FC2ブログ

蔡英文総統のインタビューを中国が非難しそれに陸委会が反論

蔡英文総統がイギリスBBCの単独インタビューに答えた。その中で、「独立を宣言する必要はない。すでに中華民国(台湾)という名の独立国家だ。我々は政府、軍隊、選挙制度を持っている。」と主張した。
蔡総統「中国からの尊敬を得るに値する」=BBCインタビュー 中央社

これに対して、昨日中国外交部が台湾は中国の一部分だといつもと同じ言葉を繰り返した。
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1732552.shtml 中国外交部

今日は国台弁が批判している。
http://www.gwytb.gov.cn/wyly/202001/t20200116_12233599.htm 国台弁


国台弁:民進党当局指導者に警告する自我を肥大させ、形勢を誤判断するな
时间:2020-01-16 16:42   来源:新华网

新華社北京1月16日電 蔡英文の数日前英国BBCの取材を受けての両岸関係に関わる談話に対して、国台弁発言人馬暁光が16日表明した、台湾は従来一つの国家ではない、台湾は中国の神聖にして分割できない一部分だ。この鉄の如き事実に挑戦しようと愚かにも企めば、頭をかち割られて血を流し、地位も名誉も失うのが関の山だ。

馬暁光は語る、我々は民進党当局に警告する、自我を肥大させ、形勢を誤判断し、更に台湾海峡の緊張激動を作り、台湾を危険な境遇に向かわせるな。我々の国家主権と領土の一体性を守る決心は堅きこと岩の如しだ、絶対にいかなる人、いかなる組織、いかなる政党にも、いかなる時、いかなる形式であっても、いかなる僅かな中国領土をも中国から分裂させることを許しはしない!



これに対して今日台湾陸委会がすぐに反論した。
陸委會:台堅拒一國兩制 北京一廂情願無法改變 中央社

陸委会、「北京当局は蔡総統が提出した『平和、対等、民主、対話』の両岸相互作用の鍵となる基礎を理性的に思考しなければならない、そうしてこそ真に各自の発展と人民の幸せに利する。両岸関係は一方にだけ責任があるのではない、対岸は早期に一方的な政策思惟を調整し、威嚇抑圧を放棄し、その後両岸の良性の相互作用の正道に戻らなければならない」

「また中共当局に呼びかける、まず中華民国が主権国家であり、台湾は従来中華人民共和国の一部分であった事実はまったくなかったことを直視せよ。台湾の前途は台湾2300万人の人民のみが決定権を持っており、『いかなる脅威利益誘導も我々の国家主権と民主自由を守ることに対する堅い信念を揺るがすことはない』とはっきり認識せよ」
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)