FC2ブログ

2018年11月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2018年11月中国国防部定例記者会見-日本関連部分の抜粋
http://www.mod.gov.cn/shouye/2018-11/29/content_4830752_3.htm 国防部
http://www.mod.gov.cn/shouye/2018-11/29/content_4830752_4.htm
http://www.mod.gov.cn/shouye/2018-11/29/content_4830752_6.htm
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1618471340329936993 百家号 


来源:国防部網 責任編輯:楊一楠 2018-11-29 19:15

時間:2018年11月29日15:00—16:15
場所:国防部国際軍事合作弁公室
発布人:国防部新聞局副局長、国防部新聞発言人任国強大校(上級大佐)

記者:(略)第二の質問、あるメディアの報道で、日本が「宇宙部隊」を設立しようと考えていると言っている。宇宙分野では、アメリカが「宇宙軍」を組織して作り、ロシアは「航空宇宙軍」を持つ、お聞きする、発言人は宇宙の態勢をどう見るか、将来の宇宙は軍隊の主要な発展方向たるか?

任国強:第二の質問に関して、中国側は、宇宙を平和利用し、宇宙空間の軍事化と宇宙空間の軍備競争に反対し、更に宇宙空間の使用或いは武力を使用して脅すことに反対すると一貫して主張している。歴史的現実的原因によって、日本は軍事安全保障分野における動向に関して、国際社会の注視と警戒を受けつづけている。我々は日本が平和的発展の道を歩むという約束を厳守し、歴史を鏡とし。未来に向かうの方針を堅持し、軍事安全保障分野において言行を慎み、地域の平和と安定を守るのに役立つことをより多くするよう希望する。

記者:(略)第二の質問、中日防衛交流に関して、今月18日から22日まで、中国人民解放軍の将官級(原文は将军级)代表団が日本を訪問し、また日本の自衛隊と交流を進めた。お聞きする、中日防衛安全保障分野のハイレベル交流は中日関係発展を促進することに対してどんな意義があるか?
中国軍の階級

任国強:第二の質問、今回の訪問は年度計画内の訪問手配だ。近年来、中日防衛部門の交流協力は一定の進展を得た。我々は日本側が中国側と一緒に、両国関係改善の流れに順応し、防衛交流協力を強化し、適切に食い違いを処理し、両国関係の継続した安定的発展と地域の平和と安定のためにプラスのエネルギーを提供するよう希望する。

記者:(略)第二の質問、日本はジブチの自衛隊基地を拡大する計画だ、その目的は中国の拡張に対応し中国の当地域での影響に対して監督するためだと考えられている、お聞きする、これに対して何かコメントはあるか? 別のニュースでは、中国の駐ジブチ後方勤務保障基地はジブチの一つのコンテナ埠頭を接収管理すると言っている。お聞きする、これについて何かコメントはあるか?(另有消息称,中国驻吉布提后勤保障基地将接管吉一个集装箱码头。请问对此有何评论?)
アフリカ・ジブチ拠点を恒久化へ 自衛隊唯一の海外根拠地 中国に対抗の狙いも 産経新聞

任国強:中国人民解放軍駐ジブチ保障基地の建設使用は、アデン湾、ソマリア海域での護衛航行と人道救援を展開する等の国際義務をより良く履行するためだ。今月22日から26日まで、中国海軍第30陣護送船艦隊が中国駐ジブチの保障基地で補給と休息整頓をした、現在既にアデン湾、ソマリア海域に戻って引き続き国際護衛航行任務を執行している(在本月22日至26日,中国海军第30批护航编队在中国驻吉布提的保障基地进行了补给和休整,目前已返回亚丁湾、索马里海域继续执行国际护航任务。)。

次の段階で、中国軍隊は派遣艦隊が護衛行動に参加するのを常態化し、駐ジブチ保障基地の機能役割を積極的に発揮し、国際責任と義務を断固履行し、地域の平和と安定を守り、国際的に重要な通路の安全を保証するためより大きな働きを発揮するだろう。

あなたが言及した埠頭の建設は、我々はこの前既にニュースを発布した。中国とジブチの友好協力をより促進するため、同時に基地が機能をよりよく発揮するため、中国ジブチ双方の協議を経て、必要な施設を建設し双方の共同使用に供するだろう。

日本側の駐ジブチ基地拡張建設の意図に関しては、日本側に聞いてください。ただし日本側が基地拡張建設問題の上で中国を持ち出して説明するのなら、我々は断固反対する(但是日方在扩建基地问题上拿中国说事,我们坚决反对。)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)