FC2ブログ

台湾でデザイン一般公募の送電用鉄塔が完成

台湾電力が2015年初めて送電用の鉄塔のデザインを公募した。台湾の送電線の鉄塔デザインコンテストその中で一位になった作品が実際に建設され完成した。中華民国経済部の新聞から(画像も)
wHandNewsImage1ashx.jpg


全台湾唯一最も美しい送電鉄塔誕生! 台電蘇花改(臺9線蘇花公路山區路段改善計畫)にコンペティション一位の鉄塔デザインを設置
台灣電力公司  2020-01-18 10:03

全台湾で最も美しい送電鉄塔あなたは見たことがありますか? 台電が2015年初めて送電鉄塔創意デザインコンペティションを開催し、既成の送電鉄塔デザインを覆す創意発想を募集した、今初の民衆が自分で創意デザインした送電鉄塔が本当に実現した! 場所は宜蘭花蓮の境界和平溪(大濁水溪)河口、よくある紅白が交互にある或いは灰色とははっきり違うすべて白色にした他に、外形は「生」の古い字をかたどり、鋼構造物の溶接を更にボルト締めで形を作ることにより、台電が休まず安定電力の提供に努力していることを象徴している。台電が表明する、「第一位の創意デザイン送電鉄塔建設が二年の時を経て、外観の素晴らしさに加え、蘇花改(蘇花公路改善工事)の特別の高圧電力供給の重責を背負い、トンネルの通風、照明、計測管理、安全施設等の運用電力を提供している。民衆は北回り鉄道に乗ったり、現在1月開通の蘇花改と既に有る蘇花公路を通れば、この美しいインスタ映えする新しいランドマークを見ることができる」

「全台湾で現在合計2万近くの送電鉄塔がある、1万3千キロの送電線を力を合わせて支え、発電所が出す電力を次々と全国の電線網に繋いでいく、送電鉄塔は民衆が電気を使うために存在する、しかしいつも施設はNIMBYの対象となる、台電は送電鉄塔コンペティションを開催してみることにより民衆に実際に参加して『自分の送電鉄塔は自分で設計』させ、より電力と生活が密接に関連していることを感じられるよう期待したのだ」

「2015年初めて送電鉄塔創意デザインコンペティションを開催し、50組の参加チームから10名の作品が賞を得て、更に総合的に景観造形、構造建材、製造施行、維持運営等実際の実現可能性を評価したあと、最終的に選定されたのは凱銳光電公司設計副理の蔡可育デザインの作品「生」で、全台湾で第一位の創意デザイン送電鉄塔となった」

(以下略)


wHandNewsImage3ashx.jpg
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
リンク先にあるように行政の発行した資料や公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)