中華民国107年2月税関輸出入貿易統計速報

中華民国107年2月税関輸出入貿易統計速報。中華民国財政部統計処の新聞稿から


107年2月税関輸出入貿易統計速報
発布日期 107年3月7日
発布單位: 財政部統計処
連絡人  統計処 梁冠璇 科長

一、輸出:
2月輸出223.7億米ドル、農暦春節連休の影響を受け、先月比18.3%減、前年同月比の1.2%減;1月から2月までの累計輸出497.5億米ドル歴年同期最高、前年同期比7.3%増。

輸出金額と年増率
Screenshot_20180307_213007.png

主要国家に対する輸出(美国はアメリカ、東協はASEAN)
Screenshot_20180307_205140.png

二、輸入:
2月輸入194.6億米ドル、先月比22.1%増、前年同月比0.9%増;1月から2月までの累計輸入444.2億米ドル、前年同期比12.4%増。

輸入金額と年増率
Screenshot_20180307_205049.png

主要国家からの輸入
Screenshot_20180307_205303.png

2018年主要国家/地区の輸出入の年増率(出口は輸出、進口は輸入)
Screenshot_20180307_205410.png
図表は新聞稿PDFから

新聞稿pdfの総合分析から
一、産業の季節循環がローシーズンに入ったのを受け、加えて春節の連休によって就業日数がやや少なかった影響で、2月の輸出は223.7億ドルに下がり、前年同月比1.2%減(季節調整後、年増4.1%)で、連続16ヶ月プラス成長の勢いが止まった。輸入は194.6億ドルで0.9%の微増。1月から2月までの累計は、世界の景気の活発さ、投資環境の好転、国際原材料市場の高止まり等の有利な要素の恩恵を受け、輸出規模は歴年同期最高を記録し、年増7.3%、輸入12.4%増。

二、2月の輸出の主要産品の中、鉱物製品、光学機材、紡織製品は前年同月比減少幅は1割を越え最大、輸送製品は変動がやや大きく、比較基準時期の影響で成長は3割近い。1月から2月までの累計は、輸送製品、化学製品、プラスチックゴム及びその製品、機械、卑金属とその製品等の5種類の製品は年増率どれも1割を越え、結果はやや良い。電子部品は3.4%増、輸出規模は卑金属とその製品、機械はどれも歴年同期最高を記録した。

三、2月の主要市場に対する輸出は様々で、中国大陸香港、ASEANに対する輸出はどれも基準時期が高いため、それぞれ10.86%、8.9%の減少、欧州、アメリカに対しては19.1%、12.6%の増、どれも連続17ヶ月成長、日本に対しても9.8%の増。1月から2月までの五大主要市場に対する輸出規模はどれも歴代最高を記録し、日、米、欧に対する輸出は1割を越える増加、合計の輸出を3.2ポイント引き上げ、輸出貢献寄与率は44%に達する。

四、今年の世界経済の見通しはなおよく、成長も去年より良くなると望める、IoT、車用電子製品、高速コンピューティング、生物認証、仮想通貨等の新興のビジネスチャンス広がり、また製造技術の高度化、がどれも我が国輸出を支えるのを助ける、ただ注意すべきなのは、貿易保護の雰囲気の上昇、為替変動、国際産業競争と統合、中国大陸サプライチェーンの現地化等の不確定リスクの要素だ。


下次發布日期: 107年4月9日下午4時
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)