FC2ブログ

習近平主席が毛沢東に倣った写真を発表

中共中国の指導者習近平主席が最近東北地方の視察に行った、その時の写真が前世紀の毛沢東の宣伝写真とそっくりだった。アメリカのNYTがそれに関した記事を報道し、それを台湾のメディアが引用している。
600_phpHf2oR8.jpg
仿毛澤東拍照 紐時:習近平打造民粹主義形象、反擊川普 自由時報

NYTの報道によると、習近平主席は今週中国東北部を3日間視察した。しかし実際は彼と毛沢東をダブらせポピュリズムに訴え、トランプと彼の保護主義に反撃するのが目的だという。彼は東北部で労働者に毛沢東時代のスローガン「自力更生」を訴えた。

同じく中国に関してのNYTの記事を引用した記事があった。
中國情勢險峻 下令管控「唱衰經濟」報導 自由時報
中国経済は最近アメリカとの貿易戦争によって苦境に陥っている。中国政府は28日ニュースメディアに対して経済関連で6つの禁止表現を通達したという。内容は、経済データが予想に届かない、経済がやや明らかな下降圧力に直面している、地方政府の債務リスクが目に見えないリスクになっている、中米経済貿易摩擦の影響が徐々に現れてきた、国内消費者の信用指数が下降している、社会の話題の事件を借りて民衆生活の困難を強調する等の記事だ

中央社1
国営通信社の中央社のサイトでも両岸のコーナーで毎日中国関連の記事が出ている。両岸関連の記事のなかから、「若者の近視が増えているため、ネット上のゲーム時間を制限したりしている」「中国は孔子学院を対外輸出のシャープパワーとしている」

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)