FC2ブログ

台北市關渡平原のひまわり

0 Comments
suiyuetui
台北市の新聞稿から關渡平原のヒマワリの画像だけ
17344509-e307-46b6-b77e-127e56a9038b_convert_20191021001137.jpg

ae735a34-b1c0-4581-82b2-f1a0027041b9_convert_20191021001229.jpg

その他
最近上映されている映画「ジョーカー」中国語圏では「小丑」という題名で上映されているようだが、BBCの中国語記事で香港での受け取り方についての記事があったので、無難な範囲で要約してみる。
《小丑》電影為何在香港引發共鳴 BBC中文

香港のネットや観衆は映画の内容に共鳴しているが、西洋とは違った解釈をしているという。ネット上と評論家の意見を総合すると映画と香港には共通点があると考えている。

映画の中の「Gotham City」は貧富の格差がかけ離れた場所という設定になっている。香港も厳しい貧富の格差の問題に直面しており、ジニ係数では常に世界のトップテンに入っている。

映画の主役は社会から阻害された人で、映画の中で市長選にでる金持ちの Thomas Wayne は社会で自分の生活を改善できない人をただの「ジョーカー」と風刺している。香港行政長官の林鄭月娥はかつて言った、デモ参加者は社会の利害関係者ではないと、しかし彼女は後に「誤解」だと言い訳した。香港警察の中にはデモ参加者をゴキブリと呼ぶものがいる。

主役は何度も精神科医と会い、自分の考えと経歴を話す、しかし精神科医は失業に直面し心ここにあらずで、主役に同じような質問を繰り返し、主役は耐えきれず、「You don't listen, do you?」という。香港の抗議する人も、彼らの訴えを政府は聞いていないと考えている。

映画の中でデモする人はジョーカーの面をかぶって破壊行為をする、香港の抗議する人も目と口を覆って警察の催涙弾に対応し、公共施設と親中の商店を破壊し、捕まらないようにしている。香港政府はデモ隊の暴力を止めるため、覆面禁止法を使った。

以後のBBCの記事では具体的に記者や大学講師の意見を紹介している。





関連記事
suiyuetui
Posted bysuiyuetui

Comments 0

There are no comments yet.