FC2ブログ

台北市の107年優良バス運転表彰式

今日の台北市の新聞稿から


「107年バスエチケット運動優良運転表彰式」に出席 柯文哲:善良なバス運転手は絶対に台北が調和のとれた善良な都市になるのに役立つ
發布機關:臺北市政府秘書處媒體事務組
發布日期:107-09-30

台北市長柯文哲は30日「バスエチケット運動優良運転表彰式」に出席、自ら150人の優良運転手を表彰し、語った、「バス親切運動」はバス連合運営管理委員会、靖娟児童安全文教基金会、と公共運輸処三部門が共同で担当し、97年より開催をはじめ今日で11年になった」

「台北市のバスは毎日平均約延べ130万人を載せ、各運転手は毎日平均300人以上の乗客にサービスしている、それゆえ負担は大きい。台北市の交通がもしさらに進歩するなら、より公共運輸の使用比率を引き上げなければならない、というのは現在道路面積が増やしたくてもそんなに可能ではないのだ、自家用車と二輪車がもし増加したら道路はいっぱいになる、この交通は改善は難しい」

「将来5年新しい地下鉄線はできない、唯一使用を増やせるのはバスだ、それゆえ地下鉄網にバスをどのように組み合わせ手バスの使用量を増やすか、これが交通局の重要な仕事だ。市のまず第一歩は8横8縦幹線バス、それについては交通路線全体をどのように整理するかだ、これはデマンドバスを含む、というのは内湖から信義区まで現在の路線でバスに乗ると1時間かかる、それゆえデマンドバスと信義路線を計画している」

別に、柯文哲は環境保護もまた現在ホットな話題だと語った、「台北市はサービスを買う方式でハードを買う補助に取り替える、来月順次オンライン化する、市の財政状況を見て、買う路線は増減を調整する。現在台北市のPM2.5は六都市で最低だ、しかし世界レベルの都市標準まで下げたい、台北市の電動車も推進したい」

会で、柯文哲は自分がバスに乗って通勤した一年間の経験を披露した、「最近は安全の問題で乗れなくなったが、しかし私は現場の保証がされれば、私の選挙結果を待って同じようにバスに乗りつづけたい。バスに乗るアプリを使えば相当便利だ、朝食を食べるとき、バスがどれくらいでつくか分かる、アプリを使えば問題ない」

「乗客はもっと運転に感謝できるし、運転手はもっと乗客にやさしくできる、私たちは人によくすれば、大抵の人は良い応対を返してくれる、社会が前向きな循環をするようになり、台北市はますます調和のとれた良い都市になる」

「台北市が文明都市になるには、バスの運転手は重要な人物だ、良い調和のとれたバス運転手は、絶対に台北市が調和のとれた良い都市になるのに役立つ」

(以下略)


靖娟兒童安全文教基金會の靖娟は人名、健康幼稚園火燒車事件によると1992年5月15日、林靖娟先生は幼稚園の遠足で父兄先生園児が乗ったバスが老朽化のため火事になったとき、7名の園児を救いだし、最後に再びバスに飛び込み焼死した、その時4名の園児をかばって死んでいた。この時23名が死亡した。
壹電視《我要謝謝你》龔銘隆要謝謝林靖娟老師 https://www.youtube.com/watch?v=vL7Keu5VrZ0
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)