FC2ブログ

台湾先住民族代表が習近平に「台湾は中国領土ではない」

中国の習近平主席が1月2日台湾に対して一国二制度での統一を呼びかけたことに対して、台湾では蔡英文総統はじめ反発がおきている。また蔡英文総統に対する支持の声とともに疑問の声など2020年の総統と議会の選挙をもにらんで様々な反応が出ている。
国内外から蔡総統支持の声 世界の学者ら44人が連名で台湾にエール 中央社
その中で台湾の先住民各族代表が1月8日中共指導者習近平に対して共同声明文を発表し、台湾は中国の領土ではないと宣言した。
台原住民族致習近平:台灣非中國領土 YAHOO!
「総統府原住民族歴史正義および移行期の正義委員会各民族代表共同声明」


習近平先生、あなたは我々を知らない、それゆえあなたは台湾を知らない。

我々は台湾原住民族であり、台湾この母なる大地の上で六千年以上生きてきた、中華民族の中の少数民族ではない。我々の祖先が台灣玉山、阿里山、大霸尖山、大武山、卑南主山、都蘭山と山林、草原、深谷、溪流、島嶼、海洋で伝えてきた話が明らかに示しているのは、台湾は原住民族の伝統的領域であり、また原住民族が代々命をかけて守った祖霊の土地だ、中国の領土ではない。

台湾原住民族は島に来たスペイン人、オランダ人、鄭氏王朝、清帝国、日本国、中華民国の言行の生き証人だ、我々はオランダ人と契約に署名し、アメリカ人と平和協定を調印し、我々の土地を侵略する外来民族と帝国主義に対抗し、またその後植民国家の武力鎮圧、権威主義統治を受け、番人と称されるところから台湾の元来の主人と言われるまで、原住民族は国家が人権、民主、自由の移行過程を歩むことを推進してきた。千百年来、我々はここで、いまだかつて我々の自然主権を放棄したことはない。

習近平先生、あなたは尊厳を理解していない、それゆえ偉大さを誤解している。

我々の母なる大地の上に打ち立てられた主権国家台湾、我々は満足しているわけではない、というのは原住民族の歴史の正義と移行期の正義はちょうど今この国家に重視され始めたところであり、台湾島の多元的民族、多元的文化、多元的歴史観はちょうど今この国家に肯定され始めたところだからだ。しかし、ここはまた我々と台湾の土地に一体感を持つすべてのその他の民族が努力して形作っている国家であり、違う民族がお互いの苦痛の経験を理解しあっている国家であり、我々が大声で自分の言語で自分の物語を話すことができる国家でもある。我々は母なる大地の上で自分でどのような国家にしたいか決定し、またそれを積極的に改造する、これが尊厳だ。人口が300人あまりのカナカナブ族或いは21万人のアミ族を問わず、我々どの原住民もすべて平等の自決権を持つ、これが尊厳だ。

習近平先生が代表する中国政府が宣伝する単一文化価値、統一、強権は、まったく偉大ではなくまた憧れもされていない。土地に対して謙遜、尊重し、その他の生命と各民族が共存共栄する、それこそが我々の信念だ。

習近平先生、人は自分とどれほど違っていても、他人を傷つけるべきではない。

習先生が代表する中国政府の談話は、武力を後ろ盾にして、台湾を統一することを堅持し、一国二制度を実施すると強調し、また同じ中国人を傷つけないと表明した。しかし暴力は正しくない、中国人であるかないかを問わず、すべて傷つけてはいけない。我々は既にチベット族、ウィグル族が「中国人」になった後、「民族自治区」で文化、言語、信仰を抹殺させられるのを見ている。我々は一国二制度の下の香港人民が急速に民主と自由を失うのを見た。我々は中国人民が自分の基本的人権を語り守ることさえできないのを見た。
習先生、暴力は平和をもたらさない、Misawacu hanizaay masasu takid(他人を侮る者はまた同様の報いを受ける。サキザヤ族の古諺)どうぞあなたの国家を率いて真の文明に邁進し、武力で台湾人民を恫喝することを停止し、中国人民に人権と自由を持たせるよう努力してください。

習近平先生、台湾原住民族と台湾の主体性は、脅しを拒絶しまた譲歩しない。

台湾の国家の未来は母なる大地の上で台湾原住民族を含むすべての民族が自主的に決定する。同時に原住民族が集団自決権を行使していないのに、いかなる政府、政党、団体も外来勢力及び国家と、原住民族の伝統領域を他国の領土に併合したり或いは他国が実質的に管理する範囲にしてはならない。これは我々の母なる大地を守る決心であり、台湾原住民族は数千年堅持してきて、また引き続き堅持していく。

もしある日、中国がねじ曲げた歴史観、民族観、国家観、を放棄し、喜んで我々の善良な隣人になろうとして、我々の父母になろうと強行しなければ。その時、我々はこころより盃を挙げて、中国この隣人に一杯の小米酒を差し上げる。pasola xmnx na mansonsou!(あなたの毎回の呼吸が順調でありますように。ツォウ族語)

聲明人:
浦忠成(鄒族)、馬千里Mateli Sawawan(卑南族)、Magaitan.Lhkatafatu(邵族)、伍麗華Saidai Tarovecahe(魯凱族)、夏錦龍Obay.Ataw.Hayawan(賽夏族)、Eleng Tjaljimaraw(排灣族)、鴻義章Upay Kanasaw(阿美族)、曾華德 集福祿萬(排灣族)、林碧霞Afas Falah(阿美族)、帖喇.尤道Teyra Yudaw(太魯閣族)、伊斯坦大.貝雅夫.正福Istanda.Paingav.Cengfu(布農族)、伊央.撒耘Yiyang Sayion(撒奇萊雅族)、吳新光voe-uyongana(鄒族)、潘經偉(馬卡道族)、孔賢傑'Avia Kanpanena(卡那卡那富族)、Uma Talavan萬淑娟(西拉雅族)、潘杰Watan Teymu(賽德克族)、陳金萬(凱達格蘭族)、謝宗修Buya.Batu(噶瑪蘭族)、葛新雄(拉阿魯哇族)、蘇美琅Savi Takisvilainan(布農族)、吳雪月(阿美族)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)