FC2ブログ

台湾模範教育者列伝、私は学生が負けるのを見たい

0 Comments
suiyuetui
中華民国教育部の新聞から


教育者ブログ人物モデル 左営高校金メダルコーチ林生祥先生:私は学生が負けるのを見たい
發佈單位:教育部 聯絡人:莊秀貞
上版日期:108-09-15

武侠小説の中で、男性主人公が通常断崖から落ちた後、名人の指摘を受けて逆に実力が大きく伸びる、「断崖から落ちることは,人生の挫折を象徴する:しかしもし挫折に遭わなければ、名人の指摘にも遇わないし、実力が大きく伸びることもない」 左営高校近代五種競技コーチの林生祥はこの様に成功と失敗の関係を取り扱う、というのは彼の人生もまた失敗の沃土の中から成長してきたためだ。

貧困家庭出身の林生祥は,小学二年の時に母親が事故死した,家族は生活に忙しく,構ってもらう暇がなく,突然母親を失った痛みは、静かに彼の心の底に沈殿して行った、林生祥はこの言い表せない寂しさを運動場に持って行くことしかできず,熱い太陽の下、汗と一緒にそれを蒸発させた。

元々卑屈になりがちで,話すことも好きではなく,体育が彼の唯一の親友であり、また彼のもっとも好きで,得意なことだった。「私は,二十過ぎになってやっと本を読み始め,30歳で教師の資格を取った,33歳でやっと体育教師を始めた……」林生祥の人生の過程は、小学二年生で止まった、本を読むまで彼は谷底の「負け犬」だった;33歳から教鞭をとり始めて,彼はおじさんの姿で、崖下から一気に躍り上がってきた。

一般人は失敗しても特別なものではない、しかし恵まれない家庭の子供は、もし立ち上がる支点がなければ,失敗に終わる結果が運命づけられている。「スポーツクラスの学生は片親や恵まれない家庭の子供が多い、彼らの多くは勉強が苦手で,家庭が貧しく、構ってもらう人がいなかった」 林生祥は体育はこの子供たちの負けを勝ちに変える支点だと考える、「人生は公平ではないかもしれない、ただ努力は公平だ。体育は努力をして、絶えず自分を鍛えたいと思う人に、競技場の上で勝利の日を勝ち取らせる」

林生祥は一人の体育コーチというだけでなく、学生の人生のコーチだ、彼らと同じように恵まれない家庭のしるしを持っているためだ。(以下略)


添付のrarファイルを解凍(展開)すると写真がある。
関連記事
suiyuetui
Posted bysuiyuetui

Comments 0

There are no comments yet.