FC2ブログ

アメリカがあらたに中国の2,000億ドル分の製品に10%の関税をかける影響

アメリカ政府は2,000億ドル相当の中国製品に10%の関税を適用すると公表した。台湾政府はこの米中貿易戦争は台湾にも影響してくるのではないかと警戒している。
台湾経済部の新聞から


アメリカが2018年9月24日から中国大陸の2,000億ドル相当の品物に対して10%の輸入関税を追加する、また2019年1月1日から25%に上げる
日期:107-09-18
貿易局本新聞稿發言人:劉副局長威廉
業務聯絡人:雙邊貿易一組戴組長婉蓉

アメリカ貿易代表部はアメリカ東部時間2018年9月17日に中国大陸に対する米通商法301条に基づく第三弾の課税リストを発表し、総計5,745品目、貿易額は約2,000億ドルになり、9月24日から10%の関税を課す、また2019年1月1日からは25%に引き上げる。

当リストは2018年7月10日より農漁畜、加工食品、化学、ゴムプラスチック、紡織、機械、電子及びその部品、光学機器及び其の部品、運輸設備等の6,031の品目に関税を上乗せすると公表し、市民の評価の手続きを経て286の品目を削った、除かれた品目は家庭用電子製品、例えばスマート腕時計、ブルートゥース設備、紡織品、農業化学品、健康と安全製品(自転車のヘルメットなど),及び兒童安全家具,(自動車の子供用椅子と遊技用柵等)を含み中国大陸からアメリカへの輸出販売金額は約17.3億ドルだ。

初期の評価を経てわが国産業に対する影響は、アメリカの中国大陸の製品に対しての課税であって、わが国製品に対する追加関税ではないため、わが国に対する直接の影響は大きくない、ただ一部大陸での台湾企業がわが国の中間材を購入し加工した後アメリカに輸出しており、間接的にわが国輸出実績に影響する恐れがあり、影響情勢はなお観察を待つ。初期の分析では台湾で生産し海外へ移っていない業者は比較的影響を受けず、振り替え効果の可能性がある、例えば家庭用工具、ネジ、ナット、スライドレール、モーター、鉄鋼、自動車部品、電池、変圧器、光学製品等だ。もし中国大陸で展開している業者で、且つ最終製品をアメリカに輸出している者は影響を受けやすい、例えばネット通販、低中自転車と部品、石油化学製品、工作機械とハンドバッグ等だ。

米中衝突が引き続き拡大し、中長期になると、世界貿易とサプライチェーン、台湾企業の世界展開に対して広範に影響する。あらかじめ対応するため、経済部は既に専門チームを成立させ、またわが国企業界、産業協会と密接な連携を保ち、この措置のわが国国内産業と大陸の台湾企業に対する影響をさらに評価点検し、大陸の台湾企業が秩序立てて台湾に帰って投資するあるいは生産基地を東南アジアやその他の国家地域に移すための援助を一層強化する。別に関係製品が輸出の転換で違反をしてわが国全体の対外貿易に影響しないよう全力で経済部は監視体制を強化し、輸出入管理を健全化し、あるべき貿易秩序を維持する。

経済部は引き続き密接に本案の展開に注意し、米中貿易衝突の変化の把握を強化し、産業界と密接に意思疎通し、わが国産業と大陸の台湾企業に対する衝撃影響を評価点検し、評価結果によって対応措置を調整し、経済に対する衝撃を弱める。



その他
國內新增2例麻疹病例,籲請醫師加強疑似個案通報 衛生福利部
はしか患者が2名増えた。

中秋佳節烤肉趣,留意個人與飲食衛生,別讓腹瀉來掃興 衛生福利部
中秋節に衛生に気をつけ下痢をしないよう呼びかけている。

中秋賞月也賞花 彩虹河濱23萬株向日葵大爆發 台北市
5bfea23f-3472-4dd3-a677-48c8512a6ea1.jpg

d6fc4d5c-29bf-4b80-b80a-7865cfd6ce2d.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)