FC2ブログ

台湾の最も多い姓は陳、TOP 10の姓で人口の52.78%を占める

台湾内政部の新聞から


全国姓名統計を出版 「家豪」と「淑芬」が連続第一位
發稿單位:戶政司
聯 絡 人:黃虹玲科長
107-11-05 10:00 

あなたの名前はあなたの年齢を表す、世代によって好かれる名前が大きく違う、内政部が新たに出版した「全国姓名統計分析」によると、最も常に見られる名前は男性は「家豪」と女性は「淑芬」で連続一位になった。しかし世代が変わるに連れて、国民が名づける趨勢にも変化がでてきて、民国暦100年以後は男性は「承恩」女性は「詠晴」が一位だ。
(以下長いので要約する)

名前トップ3 
男性は家豪(1萬4,208人)、志明(1萬3,375人)、俊傑(1萬2,587人)。女性は淑芬(3萬1,923人)、淑惠(2萬9,947人)、美玲(2萬7,355人)。そして「家豪」は101年から、「淑芬」は99年から連続第一位。
news_content_15798.jpg
各世代名前トップ3

一文字の名前は39萬4,220人,総人口の1.67%。一文字名前のトップ3、男性は傑(1,735人)、杰(1,634人)、毅(1,563人);女性は敏(3,474人)、梅(3,054人)、雪(2,771人)。

有名人と同じ名前は、書豪が2,029人、雅妮が696人、寶春が722人、樹菊が40人、詠然128人、淑薇476人、資穎が210人。

全国の夫婦は535萬3,385組、姓の組み合わせで最多は「陳林」で9萬1,706組(占1.71%)。

同姓は結婚しない習俗があったが、同姓の夫婦は17萬5,933組。名前が同じで姓が違う夫婦は31組、同姓同名は3組。

民國99年至106年で名前変更は82萬634人、最多の星座は天秤座7萬4,086人(占9.03%)、さそり座7萬3,438人(占8.95%);最も少ないのはおうし座6萬3,972人(占7.80%)。

改名をもっとも行う年齢は27歲から34歲の間で、29歲が最多。しかし満一歳の改名は唯一未成年の年齢。

今年6月30日現在で、全国総人口数2,357萬4,274人、姓の数は1,832姓、一字姓は1,722姓、複姓は110姓で105年より329姓増加、4つの一字姓(佑、津、跋、廬)が増加、逆に消えたのは3つの一字姓(專、喏、繨)と4つの複姓(班澤、張朱、劉郭、鍾巴)。
news_content_15799.jpg

トップ10の姓の人数は1,244萬2,876人,総人口の52.78%。トップ100の人数は2,276萬4,536人,総人口の96.57%。

十大姓は陳、林、黃、張、李、王、吳、劉、蔡、楊,すべて一字姓。3萬6,433人増加,陳姓の增加が8,435人で最多、劉姓の增加が1,408人で最少。

今年6月30日全国老化指数は108.78。二十大姓の老化指数は劉姓が最高で113.40、郭姓が次で112.54。兩年比較,鄭姓の老化指数は105年の第5位から提107年は第3位。

90歲以上の人口比率は徐姓が0.63%で最高。100歲以上の人口比率は王姓が0.02%で最高。二十大姓の中で幼年人口比率は洪姓が13.50%で最高。

母の姓を名乗る比率
news_content_15800.jpg

原住民が伝統的な姓名で登記する数
news_content_15801.jpg

全国7,761個の村で,一字姓の人口が過半数を越える村は149個。雲林県が48の村で最多,次が彰化県で34個。

村の名前に姓が入り且つその姓が半数を越える村は、6つ。例えば、高雄市湖內區之劉家里の(劉姓)、雲林縣四湖鄉之林厝村(林姓),高雄市林園區之林家里(林姓),彰化縣福興鄉之頂粘村(粘姓)、雲林縣四湖鄉之林東村(林姓)及屏東縣佳冬鄉之賴家村(賴姓)。
news_content_15802.jpg
図は新聞から

「全国姓名統計分析」は、2年に一度製作、今年で7度め、10月発行、定価200元、購入は(以下略)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)