FC2ブログ

2018年10月24日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(安倍首相中国訪問に対して中国側の高まる期待)

2018年10月24日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(安倍首相中国訪問に対して中国側の高まる期待)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1606756.shtml 中国外交部


問:報道によると、日本の安倍晋三首相はメディアの取材を受け*た時に、中国経済の発展は日本ひいては全世界にとって巨大なチャンスで、歓迎に値する、日中両国はWTO等の多国間自由貿易体制を強化するために協力を保持しなければならないと表明した。中国側はこれについて何かコメントはあるか?
*)日本首相安倍晋三接受中国媒体联合书面采访 中国政府网
http://www.gov.cn/xinwen/2018-10/24/content_5334108.htm

答:我々は関連報道に留意しており、安倍首相の前向きな態度表明に関して歓迎する。

今年は中国改革開放40周年だ。40年来、中国の発展は巨大な成果を得て、中国人民によりよい生活をさせるようになっただけでなく、日本を含む世界各国のため巨大なチャンスをもたらし、地域と世界の平和と繁栄を促進するため重要な貢献をした。今年は中日平和友好条約締結40周年であり、「『戦略的互恵関係』の包括的推進に関する日中共同声明」発表10周年でもある、この文書では中日は互いに協力パートナーであり、互いに脅威とならない、双方は互いの平和的発展を支持すると明確に表明した。これらの原則は今日でもなお重要な現実的意義を持っている。双方は過去を受け継いで未来を導き開き、中日関係の政治的法律的基礎を固め、互いに協力パートナーとしての重要合意を確認し、両国関係の将来の発展の長期計画を切り開く。

現在、世界は一国主義の問題に直面し、国際ルールと多国間の秩序が重大な衝撃を受けている。中日はアジアの重要な国家、世界第二第三の経済大国として、各種の形式の一国主義、保護主義を拒み、多国間主義と自由貿易を守る面で重要な責任を負っている。双方は責任をほかの人に転嫁できず、意思疎通協力を強化し、共同で国際ルールと秩序を守り、世界平和と発展を促進するため各自がしかるべき努力をしなければならない。

問:日本の安倍晋三首相はまもなく公式訪問をする、中国側は中国訪問の具体的成果についてどんな期待をしているか?

答:安倍晋三首相が明日中国への公式訪問を開始する、これは日本の首相として七年ぶりの中国訪問であり、またちょうど中日平和友好条約締結40周年の重要な節目にあたっている。安倍首相は中国訪問期間中国側の首脳と中日関係改善発展と共通に関心を持つ国際地域の問題について意見を交換するだろう。我々はこの前も紹介したが、双方は中日平和友好条約締結40周年を記念する中日各界人士のレセプションと第一回中日第三国市場協力フォーラムを開催する。

我々はこの様な重要な節目の時に、双方が過去を受け継いで未来を導き開き、再度双方が互いに協力パートナーでありライバルではないと確認し、互いに相手を問題相手として視るのではなくチャンスとして視、共同で努力して中日関係を改善させ発展させ、両国の各分野で互恵・ウィンウィン協力を深めることができるよう希望している。

訪問の具体的成果に関しては、私はやはり安倍首相の中国訪問が終わるのを待って再度詳細な紹介をしたい。我々は日本側と共同で努力し、安倍首相の中国訪問が成功するよう推し進めたい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)