FC2ブログ

2016年5月31日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋(サミット宣言への抗議、慰安婦問題申請支持)

0 Comments
suiyuetui
2016年5月31日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋(サミット宣言への抗議、慰安婦問題申請支持)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1368169.shtml 中国外交部


問:日本の外相は31日、中国側がG7サミットが声明を発表し東シナ海と南シナ海問題に言及したことについて日本側に抗議したと言った*。中国側はその他の参加国にも抗議したのか?
岸田外務大臣会見記録 (平成28年5月31日10時23分)
G7首脳宣言仮訳(PDF)

答:中国側は数日前今回のG7サミットに対する立場を全面的に詳しく述べた。我々はG7サミットの海洋問題を誇張し、地域の矛盾を深めるやり方に反対する。中国経済は中高速の成長を保持し、世界経済の回復に対しての貢献は誰の目にも明らかだ。日本を含むG7各国は客観公正な立場と姿勢で関連問題を取り扱い、無責任な言論の発表を停止するよう希望する。

問:報道によると、中国側は「慰安婦」強制徴用連行に関係する被害国の民間組織が共同で世界記憶遺産に申請する行動を支持するという。中国側の関連問題での立場を確認説明してください。

答:「慰安婦」強制徴用連行は第二次世界大戦期間日本軍国主義が犯した重大な犯罪だ。「慰安婦」関連文献が世界記憶遺産に登録されることは、各国人民に侵略戦争の残酷性を認識させ、歴史を心に刻み、平和を大切にし、共同で人類の尊厳を守るのに役立つ。

判明しているところでは、「慰安婦」強制徴用連行に関係する被害国と地域の民間組織は連合して「『慰安婦』をテーマとしたもの」を申請する下準備をしている。我々はこれに対して支持を表明する。

関連記事
suiyuetui
Posted bysuiyuetui

Comments 0

There are no comments yet.