FC2ブログ

人種差別撤廃委員会の百万のウィグル人が収容所に入れられているという報告が再び話題に

国連の人種差別撤廃条約に基づき設立された国連から独立した人種差別撤廃委員会が8月10日に百万のウィグル人が収容所に拘禁されているということを発表した。アメリカと中国の貿易戦争でもこの問題をアメリカが攻撃しているため、中共のウィグル人への迫害が再び注目されている。台湾の中央社がこの問題を整理している。
中國打壓新疆維吾爾穆斯林 癥結點一次看 中央社

話題が西側で拡散
8月10日人種差別撤廃委員会が中国の関連報告をしているとき、委員会副主席 Gay McDougall が発表した話が西側メディアで次々引用されている。 アメリカのAP通信によると、Gay McDougall は会で、「多くの報告では、ウィグル人とその他のトルコ系ムスリムの少数民族が大規模に拘禁され、二百万人が再教育キャンプに送られ政治教育を受けている」と語った。

状況はいつ悪化したか
ドイツの European School of Culture & Theology の研究員 Adrian Zenz が今年5月発表した論文では、2017年3月以後再教育キャンプ関連の入札募集が行われている。

収容キャンプとは
Adrian Zenz の論文によると、再教育キャンプの名称は、「集中教育転化養成センター」「法制学校」「健康回復治療センター」等、地方では単に「養成班」と呼んでいる。位置は刑事拘留所、警官養成センターなど。教育時間は、15日,2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月など。設備は塀、鉄条網、強化窓、監視システム、警官見張り所、武装警察用施設など。

内部でしていること
Adrian Zenz の論文によると、イスラム過激派の危険性を教育し、愛国歌曲を歌わされる。伝統的 Burka を現代の服装に変えられる。

人数は
数十万から百万、亡命ウィグル人組織によると、89.2万人が68の県市に拘禁されている。

中共はなぜこの様にするか
中共が推し進める「一帯一路」構想の中心に新疆(東トルキスタン)地区がなる、そのため中共はウィグル問題を最終的に解決したがっている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)