、高い責任感と誇りを持たなければならない。今回の事件では、あなたたち彼らは深く反省し過ちがあれば改めなければならない。社会に国安特勤職員は能力を最大限に発揮して国家を守るという決心を十分に感じさせなければならない、またあなたたち彼らが失敗や苦難を思い起こして反省し、今後の戒めとし、教訓を心に刻み、過ちがあれば必ず改められる状況の下、もっともよい方法で私たち社会の信頼を勝ち取るよう希望します」


私菸案馬政府就有?馬英九:盼司法查出真相 YAHOO!
國安局爆發私菸案 韓國瑜:眼睛看不到的才可怕,蔡英文領導能力出了嚴重問題 YAHOO!
私菸定調超買!柯P狠酸:以後貪污叫為民服務費 YAHOO!

台湾陸委会が香港旅行に注意喚起

台湾の中国関連問題を扱う中華民国大陸委員会の今日の新聞稿から


陸委会は再度国民に旅行の安全に注意し、香港デモ行進の場所を避けるよう呼びかける
發布日期:108-07-26
陸委會新聞稿編號第072號

最近香港民衆がデモ行進を続け、衝突する状況は日増しに激しくなっている、香港ではもともと、27日に水邊村遊樂場から元朗西鐵站で「光復元朗」デモを開催する予定だ、当活動は既に香港警察側に反対する通知書を出されている、ただなお民衆は予定のデモコースに集まる恐れがある、大陸委員会は国民にもし香港に行くなら、デモ行進の場所に行かないよう、また個人の安全に注意し、随時香港デモ関連の情報及び交通の影響に留意し、以って旅行と安全に影響しないようにしなければならないと呼びかける。

陸委会表明、もし香港観光あるいはビジネス、台湾の縁者が香港で問題に遭遇したら、当会香港弁事処(駐地名稱:台北經濟文化辦事處)の急難電話(***-*********)に電話することができる、弁事処は協力援助を提供するだろう。
新聞聯絡人:吳佳珍

世論調査で柯文哲台北市長の満足度が半年で8パーセント下落

台北市の新聞稿から


台北市準公共幼稚園認証記者会 柯文哲:公私が協力し、「私たちの子供は私たちが一緒に育てよう!」
發布機關:臺北市政府秘書處媒體事務組
發布日期:108-07-25

台北市長柯文哲は25日午前台北市準公共幼稚園認証記者会に出席し、彼は挨拶で強調した、「少子化は既に国家安全の問題になった、私はただ育児補助だけで問題を解決できるとは考えていない、出産、育児、教育は連続した過程だ、それゆえ国家がどのように父母となる若者を助けるか考えなければならない」

「『国家があなたが育てるのを助ける』のはとても難しい、国家はそんなにお金がないからだ、ただもし『私たちの子供は私たちが一緒に育てよう』ということなら、比較的可能だ、畢竟子供は国家の将来の希望なのだから、どの子もみな『私たちの子供』とみなし、公私が協力する方式で処理しなければならない」

(略)

会の後柯文哲はメディアのインタビューを受けた、
(略)

記者:臺北市政府研究發展考核委員會の世論調査*では、市長の満足度は8%下がった、市民に市長は市政にやる気がないと思わせたのかどうか?
*)市の世論調査の結果資料
市政滿意度持平 惟柯文哲市長滿意度下滑

柯文哲:私の市政満足度が下がった、少しデータを分析しみたい、どこが改善が必要か見てみる。私の態度はすべての批判に向き合いそれを進歩の動力にする。ただ私がとてもおもしろいと思ったのは、すべての市政は市長とは違う方向に向いている、治安、環境等は変わらない、市長本人のみが下がっている、それゆえこれが明確に市長個人に対する不満を示しているのか、私たちは帰って再度検討してみる。

記者:市長個人ではどの部分が市民に不満を抱かせたと考えるか?

柯文哲:私は毎日データを見ている、すべて持ち帰って研究している、私は研究し続けている、以前或る友人が毎日楽しそうに自分を研究している人に遭ったのは初めてだと言っていた、これは非常におもしろい政治現象だ、私は今日持ち帰って少し研究してみる。

記者:市長の自分に対する満足度の答えは特別だが、9月に選挙に参加すると宣言するかどうか考えるのに影響するかどうか?

柯文哲:台湾の民意は興味深い、台湾は極端な気候だけでなく政治も極端だ、二大政党の予備選の世論調査が揺れたのを見てから、私はある人が言うようにこれは特定の民族が家で電話を受けたからだとは思わない。私は率直に言うが、比較的文明的な国家の国民は比較的安定に向かう、民意がこの様に上がったり下がったりは台湾が安定していないことを証明している、十分安定しない社会こういう社会は進歩する方法を考えなくてはいけない。

(略)

2019年7月23、24日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(天野之弥IAEA事務局長死去、香港関連)

2019年7月23日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(天野之弥IAEA事務局長死去)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1682722.shtml 中国外交部


問:報道によると、天野之弥国際原子力機関事務局長が7月21日亡くなった、中国側は天野之弥の任期内の仕事及びIAEAが中国と協力して発揮した働きに対してどう評価するか?

答:中国側は天野之弥事務局長が亡くなったことに対して哀悼の意を表し、また彼の御家族にこころよりお悔やみを申し上げます。天野之弥先生は国際原子力機関事務局長だった間、役割を務め通し、機関を率いて原子力の発展と原子力技術の応用、核不拡散監視防止体制強化、原子力の安全と核セキュリティーレベルの向上等の分野で多くの素晴らしい仕事をし、世界が引き続き発展でき世界平和と安全を促進するため重要な貢献をした。中国側はこれに対して高く評価する。中国側は機関と事務局長自身の仕事を終始積極的に支持し、機関と全方位多層の実務的協力を展開し、豊富な成果を上げた。中国側は引き続き機関と各分野の協力を深める。



2019年7月24日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(香港関連)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1683016.shtml 中国外交部


問:第二、最近いくつかの国が相次いで香港に対して注意喚起を出した。日本の香港総領事館、アイルランド外務省の香港マカオ地区に対する注意喚起。中国側は何か答えることはあるか?

答:第二の質問、我々は香港の一連の事態を懸念し、一切の暴力不法行為に反対し、香港特区政府と警察側の法により処置し、香港の法治と社会秩序を守ることを断固支持する。あなたはアイルランド等の国が香港マカオ地区への旅行に対して警告を発表したと言及した、私は分からないがあなたは香港の記者としてどのように考えますか? 私は、本当に香港を愛する香港人はこれに対して間違いなく心を痛めると思う。 すべての正義感を持つ人、本当に香港を愛する人は団結し、香港の安全と秩序を共同で守り、香港この「東洋の真珠」を再びキラキラと輝かさなければならない。私は、これはすべての香港人の共通の願望であるべきだと思います。そうではないですか? (香港の記者頷く)

中国の李鵬元国務院総理が死去

中国の李鵬元国務院総理が7月22日北京で病気により死去した。享年91歳。中共新華社は「党と国家の卓越した指導者」と高く評価した。
李鵬辭世 六四鎮壓是人生重大汙點 中央社
李鵬之死 中共高規格評價:永垂不朽 中央社
李鵬訃告文稱六四反革命暴亂 陸委會批:未能正視歷史錯誤 自由時報

李鵬元国務院総理は1989年天安門事件の時総理として学生市民を虐殺した首謀者の一人として非難されてきた。新華社は今晚6時57分正式に李鵬元総理の死を発表したが、ネット上では今朝から流れていた。新華社の発表は事実上の中共の李鵬元総理の評価をプレスリリースしたものと思われている。李鵬元総理の死の発表には中共中央委員會、中國全國人大常委會、中國國務院、中國全國政協共同の名前があり、内容では、李鵬元総理を「中国共産党の優秀な党員、時間が忠誠を実証してきた共産党戦士、傑出したプロレタリアート革命家、政治家、党と国家の卓越した指導者」と言った。典型的な間違いを起こさなかった中共高官に常に見られる表現だ。そして「李鵬同志の一生は革命の一生、戰鬥の一生、光輝の一生,全心全霊で人民のため服務し、共產主義事業のため奮鬥した一生だった。彼の死去は、党と国家の重大損失だ」、また「李鵬同志の名は永遠に朽ちない」と加え、中共の高い評価を示した。

台湾陸委会も表明した、「李鵬死去の情報に関して、陸委会は留意している。中共の歴代指導者の行為に対して、我々は歴史には公平な判断があると考える。李鵬はわざわざ台湾海峡危機の時台湾に対して言葉で攻撃し武力で威嚇した、その他、中共当局はその訃告文の中で、六四事件を反革命暴乱と規定し、間違った六四の鎮圧事件を果断な措置をとり動乱を制止したと評価し、中共政権が一貫してその歴史の間違いを直視せず本当に過ちを悔いることができていない、これに対して我々は深く遺憾の意を表明する」

2019年7月22日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(日本第25回参議院議員選挙結果、さんま漁会議の合意)

2019年7月22日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(日本第25回参議院議員選挙結果、さんま漁会議の合意)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1682511.shtml 中国外交部


問:昨日、日本の国会参議院選挙結果が明らかになり、安倍首相のいる与党が過半数を越える議席を獲得し、勝利した、しかし憲法改正を推進するのに必要な三分の二の議席は獲得できなかった。中国側は選挙結果をどう評価するか、今回の選挙は中日関係に対してどう影響するか?

答:あなたは日本の参議院の選挙結果を通して憲法改正問題と中日関係の問題を聞きたいということか?

記者:そうだ、全部聞きたい。

答:まず、日本の参議院選挙は日本の内政だ、我々は論評しない。その次、日本の憲法改正問題も日本の内政だ、しかし歴史的原因によって、この問題は国際社会の特にアジアの隣国の強い関心を受けている。我々は日本側が平和的発展の道を歩み続け、実際の行動でアジアの隣国と国際社会の信頼を得るよう希望する。

中日関係に関して、中日は互いに重要な近隣だ。最近終わったG20大阪サミット期間、両国指導者は現在の中日関係改善発展の良好な勢いを一致して前向きに評価し、中日がどちらも発展の新時代に入り、双方の共同の利益と共通の関心が日増しに増え、両国関係は新たな発展のチャンスに直面していると考えている。双方は新時代の要求に一致する中日関係を構築することに共同で努力しなければならない。我々は中日双方が共同でこのために努力できるよう希望する。


(香港問題部分略)
発言人:あなたは香港問題を聞いた、しかし私はまだあなたのさんまに関する質問に答えていないたい。先週あなたたちが聞いたとき、私はこの場で回答をしなかったが、記者会見の後我々は真剣に関係部門を探して問い合わせると言った。あなたたちは今まだこの質問をしたいか?

記者:もし新しい情報があるなら、知らせてください。

発言人:2019年7月16-18日,北太平洋漁業委員会第5回年次会合が日本の東京で開催された。委員の各メンバーの共同の努力の下、突っ込んだ話し合い協議を経て、会議はさんまの保護管理措置を改正可決し、漁獲割当て量(TAC)制度を導入し、北太平洋公海と排他的経済水域のさんま資源の科学的保護と長期に利用できる統一的計画を立てる良好な基礎を打ち立てた。会議はまたその他の資源管理措置、財務予算等の事項を採択した。

中国代表団は積極的に会議の話し合いに参加し、各方面との意思疎通協議を強化し、会議が前向きな成果をあげるよう推進するためしかるべき貢献をした。中国は責任を持った漁業大国として、委員会各メンバーと意思疎通協力を強化し、北太平洋漁業資源の科学的保護と長期に利用できるよう共同で促進したい。

記者:私はまだ一つ質問がある

発言人:鯨に関する質問ですか?(記者笑う)
(略)

「北太平洋漁業委員会(NPFC)第5回年次会合」の結果について 水産庁


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)