FC2ブログ

「Angela Aki - 手紙」への台湾人の反応

youtubeで「Angela Aki - 手紙」の中国語の字幕がついたビデオがあった。2014/03/10upでコメント欄に1500件以上のコメントがあり、閲覧数が今日現在、9,168,893 回視聴とある。
Angela Aki - 手紙~拜啟 給十五歲的你~ 電影《再會吧!青春小鳥》主題曲https://www.youtube.com/watch?v=siQJhIp-UTU


今日はコメント欄の数個を訳してみた。



今年21歳 15歳の僕に
小さい頃からの夢は警察官になることだった けれど体力はあまりなくスタイルも見苦しかった
その時自分に与えた目標は3000メートルを走りきるまで止めないというものだった
毎日放課後走り続けて体重も徐々に痩せてきた
3年後僕は警察学校に合格した 現在では試験に合格して勤務している
警官の生活は僕の想像とは違ったけれど 僕は頑張っているそれも僕が
制服を来て、助けの必要な人たち社会的弱者や子供を助けそして自分の家族を守る能力を持ちたいと
昔望んでいたからだ
10年後20年後の僕もこの情熱を忘れない 15歳の君は情熱に満ち将来は社会のために貢献できるよ

    今年15、夢は警官になること。
    努力して警察大学を受ける準備をしてる

    がんばれ
  
    あなたは中華民国の警官なった、
    おめでとう、初心を忘れないように。
    香港は今不安定な社会情勢だ、
    共産政権が香港に悪影響を与えている、
    香港警察が人民の矛盾の中心になっている、
    残念だ!
 

2019年1月24日、もう30歳、歌を聞いてまた泣いた
15年前の自分に感謝を言いたい、君が飛び込まなかったことに感謝する、今の私は幸せだ、愛する人がいて、夢に向かって歩いている

    一度勇気を出せたならきっと
    勇気を持ちつづけられる、ガンバレ

    くそ!
    何でだコメント欄を見て泣けてくるとは


永遠に自分の初心を忘れるな
新しい一年 自分が一歩一歩自分の夢を実現できるよう希望する!


およそ十年前、大学で日本語を学んでいた女の友達がAngela Akiのこの歌が好きだと言った。私もこの歌詞を見てとても好きになった。その後彼女は卒業し、一般の貿易会社に入り平凡な事務員になった、そして私たちはこの歌と一緒に幸せな時を過ごした。
そしてある日女友達は突然韓国に留学したいと言い出した。既に退社して梨花女子大学の入学証明書を持っていた彼女当然私の反対は無効だった。そうなると、二十数年自由に生きてきた私は安定して彼女に学費生活費家賃などを提供するため、ついに、気ままな生活を終わらせ、大企業の職を探した。毎日朝9時から夕方6時まで、会議会議また会議の生活だった。しかし、給料は自由業だった時代の三分の二前後だった、まったく安定した収入を求めたためにつまらない生活に捕まってしまったようなものだった。
まだ覚えている三年目の冬、彼女が韓国で重大事故にあい、病院は医療保険に入っていないため彼女の手術をしなかった、驚いた私は航空券を予約し現金を持って飛んで行った。幸いにも手術はうまく行き後遺症も大したことはなかった。韓国に留まり三週間の世話をした後、彼女はだんだんと回復してきて日常生活もでき始め、私は帰国して仕事に復帰した。またすぐに海外学生のための保険プランを追加してあげた。
忙しい五年が過ぎ、彼女は卒業した。去年の年末、彼女は私に韓国に留まり仕事を探し夢を追いかけると言った。私にもう彼女を待つ必要はないと。
私は一瞬でも彼女が夢を追うのを助けたことを後悔したことはない。
ただ、次に夢を見つけあと、あなたが夢を追いかける時ずっと背後で支えつづけた人がいたことを忘れないで欲しい。
あなたの夢がかなうのを祈っています。

    感動する話、あなたが今幸せでありますように

    もし今幸せなら、それでいいじゃない
   
    いい人にはいいことがあるはず

    恩を感じず分からない女性は相手にしない
    もっといい人を探す

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)