2018年2月1日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(中国外交部 vs. 産経新聞)

2018年2月1日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(中国外交部 vs. 産経新聞)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1531078.shtml 中国外交部


問:第一、今日、新華社が日本で日本語版のサービスを開始した。国家政府或いはメディアが対外的にニュース発信を強化するのは自然で、正当で、当然歓迎されるべきだ。しかし中国では、大部分の西側メディアのサイトと日本のメディアのサイトはどれも閲覧できない。これは対等の原則に基づくべきだ。中国側はこれについてどう答える? 第二、日本企業の無印良品が公表した商品カタログが地図の問題のため撤回を命令された。中国地図管理条例の規定では社会に公開される地図は行政部門の審査を受けなければならない、しかし簡単な地図は例外だと表してある。私の理解では、無印良品が公表した地図は当企業の商品数量を表そうとしたもので、地理を専門的具体的に表そうとしたものではない。外国企業にとって、この規定の基準は曖昧だ。そのあなたの後ろの地図も審査を受けたのか? 第三、最後私は少し説明したい、あなたが1月30日に「駐華外国記者協会(FCCC)」報告に対する態度表明に関して、あなたはもし報告内容に賛同する記者がいれば挙手をするよう提起した*、しかし「産経新聞」の記者は当日記者会見に参加していなかった、今私は報告内容への同意を表明する、私は報告の中に挙げられたいくつかの状況を私自身が経験したことがある、我々はこの前も中国側がいくつか改善するよう希望すると表明した。これが我々のこの問題に対する立場だ。
*)今日の15時07分に人民網に30日に誰も手を挙げなかったと日本語記事が掲載してある。おそらくこの問答を載せるため連動して急いで書き込んだのだろう。http://j.people.com.cn/n3/2018/0201/c94474-9422694.html
youtubeにあった30日の様子
外交部记者会罕见一幕!华春莹三问外媒 现场一片沉默https://www.youtube.com/watch?v=D0pGdwOsEEI

答:私はあなたが毎日記者会見に来ているかどうかは知りませんが、少なくともここ数日は来ていませんね。今日あなたがこの数個の質問をしにわざわざ来たということが、ろくでもない考えで来たということだけはわかります。

第一の質問に関して、率直に言って、私はあなたの話しを聞いても全く理解できない。ただあなたの質問は明らかに外交部の業務の範囲ではない。だから、誰に問うべきか、自分で誰かに聞けばいいでしょう。

第二の質問に関して、昨日私はその問題について回答した。中国側のそれに関する立場は非常に明確だ。私は無印良品の会社が既に取材を受け*、中国側の関係部門の要求に従い処理し、各法律法規を真剣に閲読学習すると表明したことに留意している。私はあなたにも国家測量地理情報局発表の公告を見て欲しい、それは普遍的な調査で、誰彼の区別なく同等に扱い、またどの外国企業を狙ったものでもない。中国側は外国企業が中国に来て投資し協力するのを歓迎する、ただし同時に外国企業は中国で中国の法律法規を遵守しなければならない。
*)无印良品日本总部独家回应:接受中方指正,没要求日本政府介入 環球網 http://world.huanqiu.com/exclusive/2018-02/11576019.html

第三の質問に関して、中国駐在外国記者は600名近い、私は知らないのだがFCCCに属している記者は一体何人か? あなたはFCCCの報告に賛同すると言う、それならあなたはそのメンバーなのか? 私はあなたにいくつかの質問に答えて欲しい。中国駐在の外国記者は600名近い、なぜ他のメディアはあなたのその種の問題に遭遇しないのか? なぜ「産経新聞」はそのような感覚を持つのか? あなたは「産経新聞」自身のやり方は再考するに値するかどうかと考えるか? 殆どの外国記者とメディアは中国で順調に仕事と取材をし、ただあなた方「産経新聞」だけが問題があると考える時、あなた方自身が深い再考と反省をする必要があると、私は考える。

私達には、中国にいる外国記者は全て友人です。我々はあなた達にペンとレンズを通して世界に向かって立体的、全面的に真実の中国を紹介して欲しい。我々は外国記者が中国と世界の架け橋となって、中国と世界の意思疎通強化を助け、相互理解と協力を深めるよう希望する。我々は全ての中国駐在外国記者がこのために積極的な働きを発揮するのを歓迎し支持する。


河野外相と民進・小西氏がツイッターで応酬 河野氏の中国報道官とのツーショット写真が火種 産経新聞 2018.2.1 18:19
産経新聞記者の挑発に華春瑩報道官が力強く反論 人民網日本語版 2018年02月02日11:56
http://j.people.com.cn/n3/2018/0202/c94474-9423127.html
「産経記者が挑発」と中国メディア 中国の取材環境悪化 記者協会の指摘めぐり 産経ニュース 2018.2.2 20:47
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)