FC2ブログ

台湾の来年も経済成長率は四小龍のトップ予想

台湾の民間シンクタンク台灣經濟研究院の予想によると来年も台湾の経済成長率はアジア四小龍のトップになることが期待できる。
台經院看好台灣成長動能 估明年坐穩四小龍之首 僑委會最新訊息


(中央社報)台湾は連続2季(四半期)経済成長率がアジア四小龍のトップになった、この成長は来年も続くと期待できる。台灣經濟研究院の今日の発表によると、目下の国際経済情勢予測によって、来年の台湾は引き続き四小龍のトップにいるチャンスが大いにある。

台灣經濟研究院は今日2020年景気趨勢検討会を開催し、今年全体の経済成長率は2.40%に大幅上方修正されただけでなく、またはじめて来年のGDP予測数字が2.45%に達した。

台灣經濟研究院院長張建一はメディアの取材を受けた時、「来年の台湾の経済成長率はアジア四小龍のトップを保つ情勢で、楽観的に見ている」と語った。彼の予想では、来年韓国、香港、シンガポールのGDPはおよそ1%から2%の間だ、そして台灣經濟研究院の台湾のGOPは2.45%でその他の三ヶ国より高くなると予想している。

張建一は指摘する、IMFも既に来年の世界経済成長率は今年よりややよく、世界景気の転換を体現すると予想している。そして台湾の内需市場はなお国内経済成長を駆動する主要な力で、来年の輸出も今年より更によいと期待できる。

この様な転換をもたらす原因について、張建一は米中貿易戦争による生産ラインの移転の恵みを受け、台湾の生産輸出が中国の生産輸出に取って代わると考えている。このほか、半導体メーカーは引き続き投資し、5Gインフラ建設を加速し、どれも台湾の投資と就業環境を更に安定させ、内需に更に成長をもたらす。

張建一は語る、「台湾のこの数年は低成長を維持する情勢だった、しかしもし将来5年から10年の期間を利用して構造調整をできれば、将来経済成長率の成長軌跡は4%から5%に達することは、確実に可能だ。



その他
出席優良醫師暨優良教師表揚大會 柯文哲:讓市立聯合醫院成為世界上最好的社區醫院 台北市新聞稿
台北市の柯文哲市長にかんする新聞稿から抜粋


会の後台北市長柯文哲はメディアの取材を受けた、記者が聞いた、郭台銘が比例名簿に7人推薦したのか? 柯文哲「郭台銘先生側が何人か推薦した、しかし私(彼?)はまだinterviewがある(原文は柯文哲回應,郭台銘先生那邊有一些建議人選,但是他還是有interview。)」 記者が聞いた、現在郭台銘推薦の高虹安は名簿第三位は確定したのか? 「何日かしたら分かる」 記者がまた聞いた、黃瀞瑩は比例名簿に入るのか? 「彼女は若者票を持っている」 記者が聞いた、高虹安の特徴は? 「科学技術畑の女性は珍しい」

記者が続けて聞いた、學姊こと黃瀞瑩の恋人が報道されているが、彼女が民衆党を助ける必要がある時に、人気が下がるのではないかと心配ではないか? 「もし話さなくても聞きに行くわけにはいかない、だから話したいときにしか分からない(柯文哲回答,如果不講也不會去問她,所以是要來的才知道這件事。)」 記者が聞いた、ボスとしては彼女の恋愛をどう見るか? 「時間通りに出勤して、引き継ぎの仕事を終えたら、後は私的領域のことで関係ない」 記者が更に聞いた、學姊は市の副発言人として、記者に接する立場で、記者と交際している、公私を分けるために異動させるか? (以下略)
鏡週刊 封面故事》新男友爆同居舊愛 學姐擁新歡連續過夜直擊https://www.youtube.com/watch?v=h_7nt5K6k5g


男性に人気の學姊こと黃瀞瑩の恋人出現で、落ち込んで相手の男性の悪口を言う人が多い。
[問卦] 有沒有東森帥氣西裝記者劉家耀的八卦? PTT




默 那英歌曲 吉他弹唱https://www.youtube.com/watch?v=5rnGp7maMAk
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)