FC2ブログ

太陽系でもっとも美しい土星の衝

1 Comments
suiyuetui
台北市の新聞稿から
2002e039-6181-4365-99fc-03ad88c9e387.jpg


太陽系でもっとも美しい天体「土星」の衝、天文館は望遠鏡での鑑賞を開放!
發布機關:臺北市立天文科學教育館
聯絡人:李瑾、張桂蘭
發布日期:108-07-05

夢幻のような美しい環(わ)を持つ土星、7月10日もっともよい観測位置の「」に到達する。台北天文館は7月13日と27日(土曜)夜19-21時大型天体望遠鏡を開放し、皆さんにこの「太陽系でもっとも美しい天体」と称される不思議な惑星をじっくりと鑑賞してもらう!

土星は太陽系の第六惑星で大きさは木星に次ぐ、ただその主要な氷によって構成された光の環がその他の惑星に比べはるかに壮観に明かに見やすくさせている。天候の良好な状況下で望遠鏡で光の環の主要な構造をはっきりと見ることができる、その中の隙間ーカッシーニの間隙もはっきりと見ることができる、そして「衝」の前後はまた惑星の距離が地球からもっとも近い時で、もっとも明るいだけでなく夜通し見ることができるもっとも観察に適したタイミングだ、最近の夕方空が暗くなった後東南の方の地平線上に黄色い明るい星が土星だ。興味のある市民はこの機会に天文館に来て専門の望遠鏡で鑑賞してみてもかまわない。

以上天文現象関連図表の資料は、台北天文館のネット天文館「天象預報」で取得できる、多くの利用を歓迎する!https://www.tam.museum/


土星が見ごろ(2019年7月)日本国立天文台
関連記事
suiyuetui
Posted bysuiyuetui

Comments 1

There are no comments yet.
omachi
No title

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

  • 2019/07/06 (Sat) 00:13
  • REPLY