FC2ブログ

香港でデモのビラを配っていた青年が中国系暴漢に刺される

今日午後5時頃香港の大埔Lennon Wall前でデモのビラを配っていた青年が中国系とみられる暴漢に刺された。
香港19歲青年發傳單遭捅腹腸流 兇嫌被捕疑持中國證件 自由時報
19歲港青連儂隧道遇襲 腹部傷至見腸 ntdtv

19歳の青年が今日午後5時頃大埔 Lennon Wall 前で友人二人と日曜に行うデモのビラを配っていたところ、1人の黒衣の男が Lennon Wall に貼ってあったビラを破った、彼が止めに行ったところ、逆に鋭利な刃物で首を切られた。青年は負傷した後、友人に助けられながら大埔駅附近に逃げて行った、しかし黒衣の男は追いかけてきて、再度刃物で腹を刺した、傷口からは腸が飛び出した、被害者はウェールズ公医院に救急搬送され意識はある。犯人は既に自首した。警察側の発表によると、加害者は22歳で香港マカオ通行証を持った中国人だという。

その他
李登輝久違現身募款餐會 籲挺蔡英文連任 newtalk
李登輝元総統が去年11月末家で転倒し2ヶ月入院した後姿を見せなかったが、今日李登輝基金会募金パーティーに姿を見せた。元総統は娘の代読で挨拶をし、蔡英文総統の再選を支持した。

彭文正倫敦開記者會現場冷清 謝志偉︰丟臉 為他們難過 YAHOO!
蔡英文総統の博士論文は博士号を与えた大学が間違いないと確認したが、国民党系の学者はまだ博士論文に不正があると言って追求している。今日ロンドンでこの学者二人が各メディアに連絡をして記者会見をした。しかし海外の記者は誰も現れず、会場は本人の二人と助手二人、中国系の記者3人だけだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)