FC2ブログ

台湾海軍ミサイルフリゲート銘傳、逢甲艦就役式

台湾総統府の新聞から
20181108 總統視導「海軍銘傳、逢甲軍艦成軍典禮」https://www.youtube.com/watch?v=6c6VXE60vAQ


銘傳、逢甲艦が軍に加わる 総統重ねて共に国家を守る決心を表明
総統が「海軍銘傳、逢甲軍艦就役式典」を視察指導す
中華民國107年11月08日

蔡英文総統は今日(8日)午前海軍左営基地の「海軍銘傳、逢甲軍艦就役式典」を視察指導し、海軍が全作戦能力の目標を達成したことを評価し、また重ねて共に国家を守る決心、国家の安全確保、台湾民主の守護を表明した。

総統は到着したときまず21発の盛大な礼砲を受けた。その後式典は始まり、総統は軍に加わる命令を読み上げ、続いて旗の授与、印の授与、模型の贈呈、部隊観閲等の儀式を進め、また挨拶の後銘伝艦に乗船し視察指導した。

総統挨拶内容:
「今日、再度海軍左営基地に来たのは、私たちが国軍の軍備強化を重視してることを表明したいだけでなく、海軍銘伝艦(旧名テイラー)、逢甲艦(旧名ゲイリー)の就役式典を通して、再度世界に、国際社会に、台湾人民からはっきりと断固とした知らせを伝えたいからだ。それは、中華民国台湾を守り、自由民主の生活スタイルを守ることでは、私たちは一歩も譲らない! ということだ」

「国家の主権領土を保護し、人民の安全自由を保護すること、これは政府と国軍の変わらない神聖な責任だ。私たちは一回ごとの具体的行動を通して、私たちが国家の安全を守る決心を示す。私はまた『三不』を持つことを国軍に期待する、それは台湾を守る使命を忘れるな、地域の平和と安定を追求する事を放棄するな、国外からの脅威を忘れるなだ(原文は我也有「三不」要期許國軍,不要忘記守護臺灣的使命、不要放棄追求區域和平穩定,以及不要忘記來自境外的威脅。)」

「私は言ってきた、国家の安全は私たち自身の手に握られている、更に言えば、私たちは一回ごとの具体的行動を通して、私たちが国家の安全を守る決心を示すと。今日の就役式典はまさに、私たちが絶えず海軍の沿海海域を守る戦力を高めていく事を表している」

「銘伝と逢甲両軍艦は2016年に装備装着執行の任務を開始した。期間内に、艦艇の各作戦人員の教育訓練、後方設備の整備を進め、また各戦闘システム設計等々を完成させた」

「この二年六ヶ月、海軍は種々の問題と複雑な工程を克服し、全作戦能力の目標を達成した。困難を畏れず、問題を解決し、挑戦を怖れず、方向を定めた、これが私たちの新海軍だ」

「今、私は両艦艇の兵士を観閲し、この目で海軍の精鋭実際戦力を確認し、精巧良好な武器装備だけでなく、更に得がたく貴重な海軍艦艇兵士が表した高度なチームワークの精神を見た」

「戦力となる部隊は、精巧良好な武器装備はその中の一つの条件というだけで、本当に鍵となるのはやはり私たちすべての兄弟姉妹の上にある。将官、下士官、兵士を分かたず、みんながチームワークの精神の下、絶えず自分を高め、困難と挑戦を克服し、国家の未来のために基礎を作る」

「世界の情勢は急速に変化している、新たな情勢の変化に直面し、台湾を壮大にし、自分の実力を強化することは、永遠に私たちが世界に立ち、国家の安全を守るための不変の道理だ」

「私は皆さんに呼びかける、この新しい時代に、私たちは過去とまったく違う安全保障の問題に直面している。対岸の周辺地域での軍事行動は、台湾の主権を弱めようとしているだけでなく、更に地域の平和と安定を破壊しようとしている」

「伝統的な軍事的脅威に加え、別の面、国外からの非伝統的脅威、特に中共の台湾に対する『三戦(法律戦、心理戦、世論戦)』が日増しに顕著になっている」

「新しい科学技術、インターネットと新しいメディアを通して、万を数えるフェイクニュースが台湾社会に侵入し、持続的なサイバー攻撃が、絶えず私たちの政府と産業に打撃を与えている。これらはみな国家安全の重大な問題であり、当然これは政府と国軍の新たな任務でもある」

「私はもう一度強調する、新たな情勢の変化に直面し、自分の実力を強化することは、私達が国家の安全を守る唯一の道だ。この道は、私達は必ず歩まねばならない、且つ必ず断固として歩み続けなければならない」

「今日の軍艦の就役式典は、海軍が前に歩むことであり、国軍が戦力全体を引き上げる重要な一歩である。『防衛固守、重層嚇阻(強固な防衛、多重の威嚇)』の戦略を達成できるのでさえあれば、国家の安全、台湾の民主を守る任務を確実に保証できるのでさえあれば、私の率いる政府の姿勢はただ一つのみ、すなわち万難を排し国軍を支える。これこそ私達が共に国家を守る決心だ」

「今日の就役式典の後、各位は戦闘訓練任務の開始という段階に進む、私は各位に一日ごとにより高い水準を自分に求め、実質を追求する姿勢で任務を執行し訓練に従事し、社会に国軍が十分に国家を守る能力があると理解させるよう要請する」

「皆さんご苦労さん、再度皆さんの苦労に感謝する、国軍加油、中華民国加油、台湾加油!」

國家安全會議秘書長李大維、國防部長嚴德發、參謀總長李喜明、海軍司令黃曙光等もこの式典に参加した。


米から購入のフリゲート2隻が就役 蔡総統「外からの脅威忘れるな」 中央社
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)