FC2ブログ

中国が新型コロナウイルス対策を利用して、自画自賛宣伝を開始

0 Comments
suiyuetui
新型コロナウイルスの蔓延に苦しむ中国だが、最近中国では「現在の国内状況がもし欧州で起きていたら崩壊していた」との宣伝を開始した。
中國啟動正面宣傳:武漢肺炎疫情若在別國早就崩潰 中央社

10日から、中国政府の疫病対策を肯定する内容の文章や図がネット上で流れ始めた後、人民日報などの官製メディアでも流れ始めた、もう一方で最近動画としても流れ始めたが、その内容はほとんど同じで、あきらかに背後で政府が宣伝をはじめて動員されているとわかる。ある学者は、この種の宣伝は、一般大衆には影響力がある、ただ疫病被害者は怒りが増幅されると言った。

この宣伝内容は、画面で欧州に移民した友人と語る設定で、「現在の国内状況がもし欧州で起きたらすぐに崩壊するだろう。外国の政府は小さな政府、大きな社会だ、ことが起きれば政府は管理しきれない、民衆は自分たちで対応しなければならない、一般人はどうしようもなくなり、教会に行って神にすがるしかない。中国のように都市を封鎖し、また全市民を自宅待機させるようなことは、絶対ムリで、一週間もしないうちに天下大乱になるだろう」「しかし我々は現在、水も止まらず、電気も止まらず、暖房も止まらず、通信も止まらず、生活物資の供給も止まらず、何億人も自宅待機し、病気になれば看てもらい、社会秩序は乱れず、国家制度は正常に運用され、乱れずきちんと対応している、これは国外では想像もつかない。現在の世界で中国だけがこんなことを出来る、アメリカでさえ無理だ」「疫病にあっているけれども、我々の生活は中国歴史上最高の時代だ、我々は皆焦っているが、皆必ず疫病に勝つと信じている」などと言っているらしい。

北京外國語大學退休教授展江透は中央社の電話取材で、このような宣伝はプロレタリアートには影響がある、しかしインテリ階級には影響を与えない、被害者と家族には怒りをもたらし逆効果だと言った。微信上で検索すると、メディアによる、欧米国家なら大乱になるとの言い方に反対して、外国の方が警告システム、社会保障体制がより完全だと言っているが、すぐに削除されるという。

その他
惡行曝光!路透:中國曾威脅捷克  自由時報
中國遭爆拿企業威脅捷克 外交部:證明「一帶一路」全為掠奪 自由時報

武漢肺炎起源羅生門 野味市場染疫到實驗室洩毒 中央社
関連記事
suiyuetui
Posted bysuiyuetui

Comments 0

There are no comments yet.