中共憲法改正で習近平の任期を延長することに対する記事いろいろ

中共当局が憲法を改正して国家主席の任期の制限を撤廃する、これに対する反応の記事が様々出ている。主に台湾の記事から要約してみる。
中國修憲程序一次看懂 中央社

中國網友批習近平稱帝學北韓 當局封鎖留言 中央社
習近平想「稱帝」... 大批中國網友翻牆狂譙! 自由時報
好大的官威! 微博封鎖民眾搜尋「習近平」 自由時報
不只搜不到習近平 「稱帝、我反對」也成微博禁詞 自由時報
中国のメディアは一方的に肯定的な報道をしているが、中国のネット上では習近平の皇帝の夢が終に実現した、庶民の悪夢が降臨した、民主はもう死んだ、などと書き込まれ、微博では習近平の単語が検索できなくなった。ネット上では「称帝」、「我反対」、「反対」の単語さえ検索できなくなっていた。

社评:坚定支持中央修宪建议,这是理性也是信仰 環球網
http://opinion.huanqiu.com/editorial/2018-02/11621386.html
中国の環球網は「中央の憲法修正建議を断固支持する、これは理性であり信仰でもある」の見出しで社説を発表した。社説の中では中共中央総書記、国家主席、軍委主席「三位一体」の指導体制という表現が出ている。

陸修憲回毛時代 美學者:中共內部缺自信 自由時報
アメリカの Woodrow Wilson Center Director of the Asia Program の Abraham Denmark は個人のtwitterで「別に以外ではない」と書き込んだ。彼は「これは習近平個人の権力を固めた他に、中共のエリートが中国経済と社会が困難な時期に直面していると考えていて、中共内部はこの低迷した状況をコントロールすることに対して、実際は自信がないことを反映している」と考えている。アメリカThe Conference Board の Jude Blanchette は中共がソ連式の政治継承制度の問題を解決できないことを示しており、世界に対する潜在的な影響は巨大だと指摘した。

中國擬刪國家主席任期規定 美學者:惡兆 自由時報
アメリカ Heritage Foundation のアジア研究センターの Walter Lohman は中央社のメールに答え、「これは不吉な兆候だ、歴史は、一人に権力を集中すれば不安定になり、政治は制限を受け、人民の権利は脆弱になり、最終的には混乱に到ると証明している」と答えた。Woodrow Wilson International Center for Scholars の Robert Daly は中国がどう変わろうと台湾への圧迫は変わらない、台湾とアメリカは協力して、台湾民衆が自分で未来を決定できるようにしなければならないと話した。

習近平取消任期 被觀察遭暗殺、政變風險加劇 自由時報
台湾の師範大学政治学教授范世平は制度上彼をやめさせる事ができない状況では、暗殺や政変が唯一の解決方法になる、後継者がいない状況では、中共幹部の権力闘争が更に激しくなる、これは中国の悲劇の始まりだとFacebook上に書き込んだ。

王丹等16位中國民運領袖發聲明 反對習近平皇帝夢 自由時報
中国国外の民主活動家王丹、厳家其、王軍濤等の16人が連合して声明を発表し、中共中央がもうすぐ全国人大に憲法修正を提起し、国家主席の任期は二期を越えないという規定を廃止しようとしていることに反対する、さもなければ将来中国は新帝政を実行するかもしれない、それは袁世凱の復活で反共和で歴史の大後退で40年の改革開放の徹底否定だと言った。

まだまだいいろいろある。
習近平「稱帝」成中國維尼元年 學者:低端人口更慘了 自由時報
若習近平把中國帶回毛澤東時代 學者:將是死路一條 自由時報
習近平若稱帝帶給台灣什麼變動? 美學者這樣分析 自由時報
習近平欲修憲延續權力 強國人瘋炒「皇帝」股 自由時報
「習皇帝」將成真? 柯P:等發生再說 自由時報
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)