FC2ブログ

秋にかけて唇を魅力的に保つ方法

唇の保湿など秋に向けて唇を保護する方法を紹介した台湾の衛生福利部(日本の厚生省)の新聞稿から、別に興味はないが、語彙や表現の理解を広げるために訳して見ようと思う。


唇唇欲動 唇を保護する裏技をあなたに教えます
資料來源:食品藥物管理署
建檔日期:107-10-03

女性達は豊潤な唇で、魅力を放つことに憧れる、唇を守る化粧品を使って唇の乾燥を防ぐ、或いはリップグロス、口紅を使って綺麗に化粧するにせよ、秋になるにつれて、気候が徐々に乾燥してくる、食品薬物管理署(食薬署)は「唇を守る三つの裏技ー舐めない、擦らない、適度な保湿」の唇を守る原則を提供し、皆さんが間違った神話を信じないようにする。この他、唇関連の化粧品の購入の時、製品の表示を、全成分、使用時注意するべき使用方式と保存方式ををはっきっりと見ておく、そうしてこそ綺麗なものを選べ安心して使え、ㄉㄨㄞ ㄉㄨㄞ(duai duai)(ゆらゆら、ぶらぶら、ボインボイン、ぷるんぷるん、或いはぷるぷる、ピチピチか唇だからぷるぷるかもしれない)の魅力的な唇になれる。

唇の構造は皮膚と同じではない、汗腺、皮脂腺が無く、角質も比較的薄い、唇を守るにはまず「舐めない」、無自覚につばで唇を舐めない、唾液は唇の皮膚を刺激する可能性があり、皮膚角質層の破壊をもたらす。その次には唇がもし汚れたら、決して「擦らない」、軽く押さえやさしく拭くくらいで良い、過度に擦ると、傷つける。最後、もし唇が乾いたと思ったら、適度に保湿効果のあるリップクリーム(原文は護唇膏)を使用し、乾燥し裂けるのを防ぐ、これが「適度な保湿」だ。

そのほか、間違った観念と神話に迷わされないよう、民衆はいつも「潤った唇で、角質は取り除かねばならない」、「口紅(口紅)、リップグロス(唇蜜)はリップクリームの代わりになる」、「リップクリームを使用するには必ず化粧を落さなければならない」等の神話を信じている、しかし唇の角質は薄く、特に角質をとる必要はない、過度に角質を除くと反って唇の防御力を落してしまう。そして口紅、リップグロスは化粧品のため、リップクリームの主要な効能とは違い、リップクリームに代わることはできない。リップクリーム使用時もし潤色の効能の無い(原文は無潤色功能、潤色の功能とはティントのことか?)リップクリームを使用すれば、特に化粧を落す必要はない、しかしもし潤色、唇の色を修飾する或いは日焼け止めの効能のあるリップクリームを使用すれば、綺麗に取り除くよう勧める。

唇の化粧品の購買と使用に対して、購買時は表示の完全な製品を選ぶよう勧める、また製品表示の注意事項と使用方式をはっきりと見て正確に使用する、同時にあなたに注意する、唇の化粧品開封後は、すぐに使いきるように、もし製品が既に分離、変質或いは奇妙な味がする等の状況が生じたら使用してはいけない。別に、唇の化粧品は個人の衛生の品物だ、決して友人と共有しないよう、もし相手が風邪をひいたり、接触性の皮膚炎の湿疹或いはヘルペスの時、相互に使用すると感染の可能性が高くなる。

最後に、購買時と使用時、もし不良品或いは使用時不良な反応があったときは、食薬署の「藥物食品化粧品上市後品質管理系統」に(以下略)


世界が終るまでは...Wands Cover, 女声翻唱《直到世界的尽头》https://www.youtube.com/watch?v=GQoDI4bC_zw

日本語で歌う健康そうな唇の歌手はamyleeという名前らしい。場所も人もたぶん中国。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)