蔡英文総統アメリカの両院議員団と会う

中華民国総統府新聞から


総統がアメリカ上院「台湾連戦(Senate Taiwan Caucus)」共同主席 James Inhofe と上下両院議員訪問団を接見す
中華民國107年02月21日

蔡英文総統は今日(21日)午前アメリカ上院「台湾連戦(Senate Taiwan Caucus)」共同主席 James Inhofe と上下両院議員訪問団を接見し、訪問団員が長期にわたって国防、外交と高官相互訪問等の議題で台湾を協力に支持してきたことに感謝したほか、台湾が引き続き更に多くの協力の機会を求め、アメリカと共同で努力しインド太平洋地域の平和と繁栄を守るよう努力すると強調した。

総統は挨拶で語った、
「今月(2月)はじめアメリカ上院外交委員会は「台湾旅行法」を可決した、私はこの機会を借りて訪問の皆さんに長期間国防、外交、高官相互訪問等の議題で台湾を強力に支持してもらってきたことに感謝します。あなた方の努力は台米関係の中の最も強固な支えで、台米をお互いに信頼するパートナーにした、『あなた達が台湾のためにした一切に感謝します』」

「アメリカ議会は台湾の最も強固な友人だ。あなた達の支持があるから、台湾は今まで、孤立無援に感じなかった。台米間の強固な友情は時間のテストを経ただけでなく、お互いが共同して尊重する価値を明らかにした。というのは私達はどちらも自由と人権の価値は地域の安定、平和、繁栄を維持する基本要素だと信じているからだ」

「これらの価値は地域内の国家と政府が一緒に民主、法治、自由市場を支えなければ、実現できないものなのだ。双方が共通の価値を断固として守りさえすれば、台米関係はどのような妨害にも簡単には揺るがない」

「今日の国際情勢の変化に対応して、お互いに更に努力して共有する利益と価値を守らなければならない。またこれにより、当地域の安定が益々多くの挑戦を受けている時、私達は、アメリカが引き続き自由、開放のインド太平洋地域を維持することを選択し、平和と繁栄を促進していることを見て喜んでいる。この目標を達成するため、台湾等を含む民主国家の共同の努力を必要とする。引き続き、私達は更に多くの協力のチャンスを探し、アメリカと共同で努力する」

「台米は過去数十年来一緒に多くの成果を創った、とりわけ武器の購入、貿易、台湾の国際参加面だ。これらの素晴らしい成果はみなアメリカ議会と政府の支持による。私は再度訪問団の皆さんが台湾を支持することに感謝する、台米双方の共同の努力の下、アメリカは今までも且つ引き続き台湾の最も強固なパートナーだ。お互いが共有する利益と価値もまた、将来引き続きこの友情を支えるだろう、私も新しい一年に台米関係が更にグレードアップするよう期待している」

訪問団一行はアメリカ上院議員 Michael Rounds、Joni Ernst、Daniel Sullivan、下院議員 Trent Kellyを含み、外交部部長李大維とアメリカ在台協会台北弁事処処長 Kin Moy が同伴し、総統府に来て総統に会い、総統府秘書長呉釗燮と国家安全会議諮問委員陶儀芬も同席した。


20180221 總統接見美國參議院「臺灣連線」共同主席殷霍夫及參眾議員訪問團https://www.youtube.com/watch?v=mJExOkMLtc0
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)